FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「出来ない理由探し」をしてないか?

 最初からおかしなことを言いますが、ここ最近のブログのテーマは、見ていただいた方の役に立つかどうかということは全く考えていません。
 いや、全く考えていないというのは少し言いすぎでした。もし万が一、ご自分の仕事について迷われている方がいらしたら、もしかして何かしらのヒントくらいにはなったらいいな・・・とは思って書いているのですが。
 「役に立つことは考えていない」というのは、そもそもこのテーマについて書き始めたのは自分の思考を整理するためであって、読まれる方の視点を意識してサービスするような話題には触れないという意味です。

 そうやって愚にもつかないことを何度も何度もしつこく書いています。繰り返し書いているうちに、同じ問題でもその度に見る視点が変わってきます。

 そもそも最初に「いよいよ本当に仕事を考えなきゃ!」と思うようになった一番の理由は、一番目に転勤族であること、二番目には既に40代という年齢であることでした。

 「転勤を繰り返すのだから、その都度就職活動をするのは難しいだろう」
 「既に40代だから、これから企業に勤めるのは無理だろう」

 転勤族であることも年齢も事実なので、それを踏まえて仕事を選ぶのは現実的です。そこから「どこかに所属しないで仕事できることをやろう」と考えるようになったのですが、なんだかいつの間にか「『?できないから』個人で出来る仕事を探そう」と、それを選択した理由を無理矢理探して『再就職できない理由』に固執していたような気がしてきました。

 もう一度再就職したければ、怖がらずに挑戦してみればいいだけです(それを言い訳で固めるのは、失敗した時のための言い訳なんですよね)。
 自分はやりたいことは何でも出来る自由がある。それなのに「?だから『出来ない』のでこうするしかない」とわざわざ不自由な縛りをかけるのは、毎日がとっても窮屈な気分になります。
 どうせなら、「私は自分で仕事がしたいんだ!」と積極的な選択をしたつもりになりましょう!私は状況に迫られてやむを得ず選択の幅を狭めているのではなく、ここらでそろそろ自分のやりたい仕事にシフトするんだ!とポジティブに考えるようにします。
スポンサーサイト

テーマ : 働くということ - ジャンル : 就職・お仕事

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。