スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

走ることへのコンプレックス・・・・

 (今日の日記は、ホントに只の独り言であり、愚痴です。決して明るい内容でもないし、読んでくださっている皆さんを元気づけるようなものでもありません。
 ただ、これまでず?っと私の無意識のうちにこびりついていた、走ることに関してのコンプレックスにようやく気がつけるきっかけがあって、これを機会に私もひとまわり大きく脱皮できるかな?って思いました。その経験を、今後の自分のために防備録的に書いておこうと思いまして。
 ですから、徹頭徹尾 自分目線の話ばかりで、本来なら皆さんのお目に晒すところに揚げちゃいけないのかも?
 そういうナルシストにご興味のない方は、どうぞ読まずにスルーしてください・・・・。)

今日の大阪は、久しぶりの土砂降りです。それもやっかいなことに、一日中降っているのではなく、降ったり止んだりの繰り返し。これじゃ迂闊に走りに行っても、靴の中までぐじょぐじょになりそう・・・・。
 昨日までゴールデンウィークのため、アルバイト先のシフトが少々変更になり、数日続けて仕事をしていました。会社員時代はそんなこと何でもなかったのに、身体がアルバイト生活で鈍ってしまったのかはたまた加齢のせいか、正直今日は朝からダルダル・・・・。雨が降ったのをいいことに、今日は15km走を止めて朝からうちでネット三昧です。

 ダルダルなのは、本当は今日に始まったことではありません。たしか一週間くらい前から日々、悶々としています。
 悶々としているのは・・・はい、仕事の悩みでも家庭のことでもなく、毎度のパターンですが自分のRUNのダメっぷりなのでした。
 最近は、5km走っただけなのに楽だとは思えない。それどころか肝心の、20km走復活の目標についても、15kmが完走できないし、これまたゼイハア苦しい。じゃあ数日後にまた挑戦しよう!って頭では思うんだけど、身体が億劫だと愚図って、サボってしまう・・・。もう、自分は腸頸靭帯炎で走れない期間があったのをきっかけに、もう身体が後戻りしてしまったのではないか・・・?頑張ってリハビリランを繰り返しても、また距離が伸びてきたところで身体能力がついていけなくて怪我するんではないか・・・?

 以前にも似たような気分にハマッたことはありましたが、今回も結構ディープなのでした。「もう仕事、辞めちゃって練習を生活の中心にしようか」とか、そこまですっ飛んで思いつめたり。「こんなに気が沈むなんて普通じゃない・・。病気?更年期なのかな?だから私、練習してももうこれ以上伸びないってこと?」とか。できるだけ軽く書いているつもりですが、内心はドロドロでした。

 以前にもこのブログで紹介したFRUNで、思い切って自分の内心を書いてしまいました。しかも結構感情を込めて。4月後半の走行距離を皆で報告しあう記事があるのですが、そこで走行距離の報告と合わせての近況報告のコメントで、書いちゃいました。
 以前にも、FRUNのスタッフや参加者の皆さんには、暖かく助けていただいたのです。一人っきりで全く我流で走っていたので、なかなか距離が伸びなくなって苦しかった時に、見ず知らずの私のために皆さんが親身な返信をいっぱい下さったのでした。それで初めて、「走るのって、一人じゃあないな。一人でやってたらきっと挫折するな・・・。」ってことが分かったのでした。

 だから、FRUNの皆さんの暖かさをつい期待して、甘えてしまったのです。つい愚痴めいたことを書いてしまいました。

 そして今回も、いろいろな方が返信をつけてくださり・・・・。「ありがとうございます」と一礼だけして簡単に読み流すのではもったいない。書いてくださった方が、自分に伝えようとしてくださったのはなんなのだろうと、返信を書きながらいろいろ考えました。

 そんな風に、webを通じてFRUNの皆さんとやり取りしている間に、だんだんと自分の悶々した気持ちが整理されていったんです。なんで私はこんなに落ち込んでいるのか?
 どうやら、私は走ることに対してものすごいコンプレックスを持っているようなのでした。
 子供の頃から本当に運動が苦手で、小学校のマラソン大会でもビリになったことがあるくらいです。山登りの遠足でも、私が一番音を上げていたと先生からも言われてしまうくらいだし。自分でも運動が出来ないことが、子供心にすごくコンプレックスだったんですね。
 そんなこと大人になって忘れてしまっていましたが、無意識の深?いところではものすごく自己イメージを縛って身動きが取れなくなってしまっていることに気がつきました。
 どうやら私は子供時代の経験から、『スポーツが出来るか出来ないかは、生まれつきの能力で決まっていて、出来ない人はどう頑張っても人並みには出来ない』と思い込んでしまっているらしい。もちろん自分は後者です。ですから最近のように、頑張ってはいても上達が見えないと、『運動が出来ない人に生まれついた自分は、人並みにハーフやフルを走ろうとすると身体がついてこなくて故障して、無理なんじゃないだろうか?自分は、トンビがタカになろうとしているのではないか?』と、そういう思考になっちゃうわけです。だから頑張っても上達しないと、それを繰り返すたびに自分のその考え方が証明されるようで、ますます落ち込むという悪循環。

