FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

pafume『マカロニ』

 今日ご飯を食べたあとネットで遊んでいたら、なんとはなしに井上陽水の『夢の中へ』が鼻歌になって出てきました。
 この曲って私はリアルタイムでは知らないのに、不思議なことに2番まで歌詞も完璧に歌えるんです。しかし前から、とっても調子のよいリズムとメロディなのに歌詞は意味がよく分からないと思ってました。

 鼻歌で完璧に歌ってるうちに、ふと『どんな意味の歌詞なんだろ?』と気になって、youtubeで検索してライブ映像を見てみたのです。

 なんか・・・・私の記憶にあるよりも、ずっとずっと弾むような楽しそうな曲!そしてやはりこの曲の一番の魅力は歌詞なのでした。
 特に秀逸なのは2番ですよね!

『休むことも許されず 
 笑うことはとめられて
 這いつくばって 這いつくばって 一体なにを探しているのか
 探すのをやめたとき
 見つかることも よくある話で
 踊りましょう 夢の中へ 行ってみたいと思いませんか』

 これを井上陽水の弾むような歌声で聴いた時、思わず涙が出てしまいました。たぶん私、疲れてるんでしょうね・・・。
 この歌詞に書いてあることは、なんだか私のことみたいです。自分でも、なにを探しているんだ、なんでそんなに探さないといけないんだ、いっそ探しものを諦めたらふっと見つかるんじゃないか・・・・って、そんな風に思うときもあるんです。

 独身で一人暮らしの時は、辛い気持ちのときはよく心にぐっとくる曲を聴いて、涙を流してカタルシスを得ていました。だけど結婚してからはそれまで一番のストレスだった仕事がなくなって、そこまで自分の気持ちを抑えることもなくなったんでしょうね。あんまりそういうことをしなくなってしまい、それと同時に音楽を聴くということもほとんどしなくなってしまいました。
 ですが、今日久しぶりになぜか井上陽水の曲を聴いて、音楽で心が開放される気持ちよさを思い出してしまいました。その曲だけでは物足りなくなってしまい。次に私が聴きたいと記憶から思い出したのは・・・

                             pafume 『マカロニ            

なんです。これもまた唐突ですが。

 パフュームは『ポリリズム』を初めて聴いて、すごくショックを受けたんです。私は音楽に疎いんで間違ったことを言ってたらご指摘いただきたいのですが、ハウスミュージックとポップスがあんな風に融合するなんて奇跡のようだと思います。それまで私はハウスは正直嫌いだったんですが、認識を改めました。 

 しかしそれ以外の曲を追いかけるところまでは熱心ではなく、そういうすごいアイドルがいるんだ・・・という程度で私の中では止まってました。

 『マカロニ』を聴いたのも、たまたま仕事中にお店の有線でかかってたから。サビの部分の『分からないことだらけ でも安心できるの』というフレーズがものすごくものすごく強烈にインパクト強く、仕事が終わっても頭の中でぐるぐる廻ってるくらい、響くものがありました。

 『夢の中へ』の次に、続けて優しい曲が聞きたくて、またまたYoutubeで検索して初めてイントロからじっくりと聴いたのですが・・・・・・。

 これは凄い!!!喉元まで出掛かっていてどうしても思い出せないのですが、このイントロは昔聴いた懐かしい音楽を彷彿とさせます。強いて名前を出すなら、松任谷正隆でしょうか?この曲を作詞作曲した中田ヤスタカという人は、きっとものすごくいろんな曲を聴いて育ってきた人なんだなぁ・・・と想像してしまいました。

 この曲を聴いて何かを思い出したり、安らぐ感情を抱いたりするのは私だけではないようで、Youtubeのコメントには「切なくなる、そして懐かしさを感じる」というようなコメントも。
 
 疲れている方にはぜひ一度聴いてみていただきたい名曲です。
スポンサーサイト

テーマ : 心に沁みる曲 - ジャンル : 音楽

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。