スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月28日 京都レディースマラニック!

 当日から2日も遅れての更新ですが・・・・・。

 先日の日曜日、FRUNのまりもさんに誘っていただいて、生まれて初めてマラニックを体験させていただくことができました!
 楽ランのわたっこさんが企画してくださったこのマラニック、その名も『京都レディースマラニック』です。そう、その名の通り、なんと総勢13名の女子ばかりがこれでもかというくらいの名所旧跡が満載の素晴らしいコースを、23kmを5時間かけて走るという贅沢な走りなのでした。

 このマラニック、もちろん最も特筆すべきは見事に計算されつくしたコース設定、そして完璧にみんなが無理なく楽しめるように配分された時間スケジュールです。
 京都、いやそもそも近畿圏に疎く、更に歴史の勉強なんて大嫌いだった自分なので、わたっこさんからいただいた地図にたくさん書かれている名所の歴史的価値なんて自分では全然理解できていないのですが^^;、しかし名前だけなら私も聞いたことがあるところばかりです。わたっこさんが気を利かせてくださって、見所に赤丸をつけてくださっているのでそれをなぞってみると・・・・

 修学院→赤山禅院→修学院離宮→曼殊院門跡→詩仙堂丈山寺→八大神社→波切不道明→北白川疎水→京大グラウンド→知恩院→円山公園→清水寺→京都市役所前→京都御所→ゴールの出町柳駅

 とまぁ、名所のオンパレード!しかしこれでも途中から時間が足りなくなってきて、ショートカットして飛ばしてしまったところもまだありますし、なにより私自身が途中から皆さんの足を引っ張るくらいダメダメな走りで(反省・・・)、最初は張り切って「全部デジカメで撮るぞ!」と思ってたのに結局後半はついて行くのに必死で、あまり名所をしっかり堪能する余裕がなかったのでした、情けない・・・。

 しかし、本当に凄かったのはむしろ女子13名が炎天下の京都をのっしのっしと驀進し、最後はお店の予約時間を少々まわるまで大いに盛り上がった、レディースの気炎の方でありましょう!!
 走りの方では本当にいいところなしでご迷惑ばっかり掛けてしまった私ですが、それは今後の課題とさせていただいて、まずは女性ランナー同士の交流がこんなに楽しいものだということを体験できたのがなによりの収穫!!
 楽ランの皆様、レベル違いのランナーでもご容赦いただけるなら、またぜひお誘いくださいな☆

 あ?もう、書きたいことが一杯すぎて、1日経ってもまだ上手く整理できてません。きっとこれからあとの記事でも、思い出したようにこの日のことを書いてしまいそうです^^;。
スポンサーサイト

テーマ : RUNの記録 - ジャンル : 趣味・実用

コメント

参加してくれてありがとう

お疲れ様でした。
楽しんでいただけたようで何よりです。
あの迫力はすごかったね~。

せっかく便利なところに住んでるんだから、またこういういろんな企画に参加してみると仲間も増えるし、楽しみ方も増えますよ。

お疲れ様でした

一日楽しかったですね~!
皆さん健脚でしたね!
一人ではなかなかあの距離走れないけど、皆と走れば長い距離も楽しく走れてしまいますよね!
また機会があればご一緒しましょう!

そうだ、猫ちゃん元気にしてますか?

No title

お久しぶりです~長らく、更新無かったから心配していました。にゃんこの事とか色々あった後だったのでね(^^ゞ

共走を楽しまれて、はまったようですね。そうなんです・・・止められなくなるんですよ。。。一人とは違った何とも言えない感覚・・・言えることは、共走にペースがどうのと言うことは考えない方が良いって事です。私も、男性としては遅いペースなのですが~いつもみなさんに助けてもらいながら走っています。それが、競争ではなくて共走たる良いところなんでしょうね。(^^ゞ

大阪城も何も気にしないで楽しみに来て下さいね。(^ヘ^)v

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

まりもさんへ

コメントありがとうございます!
いや、それ以前に、こんな企画に誘っていただいたこと、本当にありがとうございました^^!
自分はもともと女子同士の盛り上がりってすごく好きなんですよ♪なんていうか、同性同士の連帯感というのでしょうか?
 なので、おっかなびっくりの初マラニックがこんな企画だったというのも、私にはホントにピッタリでした。
またまたご迷惑かけるかも知れませんけれど、ぜひまた誘ってくださいませ☆
(もう少し自分にも走力&経験値がついたらいつかきっと企画してみたいと思いますので、それまで長い目で見て、お仲間に入れてやってください^^;。)

こばやんさんへ

日曜日はお世話になりました!ありがとうございました~^^♪
ほんと、あの暑さの中で誰か一人くらいは「もうダメだ~・・・」って言いだす人がいるのでは?なんて思っていたんですが、それどころか皆さん最後は駅までのラストスパート、どこにそれだけパワーが残ってるの??と言いたいくらいの元気でしたね~。
こばやんさんはじめ、いろんな人と一緒に走ってみて、こういうのって理屈抜きで親しい人が広がっていくって感じがして、すっごく有意義でした!
またぜひご一緒したいですね^^。その時はヨロシクお願いします♪

ポポロン・ライダーさんへ

監督~、コメントありがとうございます(笑)!
全く仰っていただいたとおりで、最近はネコのことやら何やらささやかではあるけれどもいくつかの心配事が少々続いていて、何だかスッキリとランに向かえずに更新もサボっておりました^^;ヾ。
・・・だったのですが、ポポロンさんが以前励ましてくださったように、共走を経験すると、単に「走るのが好き」っていうのとは何か別の楽しみみたいな感覚が湧き上がってきました!不思議と、皆さんからパワーを頂いたとしか言いようがないのですが、本当に少しまた走る意欲のようなものが感じられてきています(感激!)。

>言えることは、共走にペースがどうのと言うことは考えない方が良いって事です。

 この言葉、私ごときがまだまだ「そうですね!」なんて言うのはおこがましいのですが、実は今回のマラニックの思い出を後日反芻する度に、おのずとそんな気持ちになるのでした。ですのでポポロンさんのアドバイスをいただいて、内心「よかった~、私間違ってないよね~^^;」と胸をなでおろしております。
グループの中にはホントに速い方もたくさんいらっしゃって(というか、私が一番遅くて)、きっと待ちきれなくてうずうずされていたのではないかな~・・・なんて後から思ったりしたのですが、共走って速い人も遅い人も皆で、「一緒に楽しもう☆!」って同じ方向を向いて走ってるから、1+1=3くらいの勢いで楽しさが加速してるような気がしました。一人でも「あ~、あたし鈍くさいし遅いしダサいし、申し訳ないわ、場違いだわ・・・」みたいな、後ろ向きなパワーで後ろに引っ張る人がいると、なんだか場の前進力とか推進力みたいなものが出ないような気がするんです、今思うと・・・。
 ですからポポロンさんの仰るとおり、俊足ランナーさんも一緒に楽しむために参加されておられるのだから、その胸を借りるつもりで鈍足なりに思いっきり遊ばせてもらうのが正しい共走ではないかと思ったりしてます(笑)。
そう言いながらも自分のヘタレ加減を思い出して赤面したりしてますが・・^^;。
8月8日、思いっきり楽しみにしていますのでよろしくお願いします☆
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。