 自分で自分を、『どんなに頑張っても、上達はある一定のところから伸びないことを先天的に運命付けられた、生まれつき運動の出来ない自分』と思っているのですから、何をやっても自信が持てないのは当たり前ですよね。
 今までランニングサークルなどで他の人と一緒に走ることを楽しみたいと思ったこともあるのですが、「私のような種類の違う人間が、速く走れる人の邪魔をしちゃいけない」って、どこかおどおどしていたのです。他のランナーさんがどんどん交流を深めていっているのに、走ることについてはつい引っ込み思案な理由がやっと分かりました。

 でも、やはりFRUNで返信してくださった方が、ご自分も走ることをサボったり再開したり、それを繰り返す度に「やっぱり走るのは気持ち良い♪」って実感して、今に至るという話をしてくださって、やっと「私みたいな人もほかにいるんだ!」と思えました。
 私も、走るのは苦しい。サボりたいときもあります。でも、苦しいけどなぜか楽しい。だから止められないし、また走ります。ランナーたるもの、365日いつも前向きでバリバリ走っている人でなければならない、そうじゃない怠け者の自分はハンパ者だ・・・と思っていたことにも気がつきました。その方は、そんなペースながらも「走り続けている自分は偉い♪」って思うのだそうです。客観的にはその通りだと私も思います。なのに、なぜか自分にはそう思えなかったのでした。自分を許してあげることができてなかったです。

 必要以上にストイックに、自分を縛ってきていたのでした。私は。
 もっとぼちぼちダラダラした自分を、受け入れて認めてあげよう。
 そうしたら、もっと走ることが楽しくなりそうな気がします。

スポンサーサイト

テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

コメント

No title

ですね、のんびり行きましょ!

自分も良く気分がのらない時も「走らなくちゃ」って思って走ってたりしてました。今でもそうかも。
走りたくなければ走らなければいいじゃん、って思うんだけど、走るの嫌いじゃないんですよね~。

だから今は「走りたい」って思える作戦を色々考えています(笑)
通勤ランもその作戦のひとつでした。そして今は山です。トレイルランに挑戦しているので、次はどこの山を走ろうかっていつも楽しく考えていま~す!

そしてもうひとつ。今度5kmのレースに出場します。今迄ハーフとか長い距離のレースしか走った事なかったので5kmは初です。
これは、短ければあまり練習しなくてもいいかなぁっていう、怠けた考えです(笑)←これはマネしちゃ駄目ですヨ。

No title

市民ランナーは走りたいから走ってるのよ。
それでメシ食ってるわけじゃないし。
楽しく行きましょ。

でも、これまで走れてた距離なのに、走れていたペースなのに、何故か走れない、走ってると苦しい、息が上がる・・・ってのがあったら、貧血かもしれません。
造血機能に関係する足の裏を常時痛めつけてるランナーは貧血になりやすいしね。女性ならなおさら。

変だな~??と思ったら血液検査してみるのもいいかも。


No title

>ジョギンガーさんへ
 走りたくなる作戦を立てるっていうのは、意表を突く発想でした^^!
なんだか今は理由も分からないけど急にモチベーションダウンしてるから、それくらい工夫しないと私もダメかも知れません^^;。
 でも、煮詰まったら42kmから少し目を反らして敢えて短い距離を目標にするっていうのは、正解かも知れないですね!

No title

>まりもさんへ
 貧血かぁ・・・そういうこともあるんですね。たしかに以前、ランナーは貧血になりやすいって聞いたことあります。
 こんなによく食べてる自分がまさか貧血に・・・って思いましたけど、そういえば腸頸靭帯炎の時も「まさかこれしか走ってない自分がそんなことないだろう」って思ってたし・・・。
まさしくまりもさんが書いてくださった通りで、「走れていた距離が走れない、苦しい、息が上がる」って感じなんです。
単に最近走ってないから退化してるだけかも知れませんが(こっちの疑いの方がもろ濃厚ですが^^;)、もしかしたらありえるかも?だいぶ昔ですが、献血したら貧血だって言われたことがあるもので・・。
またウン十年ぶりに献血に行ってこようかな・・・^^;。

No title

日記を読みました

車で例えるなら
アクセルとブレーキを同時に踏んでる状態で
車を走らせているって感じかな
それでもって、周りを見てる
自分がどおありたいのかをもう一度
見つめ直して
きっと答えは見つかるはず
でもその答えは、自分の中にあるはず

めっちゃ偉そうに
しょぼいわしが言うようなことじゃないんやけど

No title

>しげさんへ
 なんかヘタレで愚痴っぽい自己弁護ばっかりの日記で、失礼しました・・・。
 今日もさっきまで走ってきたんですけど、なぜか最近は以前のように、身体が軽くて自分で自重を持ち上げて前進してるんだ!っていうあの爽快感のようなものを感じにくいんですよね~;。
 さすがにこんな変な気分、しばらく続いていますが、皆さんに励ましていただいたおかげでまたぼちぼち走り出しています。しばらくこうやってリハビリランみたいなことをしながら、自分の気持ちに整理がついていくんじゃないかな・・・と、それを期待しているのですが・・。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。