FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小さいことだけどすごく幸せ!

 今日あった小さな(でも私にとってはとっても大きな)幸せのいくつかです。

 今日はお昼頃に、私の腸頸靭帯炎を診てくれている整形外科に予約を入れてありました。ここで診察していただくのは今日で3回目です。初診が4月7日でしたから、もう1ヶ月以上も経つんですね?。
 
 ここでは、最初の診察のみ整形外科医の先生が診てくださり、診断名がつき次第 理学療法士の先生が診てくださるシステムになっています。ですので今日も、前回、前々回と同じ理学療法士の先生に診てもらいました。

 自分では今ひとつ、いや今ふたつくらい変化を感じられないでいましたが、どうやら先生によると私の膝はかなり良くなっているらしいです^^☆!腸頸靭帯に触っていただいて、「前は糸がぴーんと張っているような張りとか固さがありましたけど、今はだいぶ柔らかくなってきています。」と仰っていただけました。
 今日のRUNでもそうでしたが、最近は走っているとすぐにハムストリングスが筋肉痛を起こし始め、次第にその張りや痛みが太腿の横まで広がってきます。たしか腸頸靭帯というのは、膝の横から太腿の付け根まで繋がっているのを図で見たことがあるもので、これはてっきり腸頸靭帯炎の亜形のようなものかと思っていました。
 しかし先生によるとそうではないそうです。むしろハムストリングスに疲労が来るのはよいフォームであり、太腿の横が痛くなるのは今まで膝にかかっていた負担をより大きな筋肉である太腿がカバーしているからなのだそうで、その分膝に優しくて無理がない走り方だそうです。

 更に先生に、腸頸靭帯炎というものはきちんと治療すればスッキリと治るものなのか、それとも古傷のようにずっと後遺症のような痛みが残るのか質問したところ、完治するまでの期間は個人差があるものの、スッキリと治るものなのだそうです!

 先生も状態が良くなっているのを診て、「ここらで治療を止めたり、筋トレをやめてしまう人もいますが、しっかり治すためにあと1ヶ月くらいは治療を続けましょう。」と見通しを話してくださいました^^。やった?、こうやって無理しないようにしていけば、あと1ヶ月くらいで「自分の膝はもう大丈夫!」と自信を持てるようになりそうです!

 そのあと、「小さな幸せ」というよりは「小さな驚き」の体験をしました。
 実は、その整形外科とは別に、先週からスポーツマッサージを受けに守口の整骨院に通い始めました。
 今日は整形外科のあと、2度目のマッサージに行ったのですが、帰り際 受付の窓口でスタッフの男性から呼び止められたのです。
 なんの用件かと思いきや、偶然にもそのスタッフさんは私が住んでいるマンションの、すぐ裏のマンションの住人さんだということが判明!!どうやら私のカルテに書いてあった住所を見て、驚いてとっさに呼び止めたらしい(笑)。これはもしかしたら、私がうちの近所を汗だくになってモタモタ走ってるのをそうとは知らずに見られていたかも知れません、恥ずかしい・・・。しかし、我が家はほんの1年半ほど前に全く知人のいない大阪に越してきた寂しい家族ですから、こんな偶然に知人が出来るというのはちょっと嬉しかったのでした。

 そして、昨日からまた新たなウェアを用意したのでした。それはランニングスカート。GW前に楽天の通販でポチり、やっと昨日の夜届いたのです^^。
 ダンナと一緒に走るときは、「そのデカいお尻、隠すモノ持ってないのか?」と指摘され、もちろん自覚があるだけに私もずっと欲しかったのですが、なにせあんな布1枚のようなものでも5千円くらいするもので、やれシューズだ?やれ整形外科だ?と出費がかさんで、見栄えを良くするためのモノはずっと後回しでした。
 けれどもある時、一縷の望みをかけてネットで検索してみたところが、型落ち品なのかフランクショーターのランスカをなんと40%OFFで売っているサイトを発見!やはりサイズと色はもう限られていましたが、2470円という今まで見た中では一番安い価格に目がくらみ、紺色のを2枚購入してしまいました・・・。

 今朝初めて着けてみましたが、やっぱり自分でも恥ずかしいところが隠れて、心理的に安心して走れます(笑)。もはやこれは、私にとってはオシャレのためというよりは他のランナーさんや通行人に対してのマナーとなりそうです^^;。

 そして最後のダメ押しに、今日の締めくくりは念のため献血センターへ行ってきました。恐らく大丈夫とは思うのですが、一応貧血気味ということはないか見てもらうためです^^;。
 若い頃の献血では「血液の比重が軽いですね?」と言われ、血を採ってから帰ろうと献血センターの外に出た途端、立ちくらみとめまいがした自分。ですがそれから20年ほど経ち、すっかりどすこいな体型になってしまった今は、今日も看護婦さんから「大丈夫!普通の人よりも立派な血液です^^」と太鼓判を押されてしっかり400cc採られました・・・。なんだか複雑ですが、しかしやっぱ健康だったのだからこれも小さな幸せじゃあないですか^^。

 
 
スポンサーサイト

テーマ : 小さなしあわせ - ジャンル : 日記

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。