FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鹿児島といえば・・・

 昨日の『はるか』の記事を読み返していて、そういえば鹿児島旅行でもうひとつ、忘れられない美味しいものがあったことを思い出しました。

 それは「かるかん」。皆さんご存知でしょうか?東京の知人に話したら、「猫のエサ?」と言われてしまいましたが(^^;)、もちろん違います。
 かるかんはお饅頭の一種です。白くて中にあんこが入っている外観も、丸い形も大きさも普通のお饅頭と一緒です。
 では何が違うのかというと、あんを包んでいる生地が違うんです。普通のお饅頭は、小麦粉で生地を作るかと思いますが、かるかんの場合は生地のなかに山芋が入っているのです。また、地になる粉も、調べてみたところ小麦粉ではなく上新粉を使ったり、もっと本格的にはうるち米を挽いた「かるかん粉」というものを使うらしいですね。
 最大の特徴である「山芋」のおかげで、普通のお饅頭よりもふっくらふわふわで、ややもっちりした食感です♪。たとえるなら、蒸しパンをもっと軽?くふわふわにしたみたい。美味しそうでしょ??

 これはさすがに鹿児島の特産物なので、物産展では大体売られています。沢山あるなかには、鹿児島で食べたようなあんこ入りのものだけではなく、羊羹くらいの大きさと形に蒸し上げられ、好きな量を切り分けて食べるあんこ無しのものもあるんですね^^。

 本当は一度好きなだけむしゃむしゃと食べてみたいほど大好きなんです。でもやはり観光客相手に売られているもののせいか、物産展などでは結構高くて、自分のおやつに大量に買うのは気が引けます。

 ですが、はずれはまずないと思いますよ!一度は皆さんも是非食べてみてください☆。

 
スポンサーサイト

テーマ : ご当地グルメ - ジャンル : グルメ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。