スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月30日 滑り込み100km達成☆

16.73km 1:57:00.74 平均ペース6:59/km

 今日はもう7月30日です。今月の目標100kmを達成するには、今日を入れてあと2日しかない・・・。
完全に、8月31日の小学生の気分です。
 もう、今日は仕事から帰るや否や、メイにご飯をあげて、早速走りにいく準備。できれば足りない約17kmを今日完走したいなぁ・・・。

 こんな風に何も考えず、ひたすらまとまった距離を走るには、府道14号線がちょうどいい。夜暗くなっても交通量はあるし、街灯もあります。コンビニもいくつもあるし、適度な間隔で交番もあります。

 気のせいか、今日は夜6時から走り出したにしてはなかなか涼しくて走りやすい・・。体感的にはいつもよりカラリとしていたような?
 それに加えて、最近は夜ランはほとんどしていなかったので分かっていませんでしたが、日が落ちるとこんなに涼しいんですね?(@@)。そもそもなぜか今日は走り出しから調子がよく、自分ではゆっくり走っているつもりでも時計を見ると大体自分の感覚よりも20秒ほど速い。
 それが、更に日が落ちて気温が落ち着いてくると、ますます身体が勝手に動いてくれるのです。最近は一旦足を止めるとそこからまた走り出すのにすごく気力を使うのですが、今日は一旦足が止まっても、なぜか身体が勝手に走りを再開してくれてしまうという感じ・・・。もちろん足に疲労は感じるんですが、身体が「走れるスタミナがあるから勝手に走ってる」という感じでしょうか。
 またまた不思議なことに、なぜかゴールである我が家が近くなってきてラスト1kmくらいになると、意図はしていないのに勝手にペースが上がっちゃいました。結果的には、最後に流しを入れたようなことに^^。
 とにかく「涼しい」というだけで、身体ってこんなに動けるんですね!!
 
 本当に久しぶりに、「走るのって気持ちいいっ!」って心と身体の両方が実感できた、すごくいいランでした^^。
スポンサーサイト

テーマ : RUNの記録 - ジャンル : 趣味・実用

無事退院☆ それからの様子は・・・?その2

 家に帰ってきてからは獣医さんのお話通り、うつろで動作も緩慢。食事も全然食べません。これじゃあ朝から丸1日何も食べていないことになるので、さすがにこれはマズイと思って、本当はいけないんでしょうが大好物の人間が食べているスライスチーズを少しずつ手でちぎって食べさせました。現金なもので、これは一口食べるごとに催促してきてペロリと完食☆。

 メイは推定月齢約6?7ヶ月。なんでこんなに早めに避妊手術を受けさせたかというと、夜鳴きと粗相があまりにも酷かったからです。酷い時には一晩で5ヶ所もオシッコされましたし、一晩中ニャアニャアと泣き喚いているときもありました。人間が見えなくなると泣き声が酷くなるようなので、夜中に起きてはメイのいるリビングの床にゴロ寝してしばらく落ち着かせたり・・・。一旦はそれでマシになるんですが、周期的に繰り返すので結局は毎晩のようにそんなことをしていました。おかげで、メイが来てからは、眠っていても常にどこかで気が張っていて、日中も寝不足のような疲労感が蓄積していくのでした。メイの睡眠時間である日中に私もこっそり昼寝を取ることで、何とかこなしていましたが、仕事のある日はそうもいかないですしね・・・。
 それが、手術をして帰ってきた昨日の晩から、「これがあのメイなの??別猫になっちゃったんじゃないの?!」というくらい豹変したのです
 帰宅してから、見事に一度も鳴いておりません。正確には、私の足元などでちょっとした独り言が漏れるように小声で「ニャァ・・・」と鳴くことはありますが、前日までのように何もない虚空を見据えて「にゃああ?っ!!みゃお??ん・・・・!」と遠吠えをするようなことは一切無くなりました。まるで前日までの自分の行動の記憶を一切失ってしまったみたいで、怖い・・・・。
 大変デリカシーのないことを書いているかも知れませんので、もしお読みになってお心を傷つけてしまわれる方がいらっしゃいましたら予めお詫び申し上げたいのですが、うちの猫がたった数時間の手術を境に全く行動が変わってしまうなんて、なんだか人間が歳を取って自分の名前や年齢、食事をしたかどうかも分からなくなってしまう有様のようで、逆に私は「楽になった?♪良かった」と手放しで喜べるというよりも、もしかしたら自分が軽く思っていた以上に、自然の摂理を自分の都合で捻じ曲げた不遜なことをしてしまったのかも知れない・・・という、怖れのような感情を覚えました。

 では本当に、何もかも忘れてしまったのかというとそうではありません。やっぱり私やダンナのことは飼い主として慕ってくれて、ヨボヨボと私たちの座るソファの足元までやってきて、一緒にいたいとうずくまっています。呼べば振り向くし、撫でれば喜びます。外出から帰れば、玄関まで出迎えてくれます。

 メイにとっては、自分が昨日の午後何をされたかなんて、何も分かっていないでしょうね。私たち人間が、メイの病気の治療のために辛い検査や注射を受けさせたり、個体の消耗を防ぐために避妊手術を受けさせたりしても、過去の自分についての記憶保持能力がない猫にとっては、今が全て。「拾われて来る前の病気で辛かった時期より、今は健康になって幸せ♪」と思っているかといえば、きっと自分が3ヶ月前どんな体調だったかなんて覚えていない。だから昔と比較して、今の医療行為を肯定して受け入れるなんてことは能力の範疇を超えていることでしょう。猫は、その時々の生を懸命に生きているだけだと想像します。
 ましてや今回は避妊手術。さかりとは、種を残すという生物にとって最も基本的な本能であり健康な生理現象です。これが『問題行動』になるのは、ひとえに人間の社会様式からはみ出しているからなんですよね・・・。人間の社会生活に無理やり猫を引きずり込んできて、邪魔な部分は一方的に切除するということなんですよね・・。

 かといって短絡的に、「不妊手術を施さないことが良いことだ」と言い切れるかといえばそう簡単ではないことは分かりきっています。
 以前、お名前は失念しましたが、某作家さんが「飼い猫に不妊手術を施すのは、猫の生の喜びを取り上げることであり、もし自分がその立場なら幸せとは思わない。だから敢えて不妊手術は行わず、生まれた子猫たちは、近所の(だったと思いますが)谷底に投げ捨てて殺している」と雑誌に書かれた記事をめぐり、大きな論争になったことがありました。
 これもまた、「人間が『生きたい』という本能を持って生まれてくる子猫たちを、人為的に排除していいのだろうか?」と思います。もちろん野生の環境で生まれた子猫たちは、どの道天敵や自然環境に淘汰され、強い者だけが生き残り弱者は振るい捨てられていくものです。その作家さんが谷底に投げ捨てた子猫たちの中でも、もしかしたら這い上がってでも強く生き延びた猫もいるのかも知れません。
 しかし、結局のところその作家さんが子猫を遺棄している動機は、『自分が猫と同居したいから』という、人間側だけに立った(猫にすれば)身勝手な理由です。カラスなどが自分の生存を賭けて、子猫を捕食するのとはまた違います。

