FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GEL-DS TRAINER 14 の感触

 さてさて、昨日買ったシューズで15kmを走ってみた感想です。

 まず、はやり今までのに比べると長距離を走っても足が疲れにくいです。具体的には、土踏まずと足首の痛みが出ないです。今日は2時間でしたが、走り終わるまではずーっと楽でしたね。メーカーのHPには「プロネーション対応もしてあります」というようなことが書いてあったので、恐らくそれが効いているのでしょう。

 また、それと関係するのかどうかははっきり分かりませんが、今までのシューズに比べると膝・つま先が真っ直ぐ前を向いて出ます。今までのシューズだと、どうしても膝やつま先が内側に入って前に出るので、推進力をロスしてしまいます。それを真っ直ぐ前に出すよう、骨盤を意識したり腕振りに気をつけたりと、結構身体全体のフォームで矯正しないといけない。これはある意味正しいフォームを身につける機会でもあったでしょうが、やはり消耗します。その点、この靴は足を前に出しやすい。出しやすいというのは、骨盤が開きやすいとでも言いましょうか、骨盤からまっすぐ前方へ直角に足が出る感じです。これがとても走りやすかった・・・。

 気になっていたクッション性も、全く問題なしでした。以前のシューズだと、(あくまでも私の感じ方ですが)ソールなのか中敷なのかがフカフカで、着地すると一歩ごとに足が靴底に沈む感じ。たしかにそれで衝撃を吸収し、フカフカで気持ちいいのですが、地面を蹴っている反発力を犠牲にしているような力の逃げ方だと感じていました。
 今回のシューズは、インソール・ミッドソールは適度な硬さを保ちつつ上手く衝撃吸収してくれ、一方でアウトソールの硬さは感じることが出来るので、きちんと地面を蹴っている感触が伝わってきます。気持ちいいです^^。

 ・・・ただ、逆に今までは感じなかった調子の悪い点ももちろんあります。
 ひとつは、走っているうちにシューレースが緩んでくること。話には聞いていましたが、なぜかNIKEの時はそういうことは一度もなかったのです(あるいはもともと大きめのサイズをぎゅうぎゅうに縛り上げて履いていたから、緩んだのが分からなかったのか?)。今日は2時間しか走っていませんが、特に右足がゆるゆる^^;。こりゃあこれからは最初によほどしっかりと締めておかないと・・・。
 あるいは、靴紐を上から通すやり方と下から通すやり方がありますよね。あれで調整してみよう^^。

 もうひとつは、昨日の試着の段階ではまるきり私の足型にぴったりだった新しいシューズですが、走っているうちになんだか靴の中で足が泳ぐようになってきました!試着の段階では締め付けすぎずぴったりでも、長く走っていると変わるんですね(驚)!こうなると、昨日お店の人がミズノのシューズを試着した時に言っていた「締め付け感ではなくフィット感」というのも、そうだったのか・・・・と思い当たります。

 でもここに書いた2点は、この靴だからというよりは長く走った場合に典型的に見られる変化のようですから、これをもってすぐさまこの靴を貶めることには繋がらないと思うのですが。

 とにかく、長い距離走っても疲れが少ないというのはやはり変えて正解だったのだと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 今日のランを振り返って - ジャンル : 趣味・実用

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。