スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーバープロネーション

10.39km 1時間16分42秒

 いや?、遅かったですネ。ペースにして7分22秒です。けれども今日は、昨日に引き続き『遅くてもいい、こつこつてくてく走ろう』というつもりだったので、気にしてません。

 そもそも、今日は日中から昨日走った筋肉痛がちょっとありましたから、気持ちは走ってるつもりでも足の筋肉はあっぷあっぷだったんじゃないでしょうか。実際、走り終わった今は昨日に増して太腿前面の筋肉痛がありますから。

 そして筋肉痛よりも気になるのが、足裏の土踏まずの凝りのような疲れというかだるさというか痛みというか・・・。昨日走り終わったあとからなんですが、今日の走りで一層です。
 もともと、エアロビばかりやってた頃から左足裏の土踏まずの痛みはずっとあったんです。そのうち走るようになってやはり痛んでいたのですが、いつの間にか楽になってたんですよね。私はこれを勝手に、脚の筋肉がついたから楽になったのだと思っていたのですが。

 昨日、今日と走りながら自分の足の感じを感じるようにしてみると、どうやら私は左の足首が柔らかいらしい(自分ではそんな風に感じます)。「柔らかい」というのはもちろん柔軟性のような良い意味ではなく、要は着地して衝撃を受けた際にねじり易いということです。
 普通はどんな健康な脚でも、「アンダープロネーション」というそうですが、着地の瞬間は足首が内側に曲がるという話を聞いたことがあります。これが度を過ぎると、土踏まずに痛みが出ることがあるらしい。
 しかし私の左足は、自分で感じる限りではどうやら外側に曲がる「オーバープロネーション」のようです。左脚が着地するたび、左足首がぐにゃっと外側に折れて身体の重心も左外側に逃げるのを感じるからです。やっぱり、これも土踏まずに痛みが出るそうですし。ランニングシューズの踵の減り方を左右で比べても、右に比べて左はこころなしか外側のほうが減っているように見えますし。

 冬の間のランでは、なぜかそんなに足首がぐにゃりとする感触、感じなかったんですよね。う?ん、当面は走る前のアップをもっとしっかりやって、足にいきなり衝撃がかからないよう試してみます。
 もしそのうち新しいシューズを買うことになったら、ちゃんと専門店で相談して、ソールか何かで調整しよう・・・。
スポンサーサイト

テーマ : RUNの記録 - ジャンル : 趣味・実用

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。