 そんな風につらつらと考えていくと、結局のところは猫に限らず、犬、鳥、その他愛玩動物と人間というのは、究極一緒には暮らせないのではないか・・・と思えてきました。もしかしたら、私は猫を1匹不幸にしたのかも知れません。
 メイのさかりが酷くなるにつれて、夜鳴きさせないように粗相させないように、どんどん私たちの生活様式を変えていかざるを得なくなりました。正直、ダンナは「人間が猫に合わせて、猫中心の生活になっている!」と怒ったりもしていました。私も、少々肉体的にも精神的にも疲弊していました。
 こんな風に、人間が猫の生活に合わせても、猫が人間の生活に合わせても、必ずお互いにどこかそれぞれの種の生活様式からはみ出す部分があるんですね・・。

 そうは言っても、もうメイとの同居は始まっています。何より、昨日メイが夜鳴きをしないでいてくれたことで、まるでメイが来てから初めてのように、久しぶりにぐっすりと熟睡することが出来ました(おかげで朝5時に起きてダンナを送り出すのも、全然身体が楽なくらいでした♪)。
 メイを巻き込んでしまったからには、「何がメイにとって幸せなのか」を考えるのと同時に、「果たしてそれはどれだけ自分たち人間にとって、許容可能な条件なのか」も考えて、いろんなことを選択していかないといけません。

 実家の母は、メイを拾ってきたことを報告すると「猫を飼うのは人間の子供を育てる練習だと思って頑張りなさい」と言ってくれましたが、おいおい、種が違う生き物を育てるのと同じ種の人間を育てるのとは、全然違うよ?・・・^^;。

 s-DSCN0301.jpg


 

テーマ : 猫のいる生活 - ジャンル : ペット

無事退院☆ それからの様子は・・・?その1

 え?と、説明なく「退院」と書いてしまいましたが、これは人間ではなくウチの飼い猫「メイ」のお話です。ご心配いただいたご親切な方がいらっしゃいましたら、お礼とお詫びをさせていただきます・・・。 

 タイトルには「退院」と書いてしまいましたが、実際は日帰り手術です。何の手術かというと、避妊手術。(さかりのついたメイを見て、うちのダンナ曰く、「メイもになったんだなぁ♪」。んもうっ!イヤらしくないですかぁ?!)
 猫を飼育するのなら避妊・去勢をするのは当然のマナーであるというのが昨今の趨勢です。市町村によっては、「地域猫」と称して近所の人みんなが餌やりなどをして面倒をみている野良猫でさえ、避妊手術を施した場合には助成金を支給してくれる制度を持つところもあるくらいですから。
 ですから私も、「猫の避妊手術は人間の盲腸手術だ」くらいな、軽い考えでいたのでした。自分が小学校の頃に盲腸炎になってしまい、手術をして盲腸を取るなんてどんな恐ろしいことだ・・・・と思っていたのに、終わってしまえばあっけないことに逆にビックリ・・・そんな経験を持つ自分なので、

ばっこ「先生、ウチの子、不妊手術してください」
獣医さん「ハイハイ、いいですよ♪」

と、こんな調子のモノかと思っていたのです、避妊手術って。

 しかし、やっぱり人間と動物はかなり根本的なところで違うようです。今回はそれを痛感しています。

 まず、当たり前だといわれてしまうかも知れませんが、猫の避妊手術は全身麻酔で行うのだそうです。全身麻酔といえば、人間でもたまに麻酔事故で亡くなられる方がいらっしゃいますよね。なぜ麻酔が効くのかという本当のメカニズムは未だに解明されていないという話も聞いたことがあるし・・・。
 ですから、「もしなにか想定外の事故があっても承諾します」という旨の同意書を、最初に書かされました。人間が大きな手術をするときと一緒なんですね。(人間である自分の盲腸の時ですら、部分麻酔でしたから^^;。)

 しかしそれ以上に、いろんな意味で深く心を動かされてしまったのが、手術後のメイの姿と様子でした。
 手術は昨日の午後。朝は水も食事も摂らせず、朝10時前には病院に連れていって預けます。絶対メイは「自分がこれから手術する」なんて分かってないですから、ここで飼い主とバイバイするのは不安でならないはずです。
 午後に手術が施され、午後の外来診察が開始される4時半に迎えに行くという段取りです。
 メイと再会する前に、獣医さんからいろんな注意を受けました。

・しばらく麻酔が効いているので、安静にさせてください。
・家に着いても、麻酔でむせてしまうので、しばらくしてからまず水を飲ませて様子を見ること。
・それで大丈夫なら、いつもより遅い時間に夕食を出してやってください。
・今日は朦朧として餌も食べられないかも知れないから、その時は無理せずに明日の朝から。

 なるほど?。私も以前健康診断で胃カメラを飲むのに喉の麻酔をかけましたが、それですら検査後はふらふらして、1時間ほど仮眠してからでないと帰れませんでしたから、よく分かります。

 その後入院室から連れて凝られたときのメイは、むしろ手術がよほど怖かったらしく、私が背中を撫でようとするだけで歯を剥いて「シャーッ!」と威嚇してきましたから、「なんだ、元気そうだ。」と思っていたんです。
 ところがいざ家に帰ってキャリーバッグから出してみると・・・・・。
 哀れなくらい、ヨタヨタ、ヨロヨロ。真っ直ぐ歩くどころか、じっと立っていることすら容易ではないのでした。こんなメイを見たのは初めてで、私は戸惑ってしまいました。
 こんな酷い目にあわせた私でもメイは慕ってくれるらしく、私が何かの用事でマンションの部屋を出て帰ってくると、玄関までヨロヨロとぶつかりながら迎えに出てきてくれるのでした!この時ほど、哀れで可哀相なことをしたと思ったことはありません。

 今日これを書いている最中のメイ。すっかり元気になって寝込んでます。
 今日、これを書いている最中のメイ。すっかり元気になって寝込んでいます。 

テーマ : 猫のいる生活 - ジャンル : ペット

ジョグメイト?

 またまた買っちゃいました、便利品のラン用品を・・・^^;。

 といっても、今回の買い物はきっと既に沢山の方が御存知のモノかと思います。

 これ、これです!

ジョグメイト?

