スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月30日 身体が走る感覚を忘れたのか?!

10.52km 1時間10分46秒56 平均心拍数156bpm

 いつもながらの亀走りながらも、一応久しぶりに10kmを踏むことができました?♪。

 最近は、「今大事にしておけばいつかきっと腸頸靭帯炎もスッキリきれいに治るから」というのを信じて、あるいは痛み出したときのことを想像するとついつい怖くなってしまって、5km程度のショボい距離を回数こなすことで過ごしていました。昨日も、朝ダンナと5kmの歩き&ジョグをこなして一応「5km踏んだ♪」としていた私。

 ・・・にも関わらず。
 今日は仕事だったのですが、なぜか朝から身体が重い。いえ、決して熱が出たとか頭が痛いといったような、本当の体調不良から来る身体のしんどさではないんです。そうではなく、仕事でコンビニの店内を小走りに走るとき、身体が何とも重い、動かない、意思についてこない感じ。
 おまけになぜか、左足の土踏まずが朝から痛く、両足のふくらはぎもまだ朝なのに浮腫んだように張って痛い感じがします。思い当たる理由は何もありません。
 人間の身体ですから、365日 思い通りに動くわけではないのは当然です。が、たった5kmとはいえ前日軽く走ったばかりなのに、まるで身体が走る感覚を忘れてしまったように鈍くなっていることに、ちょっと大げさですがすくみ上がるような恐怖を感じたのでした。最近、あまりにも軽い運動しかしてこなかったので、そろそろ身体が走る感覚を忘れ始めたのではないだろうか??

 そんなわけで、今日はどんなに遅かろうと、以前のようにまずは10kmを続けて走ってみよう・・・と、これが練習の目標となりました。
 シューズは、やはりGT-2130を選択。やはりこっちのほうが足のぐらつきやら着地したときの重心の位置などをうまくサポートしてくれるような気がします。
 シューズが助けてくれたのか、腸頸靭帯炎の痛みも、8km手前あたりでやや右腿横が張り始めた程度でした。8kmじゃあ結構うまく痛みを出さずに長く走れたほうだし、痛みというよりはやはり疲れから来る張りという程度。場所も、膝関節の横ではなくもっと上のほうですし。
 たしか整形外科の先生の話だと、うろ覚えなのですが「左の股関節が開かないのを右足がカバーして走るので、右に負担がかかる」と言っていたような?それを思い出して、左足を意識して踏み出すように努めていたら、なんとなく右足の痛みも薄らぎました(って、単なる思い込みかもしれませんが・・・)。

 そんな調子で、ようやく10km完走です。久しぶりなので、やっぱり「走りきった感」があります。気持ちいいです^^。
 これでうまく腸頸靭帯炎も雲散霧消してくれればいいんだけどな?^^;。明日はお休みなので、15km、あるいは欲張って20km?のロングに出ようかどうか、ちょっと迷っています。
スポンサーサイト

テーマ : RUNの記録 - ジャンル : 趣味・実用

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。