FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月29日 GWが始まった実感の朝

5.23km 45分47秒32 平均心拍数121bpm

 忘れていましたが今日は祝日。朝テレビをつけたら、いつも見ているNHKではニュースをやっていないので「おや??」。次の瞬間やっと、今日はみどりの日だと思い出しました。テレビもそうですが、外へ走りに出ても、人の流れやノンビリした空気など、いよいよ今日からGWが本格的に始まった感じがします。

 基本的に、土日祝など世間が行楽に出るときが忙しい業種のダンナです。ですから今日も仕事。今日から出張なのですが、たまたま出発する新幹線が11時過ぎだということで、朝は2人で走ることにしました。

 てなわけで、今日もおとといと同様、2人で歩き混じりのジョギングです。朝6時半くらいだと、空は晴天でもまだ半袖では寒いですね^^;。
 靴は、なんとなくの気まぐれで、先日アウトレットで買ったアシックスのGT-2130 BELDAD を履いて行きました。これはもともと雨の日用のつもりで買った靴なので、まだ1度しか履いていません。が、その時の感触がなかなか良かったので、もしかしたらこれを普段履きに昇格させようかと密かに考えたりしています。そこでもう少し履いて、履き心地を試したかったのでした。

 いつも履いている GEL-DS TRAINER と比べると、なんとなくソールがやや厚めのような気がします。アシックスのサイトで調べると、2130のほうがやはりより初心者向けのモデルのようなので、それもあながち気のせいばかりでもないかも知れません。2130の方が踏み込んだ時の反発力を感じやすいというのが前回履いたときの感想でしたが、足首がグラグラしにくい、そしてそのためか身体の軸がブレにくくて安定して走れるような気がします。私程度のぼちぼちランナーにはこのくらいのモデルのほうが合っているのかも知れませんね。

 ところで今日の一番の収穫は、ダンナの走行距離が伸びたことです!これまではスタート地点から2kmで歩き出していましたが(それでも最近、2kmまで走れるようになったのです)、今日は更に延ばして2.62km地点まで走りました!走行距離だけでなく、食事も自分なりにコントロールして、わずかずつですが血糖値も低めになってきました。そんなこんなで少しずつ自信をつけてきたみたいです。
 私も腸頸靭帯炎はもう大丈夫!って早く自信を持てるようになって、また2時間超を走りたいのですが・・・。

 そうそう、ガーミンについて新しい発見がひとつありました!
 今日は私が心拍計を借りて着けていったのですが、基本的にはダンナが使うためのものなので、ダンナのガーミンも心拍計機能をオンに設定してあります。もちろん私も今日は心拍計機能をオンに。
 それで2人が並んで走ると、なんとダンナのガーミンも私の胸に着けた心拍計の信号を拾ってしまうんですね?。なので帰宅してからのデータをPCにアップすると、ダンナも私も同じ心拍数のデータが表示されるのでした。
 まぁ、心拍計はガーミン本体とヒモ付けされている訳ではないので、これは当然といえば当然なのですが。ヒモ付けされていないのでダンナと私の兼用でイケるという長所もありますが、もしこれで私も自分の心拍計を用意して2人でそれぞれ使ったらどうなるんでしょう?
 そう思って、たった今再度ガーミンの取説を読んでみたところ、「装着した心拍計からの無線信号をForeathlete405が受信すると『ペア』として認識します。一旦『ペア』として認識すると、心拍計を装着した人の近くを通過しても、他の心拍計からの信号を受信することや、干渉を受けることはありません。」とあります。なるほど?、NIKE+のセンサーとレシーバーと同じ仕組みなんですね。いや、あれはセンサーとレシーバーがヒモ付けされていたので、全く同じではないということか??

 ともかく、もし将来私も心拍計を買ってしまったら、その時はダンナとは少しタイミングをずらして心拍計をガーミンに認識させればいいだけのことのようだ。さすがよく考えてるよな?!
スポンサーサイト

テーマ : RUNの記録 - ジャンル : 趣味・実用

コメント

心拍計の謎

ガーミンもそうですが、ANT同期で個体識別をしています。従って、同じガーミンの心拍計を着けた人が横にいても混信したりしません。受信距離も遠くまで届き、伴走する車から監督がPC等で複数の選手の体調を心拍で管理しながら指導するなんて使い方も出来ます。

SUUNTOの安い、T1等はこの機能がないので同じ機種を装着した人がすぐそばにいると混信してしまいます。その分、受信距離も短いのが普通です。

注意としては、今、ばっこさんのガーミンは旦那さんの心拍センサーと同期されているので、新しく自分用を買ってきたときには同期をし直さないと、新しい心拍計のデータをひらってくれないと言うことを覚えておいて下さい。(^^ゞ

No title

>ポポロン・ライダーさんへ
 わ~っ、なんだか専門的(?私が分かってないだけかも?)な解説、ありがとうございます^^♪。
 そう、確かに「ANT」ナントカ・・・って言葉、画面にも取説にも出てました^^;。それでちゃんと固体認識してるんですね(ってポポロンさんの言ってくれたことをなぞってるだけですね~)。

>伴走する車から監督がPC等で複数の選手の体調を心拍で管理しながら指導するなんて使い方も出来ます。

 これには感心しました!ANT同期というのはすごい便利なものなんですね。こんな凄い技術を使った時計が、頑張って諭吉数枚をはたけば今や私みたいな駆け出しランナーにも手に入るというのは、なんか身分不相応な気もするのと同時に、技術ってどんどん進化して私たちの身近な生活を便利にしてるんだなぁ~・・・って、ちょっと真面目に感心してしまいました。

>注意としては、今、ばっこさんのガーミンは旦那さんの心拍センサーと同期されているので、新しく自分用を買ってきたときには同期をし直さないと、新しい心拍計のデータをひらってくれないと言うことを覚えておいて下さい。(^^ゞ

 なるほど、ありがとうございます☆。お察しの通り、私のことですからもし新しいのを買ってきたら大喜びでその場で使えると思い込んで走り始めそうな勢いでした(苦笑)。
 ポポロンさんはたしかスントのT3をお使いでしたでしょうか?T1だと安い分、その辺りが対応していないというのも初めて知りました。やっぱり高いものにはそれなりに優れた点があるからなんですね。これからは「安物買いの銭失い」に気をつけなくちゃ・・・^^;。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。