 株式会社メテックスさんから出ている、ジョグメイト?というリストバンドです。
 数日前のNHKの朝のニュースのコーナーで紹介していたので、周知の商品かも知れませんが・・・。

 これ、以前から欲しかったんです!なぜか私、すごく昔にこれをどなたかが着けているのを見かけたような気がするのです。その時は「すげー!便利そう。私も欲しい・・・」と思ったのですが、知り合いでもなんでもない、たまたま見かけたランナーさんだったので話しかけることが出来ず・・・・。だけどスポーツ用品店を探せば、きっとすぐ見つかると思ってました。

 ところがところが、たまたま自分がよく行くようなお店にはなぜか全然見当たらないのでした。しばらくはウエストポーチに小物を入れて我慢してましたがやっぱりストレスフル。同じのが見つからないなら代替品でもいいや!
 ・・・・ということで、これまでは十円玉くらいの大きさのモノなら入るリストバンドを使ってました。
 だけどやっぱりこれだとカギくらいしか入らないし、今の季節は出来れば水を買う小銭も、できるだけ簡単に携帯したいじゃないですか。

 たまたまNHKの番組でこれを紹介しているのを見て、「こ、これだ?!!」と初恋の相手に再会したのです!価格もとってもお手ごろ。迷っているヒマはありません。速攻、メテックスさんのサイトから通販で購入してしまいました?♪

 蒸れる感覚も全くないので、特に夏にはうってつけでしょう。大活躍してくれそうです。

テーマ : 最近のお気に入り - ジャンル : 趣味・実用

今日は特別な日

 7月28日・・・・この日を、半月ほど前から待ち焦がれていました。
何の日かと言えば・・・。

 実は、我が家の飼い猫の避妊手術の日なのです。

 夜鳴き、トイレ以外でのおしっこが全然良くなりません(泣)。昨日の夜は5ヶ所におしっこされていました。しかもそのうちの1ヶ所は、私が寝ているベッドのマットの上にしてくれたんですから!夜中に「なんか、妙に足元のシーツが冷たいなぁ・・・・」と夢うつつに思った瞬間、はっ!と気がついて見てみたらしっかりとシミが・・・・。夜中に飛び起きて、大急ぎでベッドマットを拭いてアルコールで消毒し、シーツを取り替えて寝なおしました。

 猫はこんなとき、叱っても人間を怖がるようになるだけで、止めさせることにはならないらしいですね。なんでなの?さかりのせい?膀胱炎か何か?それとも分離不安のような精神的なもの??
 通っている動物病院の方針は、考えられる可能性を一つずつ潰していって、猫の行動が変化するかどうかを見ていきましょう・・・というもの。ですから、まず今日は避妊手術をして、これからの様子を見てみます。
 同時に、2週間前にカテーテルで採尿して細菌の検査をしたところ、わずかながら細菌がいたそうです。それに有効だと思われる抗生物質も、今日からまた飲ませます。

 これで少しでも人間と共存できる生活習慣に変わってくれるとありがたいんだけど・・・・・。
この状態が続くようだと、このまま猫と同居を続けられるかどうか、最近はさすがに不安になってきました・・。

テーマ : 猫のいる生活 - ジャンル : ペット

7月27日 雨上がりの涼しいRUN・・・のはずが?

8.12km 58:48.82 平均ペース7:14/km

 む?、一向に梅雨が明けません。毎日毎日「今日は振るのかしらん?気温はどのくらい?」と天気予報をチェックです。
 今日は夕方にちょいと高槻駅まで、ダンナと一緒に用事に出かけました。ところが用事を終えて高槻から車で帰るちょうどその時になって、まるでスコールのような大雨が!!フロントガラスに大粒の雨が「バチバチバチ!」と音を立てて降ってきました。こりゃ?きっと、茨木も雨だねぇ。今日は走れないか・・・。

 ところが、普段の行いが良いせいか(?)、我が家に着いた頃には逆に雨雲が引いていったあとだったようで、路面はしっかり濡れていますが空はむしろ明るい☆。しかも嬉しいことに、一雨降ったあとなので気温が少し下がって、吹く風も涼しいではありませんか^^。

 「これなら10km行ける!いや、ゆっくり長くで15kmくらい頑張っちゃうかな?☆」なんて、えらく張り切って近所の河川敷に飛び出していったのはいいんですが・・・・・・。

 やっぱりいつもの尻すぼみだったよぉ?・・・・(泣)。気持ちよ?く、気持ちよ?く走れていたのですが、やっぱり自分の体温が上昇していくのが苦しく感じられて、ついつい5km手前でスポーツドリンク500ccを一気飲み。いつものパターンです。

 これがいけないのかなぁ??幾分か身体は涼しくなったような気もするし、水分を入れると心拍数も少し落ち着くらしいんですが、その分集中力が途切れるのか10kmを走りきる思い入れが怪しくなる・・・・・。

 片道2.5kmの道を1往復半したところで、ついに折れてしまいました。最悪やね?、今月の月間目標100km、それすら達成が怪しくなってきたぞ!

テーマ : RUNの記録 - ジャンル : 趣味・実用

憧れのオクトーバー・ラン

 今日は仕事のあと、買い物やら家事やらで走りには行けなかったので、RUNの記録ではなく、最近の自分の走りにまつわる近況です。

 FURE★AIの皆さんと一緒に、チームで「オクトーバー・ラン」に参加することにしました!といっても、ホントのところはオクトーバー・ランってどんなものなのか、あんまりよく分かっていないのですが・・・^;ゞ。

 ではなんで「憧れのオクトーバー・ラン」なのかというと・・・・。
 記憶は去年の10月に遡ります。
 大阪に越してきたおととしの冬から、全然走れなくてとぼとぼとウォーキング&数百メートル走りをひたすら練習していた私。うちの近くの河川敷は往復するとちょうど5kmとキリがいいので、いつの間にか5kmを完走することが目標になっていました。

 去年の今頃は、仕事が終わるとちょうど暑さのピークも過ぎるので、せっせと毎日のように河川敷に出かけていた自分。少しずつ、少しずつ走り続けられる距離が長くなっていって・・・・ある日とうとう、なんとか5kmを走りとおせたのでした。その時の嬉しさ、そして気持ちよさったら・・・いまだに覚えています。
 決して順調に進歩したわけではなく、確か5kmを達成できたのは9月も後半、夏といっても晩夏だったように記憶しています。
 そこから走ることの気持ちよさ、楽しさに目覚めてしまいました。「ランナーズ」という雑誌の存在も薄々知ってはいたのですが、素人が訳も分からず足を突っ込むにはあまりにも心理的な敷居が高くて、買ってまで読んだことはありませんでした。

 ところが10月に入ると、インターネットではどのランナーさんも「オクトーバーラン!」と騒いで(?)いるではありませんか。なんじゃそりゃ?流行りの練習方法か何か?
 で、ランネットを見てみて、やっと訳がわかったのです。日本中のランナーさんたちが距離も時空も飛び越えて、みんなで競い合っているという壮大なマラソン大会だぁっ!!
 すげ?、かっこい?っ☆私もやってみたい?☆。ところが当然ながら、もう始まっちゃってますから私はしょぼ?ん・・・ですよ。10月って、暑くもなく寒くもなく、たぶん1年で一番走りやすい季節なのにね。「あ?っ、走るのって気持ちいい?っ♪」ってひとりで5km練習を走り終わるたび、「・・・・私もこんないい季節に、参加したかったなぁ・・・・」ってひとりごちてました。

 それが今年はなんと豪勢なことに、チームとして参加させていただけるのですからこんなワクワクはありません^^。もちろんチームの足を引っ張らないようにというプレッシャーもありますが、そのくらいの足かせはないと、私の場合どんどん劣化していきますから。

 今はFURE★AIの皆さんが、参加申し込みのための事務手続き準備を進めていらっしゃるところです。考えているだけで、ワクワクしてきます!

テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

7月22日 久しぶりにまとまった距離で

13.0km 1:40:45.80 平均ペース7:44/km

 気がつけば、もう1週間ほども走っていません。まぁ仕事やらダンナとの予定やらいろいろとありますが、そういうのは結局言い訳ですからね?^^;ゞ。

 昨日の大阪は一日中、ざぶざぶという擬音語を使いたくなるような見事な雨。さすがに走りはおろか、買い物や洗濯も出来ずに1日中家の中でした。

 今日は今にも振り出しそうな曇天ながら、午後に向かっては晴れるとの予報です。最高気温は31℃になるとのことですから、多少降りそうでも午前中に出かけなきゃ!

 今日は少し気分を変えるために、新しいランコースを走ってきました(正確には2度目なんですが)。北摂ではうってつけのランニングスポットと言ってもいいでしょう、万博公園外周です。
 たしか先月、新しいコースを開拓しようと敢えて公園までの道を大回りで取って20km走破を目指したのですが、実はものすごい上り坂の連続で簡単にダウン・・・。やっぱり地図だけじゃ、高低差までは分かりませんからね。まぁ今にして思えば、あの時はコースの下見のようなものでした。

 あの日の反省を踏まえ、そして最近の自分の走力の劣化を考慮し、今回は素直に我が家からまっすぐ公園に向かうルートを踏むことにしました。地図上の測定では13kmピッタリ♪。これも何だか気持ちがいいではありませんか。

 どうやら私の弱点の一つは『暑さ』らしい。それも、気温というよりは照りつける太陽の日差しに簡単に消耗しちゃうみたいです。
 ですから今日のような、湿度は高いけれどその分厚い雲が日差しを遮ってくれて、そこそこ涼しい風が吹いている日ならば、むしろ走りやすいと感じられるのでした。
 といっても、ご覧の通りの歩き混じりJOGです。以前ひなたさんのブログで拝見した、『夏のランニングは死ぬスポーツです』という衝撃の言葉、最近はこれを言い訳の金科玉条にしてますから・・・。

 同様に、水分補給も今の季節の私にとってはトラウマになっております。なんといっても夏の京都をマラニックで走らせていただいた時、「水分なんて欲しくなった時に摂ればいいさ♪」と甘く見ていたが故に、途中で気持ちが悪くなってしまったという失態を演じています。それからはボトルポーチと飲み物を買うお金を携帯しないと、怖くて長めのランには出れなくなってしまった・・・。

 と、ところが!万博公園外周は、道路も広いし綺麗だし距離も適当だし、走りやすいことこの上ない道路なのですが、今回唯一気がついた欠点が、なぜか異常なまでに自販機が見当たらないことだ!
 バス停もあればベンチもあって、駐車場もあるんですが、なぜかことごとく自販機が置いてない。あ、もちろんコンビニなんて便利なものも皆無です。今日はどんどんボトルの中のドリンクを飲んでいく度に、「ああ、次はいつ給水できるんだろう・・??」とめちゃめちゃ不安に・・・。
 やっとかろうじて1台の自販機を見つけ、慌てて1本買いました。それでなんとか間に合ったのでよかったですが^^;。

 しかし万博公園外周、自分が苦しくてあまり周りの景色を見れていないせいか、走っても走っても終わりが見えてこない・・・。この不安ったらないです^^;。1周約5kmというのは知っていましたが、5kmってこんなに長いっけ?と何度思ったことか。ふと時計を見るとちょうど1時間で8kmほど走っている。「1時間でまだ8kmかよ?。もうあとどのくらい走ったら公園の入り口まで戻れるの??・・・・」とやや本気で不安になってきたところで、やっと視界の先に公園の入り口が見えてきました!あのときの安堵感ったら・・・・。

 しかしそんな情けないランではありましたが、終わってみれな13kmというのは練習に適度な距離、そしてやっぱり走りやすくて良いコースだったと思います。
 水分補給の方法さえもう少し考えておけば、また走ってもいいかなぁ・・・?と、思っています。

テーマ : RUNの記録 - ジャンル : 趣味・実用

7月16日 空腹のせいか?

4.63km 45:11.03 平均ペース9:45/km

 見てお分かりのとおり、今日は走りではなく歩きになってしまいました。しかも4.63kmという半端な距離で・・^^;。
 仕事が5時に終わり、その後 猫の避妊手術の相談のために本人(この場合は猫ですが)を連れて隣町の動物病院まで自転車ですっ飛んで行き、帰ってきてからのjog・・・・の予定でした。

 仕事から帰ってきた時点では走る気まんまんだったのですが、動物病院まで行って帰ってきたら・・・・まず、お腹が空いた!なにか食べたい!
 だけどここで何か食べてしまったら、きっと夕食の時間にはあまりにも中途半端ですよね?。今日はダンナも出張でおらず、ひとりきりの私。自分が食べたくなかったら、きっと食事の支度もしたくなくなることでしょう。

 で、空腹のまま走り出しましたが、やっぱりガス欠?1kmほどで歩いてしまいました(笑)。
 でもまぁ、今日も職場であったいろんな出来事を、頭の中で「どうしよう?こうしよう?」と反芻しながら動くのには、歩きはちょうどいい緩さ。身体を動かしながら考えたほうが、煮詰まらなくていいんですよね^^。

 ま、こんな日もあります♪。最近の私のテーマは、「いかに毎日ごきげんでいられるか」です。走りも一時のように、「少しでも長く、速く」というのは置いといて、「まずは楽しく気持ちよく走れたら良し!」というのを、今の季節は心がけることにしました。

テーマ : RUNの記録 - ジャンル : 趣味・実用

11月、夫婦でレース

 先日、大阪城3時間RUNの企画に参加してみて、とっても楽しかった私。
 何かまた大会に参加してみたいのですが、この季節ではちょっと厳しいですよね。
 
 そう思って、秋以降の大会をチラチラと探していたところ・・・・有名な大会を忘れていました!淀川市民マラソンです。季節は11月、制限時間は長い、気軽に行ける地元、こんな好条件のレースを逃す手はないですね。

 王道でフルと行きたいところですが、まだハーフすら走ったことのない自分。まずは初のハーフを走ってみようと、ハーフで申し込みました。昨日さっそく参加料も支払ったので、これで正式にエントリーです。

