FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんな近くに速い人が

 夕方、暗くなる前にスーパーへ買い物へ。更にスーパーに寄る前に、今日走った県道(ダンナによると、大阪府だからやはり府道だそうです)14号線を自転車で走ってシコロが道端に落ちていないか探してみました。
 しかし、残念ながら見つかりませんでした。誰かの落としていった全く関係ない軍手やらタオルやらなら、車道の隅に車に轢かれてぺしゃんこになって張り付いていたのですが。しかしもし私のシコロもあんな風に車に踏み潰されて惨めな姿になっていたら、なんか哀れで可哀相な気もします。見つけられなくてよかったのかも知れません・・・。

 一往復して探したけれどやはりなかったので、潔く諦めてそのまま府道14号線沿いの大型スポーツ用品店へ直行しました。無くしてしまったシコロも、昨年の秋 それまでどこの店でも見つけることが出来なかったのに「こんな郊外店じゃあ置いてないだろう」とタカをくくって最初から見に行かなかったところが、ひょっこりここにあったのです。ですからまた買うなら最初からここで。
 今まで使っていたものより安っぽく、実際価格も安いものならあったので、ちょっと気に入らないけどとりあえず買いましたよ。う?ん、なんか今までのよりも若干丈が長くて、これがまたヒラヒラして邪魔になりそうで不安・・・。これからは走り出す前に、しっかりシコロの紐を締めて飛ばされない準備をしなきゃ!

 ま、とりあえずはこれで日差しを凌げるからよしとしましょう。その後はやっと本題のスーパーでの買い物を終え、帰路に着きました。
 スーパーから我が家への道は、実はこれまた府道14号線なのです。大阪と京都・高槻を結ぶ大きい道路ですから、車道も歩道も夕方は結構混み合います。特に歩道が狭いのに、夕方の時間帯はその大型スーパーから買い物して帰る自転車やら付近の学校から帰る生徒の自転車やらで、私もまっすぐ走れません。自転車のベルをチリンチリンと鳴らしてぶつからないよう前の自転車に警告しながら、スピードを出しすぎないよう走っていました。

 と、そんな私の自転車のすぐ右横を、サーッと一陣の風が通り過ぎたではありませんか。一瞬のことでそんなすぐ後ろに何かが近づいてきていたなんて全く気がつきませんでしたが、抜かれた瞬間視界の端に入ったのは、見たところ30代後半から40代半ばくらいの中肉中背の眼鏡をかけた男性ランナーでした。
 このあたりを走っているランナーは結構珍しくはありません。しかしこの男性に驚いたのはその速さです!!まず間違いなく、今まで私が見た練習中のランナーの中では最も速い走りです。なにせ、いくら道が混雑しているといっても一応私が自転車で走っているのに、それをヒュン!という勢いで抜き去っていった。のみならず、私の直前を走っていた高校生2台の自転車も、ごぼう抜きにして走り去っていったのです!!抜かれたのがランナーだと分かった瞬間、そのあまりの速さに「追いかけて行きたい!」と思ったのですが、なにせ私の前は学生やら主婦やらの自転車が数珠繋ぎで、それらをすり抜けて走りたくても道幅が足りません。かろうじてランナーを目で追うと、奇遇にも次の交差点では私が帰る道と同じ道へ曲がって走っていくのが見えます。運よくそこの交差点では私の前をふさぐ自転車がみんな違う方向へと走っていったので、交差点からはランナーの後を追うのは私一人になりました。こりゃ急いで追いつかなきゃ!!
 
 実際、その人はとにかく速いので、私は息が上がるほどガンガン自転車を漕がないといけません。そうして少し走ると、やれやれ見えてきました^^。ここでもう少しスピードを上げれば追いつけますが、まさか後ろにピタッと付いて走ったんじゃあ気持ち悪がられるでしょう^^;。そこで敢えて数メートル間隔を空けて追跡してみました。
 するとすると・・・これまた奇遇ではありませんか!彼は途中から道を折れて、いつも私が練習で走っている川に沿った道に入って走り続けていくのでした!
 これはいつも私が練習している道ではないですか!今まで一度もお見かけしたことがないけれど、こんなに近くに凄いスプリンターがいたなんてっ☆!なんだか有名選手と近所だったかのように、ときめいてしまいましたよ(笑)。
 しばらくそのまま彼の後を追っかけて自転車で走りながら、「このまま最後まで一緒に走って、彼が走り終わったところで話しかけてみようかな?」とも思ったのですが、話しかけたところでどうしようっていうんだ、自分??運よく気味悪がられずに話が出来たとしても、彼と私じゃあ技量が違いすぎて、練習方法やら聞いてもマネが出来るとは思わないし、これから一緒に走りましょうと言っても確実に足手纏いになるしなぁ・・・。むしろ妙に白けてしまって、逆に引かれてしまっても困るよ。今後同じ道を走っててどういうご縁があるか分からないし・・・。
 てな訳で、結局適当なところで私は道を逸れて帰っていったのでした。

 しかし、今日のランナーさんはちょっと不思議でした。
 速い人って、もっと見るからに綺麗なフォームでストライドも大きいのかと思っていましたが、今日の人は全然そんなことはありません。足が真っ直ぐ伸びて力強く地面を踏んで蹴るという感じではないです。その代わり、足を動かすスピードが速いこと!!まるで特撮かマンガのように、左右の足が入れ替わり地面を踏んでいました。ああいうのを典型的なピッチ走法というのでしょうね。正直なところ、見ていても決して「綺麗なフォーム」という感じではありませんでした。むしろ身体は直立していて、全身の筋肉を硬くして走っているように見えました。

 ああいう長距離の走り方もあるのでしょうか?あるいは中距離をやっている人なのか?やっぱり聞きたいことはたくさんあったのですが・・・。
スポンサーサイト

テーマ : いいもの見つけた! - ジャンル : 日記

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。