スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライター通信講座

 今日は、バイト先のオーナーに、まだしばらくバイトは続ける旨を伝えてきました。気持ち的には仕事をしていても怒りやら悲しみやらいろんな感情が一杯に溢れてきて、正直辛いのですが、自分に何が出来るのかまだ全く固まっていない状態。今ここで感情で性急に動いてもあまりいいことはありません。次の仕事が見えてくるまでは何よりも自分の精神状態が不安定でしょう。それに加えて経済的な不安まで抱えてしまったら最悪です。私のことだからそれじゃあ潰れてしまうと思う・・。ズルイようでも使えるカードはぎりぎりまで取っとかないと。

 バイトが終わって家に着き、ポストを覗いたら案の定、ライター養成学校の資料が届いていました。きっと学費はぼったくりなんだろうなぁ、しかもどんな学校なんだかよく知らないし・・・と期待せずに開封。

 さぁライターの通信講座はいくらなんだ??・・・・って、探しても探してもそれについての項目がない。おかしいと思ってさらによく見たら・・・何と、「脚本家コース」「フリーライターコース」「作詞家コース」と3つあるうち、「フリーライターコース」だけには通信講座がなかったのでした!!!
 なんで?!どこまで私、運がないんだろう・・・・(泣)。
 がっくりしながらも内心では何か細い糸でも掴めないかと期待して取り寄せた書類だけに、捨てるに捨てられず、しばらく肩を落としたまま脚本家コースなどの要綱を読んでいました。
 すると!なんと講師陣の中には私が大大大尊敬する山田太一さんのお名前があるではありませんか!こんな方が参加しているのなら、ここは怪しいぼったくり学校なんかじゃないよ!私は脚本家にはなろうと思わないけど、山田太一さんの講義を聴くためだけでも参加したいよ!
 ・・・と思って学校の所在地を見たら、六本木でした。あちゃ?・・・。これが3年前だったら、電車で簡単に通えてたのに・・・(涙)。どこまでもどこまでも、私の職業人生のカギを握る神様には嫌われてます。どうすればいいんだか・・・。
スポンサーサイト

テーマ : 働くということ - ジャンル : 就職・お仕事

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。