 一方、「ためしてガッテン」で紹介されたスロージョグでゆっくり長く走ることが出来るようになったダンナは、最近は5kmを完走できるようになりました。やっぱりある程度まとまった距離が走れるようになると、俄然走ることが楽しくなります。どうやら出張先にもシューズを持っていって走っているらしい。
 昨日は、出張先からひょいと電話をかけてきました。
 ダンナの担当エリアである下関で、11月8日に「下関海峡マラソン」なる大会があるらしい。コースはフルのほか、5kmがあるそうなんです。
 「俺、5kmに出てみようかな?・・・。」
 いよいよその気になってきたようです!もちろんその際は、記念すべきダンナのデビューですから私も一緒に5kmに出ようと思っています。

 11月1日に淀川を走り、11月8日に下関を走る。今からちょっとわくわくしています。

 

テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

猫のマーキング

 5月31日に、ダンナが出張先で拾ってきたメスの子猫。ぎりぎりではありますが、5月に我が家にやってきたので、メイと名づけました。獣医さんによると、おそらく昨年の年末ごろに生まれた子であろうということで、現在は月齢6?7ヶ月ということになります。

 モノの本によりますと、女の子は約6ヶ月でさかりを迎えるそうです。さかりがつくと、
・夜鳴きをする
・やたらあちこちに身体をスリスリとこすり付ける
・飼い主に異常に甘える
などなどの行動が目立つようになるとのこと。

 メイが最初にうちにやって来たときは、ちょうど猫エイズに感染したばかりだったと思われる急性の感染症の症状を複数発症していて、頭ばかりが大きく身体は骨に皮が張り付いたような異常な痩せ方。栄養状態は最悪でした。
 その後1ヶ月ほど動物病院に通院して抗生物質などを投与してもらい、6月の下旬にはもはや私たち家族も、彼女が猫エイズだとは信じられなれないくらいに元気になりました。

 その辺りからです。メイが元気を取り戻すにつれて、日に日に夜鳴きの遠吠えが激しくなっていったのは。
 うちは集合住宅なので、夜中に玄関に向かって廊下で遠吠えしていると、他のお宅の迷惑になるのではないかと気が気ではありません。夜もおちおち寝ていられず、6月は今思い出してもヘトヘトでした。
 あまりにも毎日やまない遠吠えに、さすがに私もさかりを疑い始めました。どうやら避妊手術は、猫個体の健康を維持するためにも早めに施すに越したことはないらしい。そこで早速、行きつけの獣医さんにお願いしに行ったのですが・・・。

 そうしたところ、発情した直後に避妊手術をするのは、血流過多な時期で危険でもあるので少し時期を置きましょう、とのこと。そう仰るならとその日はメイを連れて帰ってきて、現在はしばらく様子を観察している毎日です。

 そうやって数週間ほど注意深く様子を見ていると、遠吠えをはじめとするさかりの症状も、どうやら周期的な波があるようです。一時は毎晩毎晩、鳴いて叫んで一人で家の中をサッカーのごとく駆けずり回っていましたが、それもいつの間にかピタッとやらなくなってしまいました。しかしそうかと思って油断していると、またもや突然夜鳴きとサッカーが始まり・・・これの繰り返しです。

 更に最近、夜鳴き以上に恐ろしいさかりの症状を呈しはじめました。マーキング、つまりおしっこをトイレ以外に意図的にかけてくれるのです!!クッション、ベッド、雑誌etc・・・・数え切れないほどいろんなものにやってくれましたが、最悪だったのはダンナのノートパソコンを水浸し(いや、オシッコ浸し?)にしてくれたことです!ちょっと表面が濡れる程度ならまだ許せますが、なんとパソコンの裏面が一面びっしょりと濡れており、もちろんすぐに拭いたのですがパーツの隙間から中にまで侵食していたらしく、気が付いた時にはハードディスクやらメモリやらに緑青が発生していたそうです(泣)。

 ここまで来たらもう悠長なことは言っていられません。再度病院に行ったのですが、避妊手術の前に、何か泌尿器の病気のせいではないか調べてみましょう・・・ということに。採尿器を渡され、採れ次第持っていくことになっています。が、今日の時点ではまだうまいこと採尿できていません。

 ここしばらくは、さかり症状の谷間の時期といいましょうか、毎晩怖いくらいおとなしく寝てくれていたのです。おかげでやっと私も近隣に気兼ねなくグッスリ寝れていたのですが・・・・・。
 ところが今日の夜、夕ご飯を食べ終わってからのメイの様子が変!夕ご飯を食べるまではあんなに一日中ぐっすり寝込んでいたのに、食事のあとは突然例の夜鳴きの連続が始まったのです。
 だんだんと分かってきました。やっぱりこの夜鳴きは、ストレスとか何かを家族に要求するせいじゃなく、生理的なさかりの症状なんだっ!
 てことは、いよいよ例のマーキング行動もそれに伴って出てくるんではないだろうか????・・・・・と警戒し、常にメイの様子に聞き耳を立てていたところ・・・・。

 置き場所がなくて床に積んでおいた、私のランニング関連の本の山のあたりから「ショーッ・・・・」というかすかな音が・・・・・。反射的に「メイ!!」と叫んでそっちを見ると、嗚呼、予想どおり私の本にまたがっているではありませんかぁ?(泣)。
 私の剣幕にメイの膀胱も縮こまってしまったらしく、幸い被害は大したことなく済みましたが、この一件をもって、やはりメイがなぜかあちこちにオシッコを引っ掛けるのは、病気とかトイレが気に入らないからではなく、さかりの症状であることを確信しました。

 実際、こうやって私がパソコンと首っ引きになっている間も、メイは忍者のごとくカーテンに爪をかけて天井近くまでよじ登っています。こんな風に普段から考えられないほど気が狂ったように活動過多になるのも、さかりですね。

 ううっ、今晩一晩はまた夜鳴きを叱りながら、変なところでおしっこをしないかどうか警戒していないといけません(泣)。


 

テーマ : 猫のいる生活 - ジャンル : ペット

初めての黒爪

 約1年半前から走り始めて、最近初めて経験したことがあります。
 それは『黒爪』。

 最初に発見したのは、先月末に走った京都マラニックのあとの銭湯で。
 新しいシューズを履いていったのが裏目に出て、走っているうちにいつの間にか「足の先が痛いな?、痛いな?・・・」と思ってはいたのですが。話には聞いていた黒爪が自分にも出来ているなんて、その時は思ってもみませんでした。

