スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『はるか』知ってますか?

 これを書きながら、今3個目のみかんを口に入れています。
 みかんといっても、よくある温州みかんではありません。
 『はるか』という、夏みかんと温州みかんの合いの子のような握りこぶし大のみかんです。
 うちのダンナは出張が多いのですが、担当している出張エリアは山口県。先日、山口から帰ってきた際に、出張先でいただいたということでこの『はるか』を6つほど持ってきてくれました。

 見た目は明らかに、よくスーパーなどで売られているみかんと違います。強いて言うならばオレンジに似ているようですが、皮の表面がオレンジのようにツルッとしておらず、日本のみかんらしくデコボコしています。

 夏みかんと違い皮は簡単に手でむけますので、ちょうど温州みかんを食べるような要領で食べてみました。
 すると・・・・夏みかんほど酸っぱくなく、温州みかんほど甘くない、味もちょうど二者の中道を行くような感じです。更に特長としては、とってもジューシーなことと、夏みかんの遺伝でしょうか、みかんの房の中にぎっしり詰まっている、果肉の一粒一粒が大粒です。そのおかげで噛んだ時の歯ごたえがよく、食べ応えがあって満足感があります。

 そんなわけで6個、2人もいればあっという間に食べ終わってしまうのでした。
 まだきっとそれほどメジャーではないはるかは、またダンナが山口に行ったついででないと手に入らないかもしれませんね。

 そしてもうひとつ、忘れられない柑橘類があります。
 昔 仕事の慰労旅行で鹿児島に旅行した時、どこだったかの観光地を見学しようと私たちの乗った観光バスが駐車場に停まった際、道端のひなびたお土産屋さんにさも無造作に積まれていたみかんのざる。これもまた平べったい形の温州みかんではなく、オレンジのような綺麗な球形でした。ただ大きさは、はるかよりは小さく直径で10cmくらいだったでしょうか。
 本州では見かけたことのないみかんです。珍しくて、せっかくのご当地モノだから・・・と一袋買って、さっそく観光バスの中で1個食べてみました。
 ところが、これが美味しい!!!未だに忘れられません。酸味はあまり感じられず、しっかりと甘かった。でもベタベタした甘さではなく、何個でも続けて食べられるのです。
 未だに忘れられなくて、鹿児島の物産展などがあると探すのですが見つけられません。名前も教えてもらったのですが、度忘れしてしまって・・・^^;。今になってネットなどの画像を見て、「たんかんだったかな?」と思うのですが、もっと聞いたことのない名前だったような気も・・・?「○○かん」ではあったのですが。
 どなたか、もしご存知の方がいらしたら教えてください^^。
スポンサーサイト

テーマ : ご当地名物 - ジャンル : グルメ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。