 お風呂に入って足の爪を見て、初めてビックリ!右の人差し指と中指、そして親指の爪の一部が真っ黒になっていました。初めて見た黒爪、怖かった?・・・。

 そしてそれから約2週間、ちょっと汚い画像で恐縮ですが、現在の私の爪を見てやってください。

s-DSCN0289.jpg

 これは、そのとき黒くなった右足の親指・人差し指・中指の写真です。
 もう少し近づいて写すと・・・・

s-DSCN0287.jpg

 これは親指と人差し指です。親指の爪は数日前には浮いていたので、いまや真ん中ほどまで爪切りで切ってしまいました。靴が当たって血豆のようになってしまっている部分は、いまだに赤く固くなっています。
 そして、人差し指と中指の写真です。

s-DSCN0288.jpg

 特に痛みが酷かったのがこの2本の指だったので、最初に黒爪になっているのを発見したときは、2本とも爪が全面真っ黒でした。
 それも日にちが経って爪が浮いてきたようだったので、試しにどこまで爪が切れるか試してみたところ・・・・人差し指についてはやはり爪の半分ほどまで、中指に至ってはほとんど生え際まで切ることが出来ました。爪を切ると、その下にあった黒い部分(血の塊なのでしょうか?)も取れるんですね?。

 きっと走歴が長いランナーさんには、全く珍しくもない図なのでしょうが、初めての私には怖さ半分好奇心半分といった感じです。
 我ながら、黒い爪がほとんど切り取られて指が露出している足ってちょっとグロテスクに見えますが、なぜか他の人にも見てもらいたいような気もしていて、汚いとは思いながらもブログに載せてしまいました^^;。

 あと何ヶ月かして、この黒い部分がスッキリと取れたらさぞかし気持ちいいんでしょうね?!

テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

また大変な勘違いを・・・

 やっとFURE★AIの皆さんとご一緒できる8月8日。
 当日のスケジュールなどは、ジョグノートのコミュニティの書き込みで確認できます。
 
 今朝、再度確認してみて自分が大変な勘違いをしていることにやっと気がつきました・・・・。
 8月8日はあくまでもFURE★AI独自での企画で走るのであって、大阪城RUNの大会に乗っかるわけではないんですね・・・!
 ・・・・・いや、恥ずかしいです・・・。単に日にちと場所が同じなので、てっきりその大会にチームで参加するんだと思ってしまいました・・・。

 もしFURE★AIの方で、以前の自分のブログを読んで「?」と思われた方がいらっしゃいましたら、大変失礼いたしました!8月8日は夕涼みRUNではなく、FURE★AIの皆さんとの脱水ランを存分に楽しんできます!

テーマ : RUNにまつわるよもやま話 - ジャンル : 趣味・実用

ガーミンの正しい使い方

 私のガーミンForeathlete405は、2台目です。
 とは言っても、新しく買ったわけではありません。あまりにも誤動作が酷いので、日本の総販売代理店である「いいよねっと」さんに故障修理をお願いするため現品を送ったところ、「異常なしだか念のため新品交換します」というご丁寧な対応をいただいて、6月から2台目のガーミンを使うことになった・・・という経緯です。

 ところが、これが不思議なことに、新しいものを使ってまだやっと1ヶ月経つか経たないかというくらいなのに、走る度に1台目と同じ症状が出るんです!これはさすがにおかしい・・・!
 何がおかしいって、この状況は明らかに製品の不具合ではないですよね。1台目も点検してもらったけど異常なしだったということだし、ましてや新品の2台目も最初から全く同じ不具合が出ているなんて、偶然にしては出来過ぎですから。これはやはり、製品ではなくて使い方の間違いなどを考えるほうが妥当でしょう。

 しかも決定的だったのは、同じく405を使っている他のランナーさんのお話です。11日の大阪城3時間ランを一緒に走ったKIYOSHIさんも405を着けて同じコースを走りましたが、全く誤動作はないとのこと。これで、例えば衛星を捕捉出来ないコースを走っていたからだとか、そのような時間的・地理的な条件も考えにくくなりました。

 症状は、べゼルタッチおよびボタン操作が走行中に全く効かなくなることです。
 今朝、改めてそのことをいいよねっとさんに電話で相談したところ、やはり製品の不具合としてはそのような現象に繋が原因は思い当たる節がないとのこと。
 そこでいろいろと話した結果、まずはべゼルタッチの不具合ということなので、「べゼルロック」にして走って見て、その結果を見てまた原因を潰していきましょう、という結論に落ち着きました。恥ずかしながら、べゼルロックにしていてもスタート/ストップボタンとポーズボタンは機能することを知らなくて、今までロックしないで走っていたのです・・・・。2つのボタンが使えれば、べゼルロックのまま走っても何ら不都合はありません。

 ということで、今日はさっそくべゼルロックで5kmを試しに走ってみましたが・・・・・やっぱりちゃんと正常に動作するではありませんか!こ、これが405の正しい使い方だったんですね・・・・ううっ、今さら恥ずかしい・・・・・。KIYOSHIさんにも、「ロックしてないんですか?」とさりげなく突っ込まれてたんですが、「はい、そうですよ♪」としゃあしゃあと答えてました・・・。

 ともかく最近の一番の懸案事項が解決して、やっと枕を高くして眠れます(笑)。走ってる最中にタイムが見れないと、その瞬間からいきなりモチベーションが落ちてしまうもので^^;ゞ・・・・。

 ガーミン405をお使いの方で、もし万が一べゼルロックをされないで使われていらっしゃる方がいましたら(たぶん分かってなかったのは私くらいだと思いますが)、是非ロックすることをお勧めします!

テーマ : 今日のランを振り返って - ジャンル : 趣味・実用

7月14日 久しぶりに涼しく夜RUN

5.35km 36:48.59 平均ペース6:53/km

 どうやら関東甲信地方は梅雨明けしたらしいですね!今まで自分は東京に住んでいたので、関西と比較してどちらが先に梅雨明けするのか全く意識したことはなかったのですが、てっきり西から順に梅雨明けしていくものだと思い込んでいました。関西より東側から梅雨明けするとは意外でしたぁ?。
 今日の大阪も最高気温が34℃ということで、梅雨明けしたのも同然の天気。明日もこんな調子らしいですから、そんなことなら関西もいっそカラリと梅雨明けして欲しいものです。

 今日の自分は土曜日の3時間RUNの疲れが今頃出たということもあるのか、特に予定もなかったので朝からひとり昏々と眠り続けておりました。ダンナを朝、出張に送りだしてからの2度寝です(我ながらサイテーですよね・・・^^;)。
 暑い盛りの時間帯はひたすら家から出ず、かろうじて夕方に近所のスーパーへお買い物に。買い物から帰って夕飯の仕度を終えたら・・・・・計画通り、そろそろ夜の7時前です。今日はあまりにも暑くなりそうな予報だったので、密かに夜ランに出るつもりでいたのでした。この前の大阪城RUNのときも、夜7時ごろを過ぎたらめっきりと夜風が涼しくなって走りやすくなりました。それでいて今の季節の7時はまだまだ明るいし。まぁ夜RUNなので長い距離を走る練習は出来ないけれど、せめてそこそこの暑さの中で身体を動かす練習にはなるでしょう。今日はさくっと5km程度を気持ちよく走ろう!

 こんな風に手近で練習を済ませたいときは、いつもの大正川の川べりがコースです。
 日中は窓越しでも分かるほど日差しがキツくて、外に出るのも怖いくらいだったですが、夜の7時ではそれに比べると意外なほど風が気持ちいい。空気もなんだかカラッとしています。
 気候が走りやすいせいか、あるいは直前までぐっすりと寝て身体を休めて疲労が取れたせいか、自分でもちょっと驚くほど身体が軽い!本当に久しぶりに、「あ?、走るのって気持ちいい♪!」という感覚を実感できました。

 こんなグッドコンディションなら、いつもの自分は「もっと速く走ろう!」「長く走ろう!」と無計画に欲張って走り始めるのですが、なぜか今日はそんな焦った気分にはならずに済みました。おそらく土曜日の大阪城RUNで、内容としては全く振るわなかった走りにせよ、自分なりに目標にしていた「3時間動き続ける」ということを一応終えることが出来たことによって、安心感や達成感、もっともっとオーバーに言えば、やっとささやかな自信らしきものを感じることが出来るようになりかけているからかも知れません。

 最近の私のテーマは「暑熱馴化」。ですから、カンカン照りの時間帯はさすがに避けますが、短い距離でもいいので今の季節を走ることに慣れていくためにこれを継続しないと・・・・。
 

テーマ : RUNの記録 - ジャンル : 趣味・実用

7月11日 夕涼み3時間RUN in 大阪城

22.2km 2:58:50 平均ペース8:03km

 リンク友のKIYOSHIさんに誘っていただいて、7月11日(土)の夕方に開催された「夕涼みRUN in 大阪城公園3時完走」に参加してきました。

 今までの長時間走といえば、6月28日にまりもさんに誘っていただいた「京都レディースマラニック」で20kmほどの距離を皆さんに引っ張っていただいて何とか走った経験が最長です。でもその時は何度も何度も休憩を入れていただいて、時々は歩きながら名所を観光しながらの走りでしたから・・・。
 自分での練習では、LSDと称してとっても遅いペースで20kmほどを2時間半で走ったのが最長です。ですから3時間を一人で走りとおすのは、私にとって未知の世界です。
 参加するのにはめちゃくちゃ勇気が要りました・・・。

 よく、「レースはスタートするとき、周りのペースに呑まれずに走れ」と言われますよね。私の唯一の大会の経験である、今年2月の河内長野シティマラソン10kmでは、自分は不思議とスタートから自分のゆっくりペースで行けたんです。「私はどうせ遅いんだから、どんどん抜いてください?♪」てな調子で、いたってマイペースな走りでした。ですから自分にはスタートの巻き込まれはありえないと思っていたんですが・・・・・。

 あにはからずや、なんと今回は最初の2周ほどを5分台で走ってしまったのです!私にとって5分台なんて絶対にありえないペース!もちろんスタートからたくさんの方にどんどん抜かれていくので、自分では全然速く走っている自覚はないし、不思議なことにいつもの練習ならそんなペースじゃ息が続かないはずなのに、興奮しているのか全然身体がそれに気づきません。ふとガーミンを見てみて5分台前半で走っているのに気がついてビックリ!したんですが、やっぱり周りが速いせいなのか、いくら自分ではペースを落としたつもりでも更にいつものペースより速いのです・・・・。皆さんが言われていることが、やっと分かりました。

 しかし走力がないので、さすがにしばらく走っていたらすぐにペースがどんどん落ちていきました。その頃になると、やはり最初に無意識に走りすぎたせいなのか、いつも練習で走っている7分程度のペースで走ることさえ少々しんどい・・・。そもそも私の今日の目標は「3時間を走りきること」なので、どんなに遅くても走れていればいいや!と都合よく頭を切り替えて(笑)、皆さんに追い抜かれるまま自分が動けるペースで走り続けておりました。

 しかし・・・・・恐らく10km前後くらいからだったでしょうか?またもや初めての経験が襲ってきたのでした。
 なんと靴が合わなくて、左足の甲が締め付けられるように痛くなってきたのです。
 最初はただの圧迫感だったのが、走り続けているうちに着地で体重が掛かるたびにズキッ!ズキッ!と痛むようになり、そのうち走ることよりも足が痛いことにばかり意識が向くようになってしまいました。もうこうなると、走るのが気持ちいいとか楽しいとか、そんな境地からは遠く外れてしまっています。楽しく気持ちよく走り切るには、記録に拘っている場合ではなくて早くこの違和感から足を開放してあげないと・・・。道の沿道に座り込んで、左足の靴紐を緩く締めなおして走りなおします。それでももちろん一度で簡単に痛みが楽になるわけはなく、何度立ち止まって緩めなおしたことでしょうか・・。
 多少緩めた程度では、またしばらく走ると足が膨張するのかすぐに痛くなるので、もう最後の方は靴を脱いで甲をさすって足を休めてから、靴の中で足が動いてつま先の方へ詰まってしまうほどユルユルの状態で走ることに。

 しかしそこまで思い切って緩めてあげたら、やっと痛みがましになってきました。その時点で、既に2時間ほどは経っていたかと思います。
 「乳酸は一定の閾値を過ぎると、逆にエネルギーとして利用される」とかいう話を小耳に挟んだための思い込みか、この頃には確かに身体に疲労感もあるのだけれど、なぜか逆に一定のリズムで身体を動かし続ける反復に身体が自分で適応してくれるようになっているといった感覚がありました。ペースはありえないくらいゆっくりではありますが、あまり意識では苦痛を感じなくて腕振りや脚が勝手に前に出てくれるといったような感じといいましょうか・・・。時間も既に3分の2を越え、身体のほうもそんな感じでリズムに乗って動いてくれていれば、「なんとかこのままで行ければ3時間までは動き続けられそうだな・・・」と思えてきました。

 でも実際には、この頃はもう登りの傾斜は歩いて上がっていたし、数百メーター走ったら数百メーターは歩くといった調子の繰り返しで、全然走りにはなりませんでした。いつの間にか私の頭の中では、今日の目標が「走り続けること」から「何とか3時間、自ら脱落を申し出ないこと」に簡単にレベルダウンしておりました(泣)。
 この辺りで経験した、「本当に倒れてしまうほどエネルギーを使い果たした訳ではないのに、すごく疲れた感じがして走れなくて歩いてしまう」という苦しさは、身体ではなくてかなりの部分が脳みその判断だと自分でも思います(笑)。一定のリズムに乗って身体が自動的に進んでいってくれている時は、筋肉は痛いながらも動けています。なのに、意識の方は「私こんなにボロボロになって走ってて大丈夫なんか??」という、余計な予期不安みたいな感情が湧き上がってくるんです。で、現実には走れているのに、足を止めちゃう・・・。今思えばもったいないことをしています。
 もっと練習で走りこむことをして、「このくらい追い込んでも自分は大丈夫!」という自信を持てるようにすれば、粘れるようになりそうな気がしてきました・・・。

 そんな調子でボロボロではありましたが、一応3時間は周回コース上をうろうろと動き回っていることが出来ました!
 ゴールした瞬間は自分が嬉しいのと同時に、自然に拍手で他のランナーさんたちのゴールを祝福していたのも初めての経験でした。
 終わった瞬間は「もうこれで走らなくていいんだ?・・・」という安堵感が一番でしたが、終わってみると時間が経つにつれて不思議と達成感がじわじわと感じられ・・・・・なんだか満たされた感じです。

 8月8日には、なんと今度はFURE★AIの皆さんと、そのメンバーの一員として走らせていただく予定なのです☆!
 これまでは何がなくとも「やっとFURE★AIの皆さんと一緒に参加できる♪」というのが8日の一番の楽しみだったのですが、今回の経験を踏まえて、8日はもう少し走り続けられるようにガンバろう!という目標も出来ました^^。
 とはいえ、夏の真っ盛りの8月8日ですから今回よりも更に過酷な条件になりそうなことは覚悟しておかないといけませんね。自分の決めた目標に拘りすぎて脱水や怪我なぞ起こさないことを肝に銘じて、その上で次も楽しみたいと思っています^^。

テーマ : RUNの記録 - ジャンル : 趣味・実用

7月9日 ボトルポーチとガーミンの不具合

5.72km 42:42.29 平均ペース7:28/km

 ダンナと昨日走ったスロージョグが思いのほか気持ちよくて、実は昨日は「もうあと5kmくらい走りたい!」と内心で思ってたんです。なので今日は仕事が終わってから、ダラダラペースでもいいから10km走ろう!と、いつもの大正川へ。

 たいしたことではないですが、最近心がけていることがあります。それは、短い距離の走りでも給水対策をすること。
 というのは、先日、楽ランの皆さんと一緒に京都マラニックを楽しんだ際、私はあまりにもワクワクしすぎて最初からテンションが上がりっぱなしになってしまい、全然水分を飲んだり携帯しないまま、誘ってくれたまりもさんを相手にひとり勝手にしゃべくり倒していたのです。

 ところが、自分の走力をまったく省みないそんな無茶のおかげで、なんとたった3kmほど走ったあたりで私は気持ちが悪くなってきたのでした!ホント、汚い話で恐縮ですが、よくハードな練習をすると「ヘドを吐く」とか言いますが、本当に気持ち悪くなるんですね・・・(@@;)。

 しかしさすがにベテランの皆さんは給水の大切さをよくご存知なので、うまいこと要所要所で自販機があるのを教えてくださって、無事事なきを得たのでした。
 その点、やはり皆さんはちゃんとボトルポーチを携帯されていて、力をイーブンにペース配分するのと同じように水分補給も乾く前からやっているのでした。

 たった3kmでも気持ち悪くなっちゃんなんて!
初めての経験で、ビックリしました。これは私も普段からボトルポーチを携帯しないと・・・。具合が悪くならないための、お守りのようなつもりで携帯することにしました。

 そんなわけで今日はできれば10km行きたかったので、当然ポーチを着けていきます。
 ところがどうやらいつの間にかベルトが緩んでいたようで、走るたびに揺れる揺れる・・・・。そこで締めなおすことを思いつかないのが、きっと既に蒸し暑さと疲労でボーッとしてたんでしょうね^^;。

 加えてまたもやガーミンが誤動作を始めました。先月、いいよねっとさんに不具合を相談して本体を送ったところ、「不良箇所は見つからないが、念のため新品交換します」とご厚意で新しいものに取り替えていただいたばかりなのに・・・・。またもやベゼルタッチが効かなくなり、ストップウォッチ表示されなくなって時計表示しかしないという同じ症状です。
 こうなると、自分のペースや走行距離をちょくちょく確認したい自分としては、走りよりもむしろ時計の不具合のほうが気になって集中できず、結局5.72kmで終わってしまいました。最初の意気込みはなんだったんでしょうか・・・。
 しかし、不良品ではなかったという1台目のガーミンに加え、交換してもらった新品のガーミンでもほぼ同じ症状が出ているということは、製品の不具合ではなく私の使い方の問題でしょうか?
 かろうじて心当たりのある不安材料は、私がめちゃくちゃ汗かきだということです^^;。405は日常生活防水程度しかないのに、5kmも走るとベルトのところが汗で水を被ったように濡れてますから・・・。

 これは再度、いいよねっとさんに状況を相談してみないといけません。

テーマ : RUNの記録 - ジャンル : 趣味・実用

7月8日 空梅雨の合間の好条件

5.25km 44:55.20 平均ペース8:32/km

 今日はダンナが出張に出かける日でした。どうやら今日は予約した新幹線が遅い時間らしく、昨日のうちから「明日の朝は走ってから出かけるぞ?!」と宣言しておりました。

 ダンナと一緒に走れるときは、出来るだけ一緒に走るようにしています。一人で好きなペースで練習するのは、ダンナが出張がちな私の場合いつでも出来ますから。それに、そりゃやっぱり「長閑だねぇ」「気持ちいいねぇ」と、取り留めのない会話を交わしながら走るっていうのも楽しいじゃないですか。

 1年半ほど前、私が近くの大正川をウォーキング始めた頃は、ダンナについていくのがやっとの走りっぷりだったものです。しかし暇にあかせてボチボチとくりかえし練習しているうちに、いつの間にか私の方が先に5kmを走れるようになっていたのでした。
 なので、最近一緒に走るときは、基本ダンナのペースに合わせて私も走っています。

 1ヶ月ほど前だったでしょうか?NHKテレビの「ためしてガッテン」という番組で、健康のためには敢えて速く走らない「スロージョグ」という走り方が良いということが紹介されておりました。どうやら某大学の先生が提唱し、実践の場として同好会のようなものもやっておられるようで、その参加者に番組がインタビューしていましたが、「スロージョグ」といえどもバカにしたものではなく、実際にそれでフルを完走するまでの走力をつけたお年寄りなどが多数紹介されていました。

 それに触発されたダンナは、それまで5km走れなかったことを密かに悔しく思っていたようで、突然スロージョグのペースを実践し始めたのでした。
 そうしたところ、(当たり前かも知れませんが)初回から見事に5kmを完走!本人はそれですっかり気をよくして、今は8?9分くらいのペースで5kmを走っています。

 今日は私もそれに合わせて走ったので、昨日グダグダだった13km走の疲労抜きができ、且つ最近参加した、アディダスのランニング・ヘルプデスクというイベントで指摘された自分のフォームの癖を確認&矯正することが出来、なかなか気持ちよい汗がかけました。また運がいいことに、今日の大阪は11時半時点でも気温が26.8℃というくらい過ごしやすい気候。多少蒸し暑くはありましたが河川敷の風が涼しく、「ああ?、また明日も走りたいなぁ♪」と思える走りになりました。

テーマ : RUNの記録 - ジャンル : 趣味・実用

安威川に目覚めました♪

 今日はいつもと気分を変えて、初めて高槻まで走ってみようと思い立ちました。
 国道171号線をどんどん高槻方面へ向かって走っていたのですが、暑い中 貨物トラックが轟々と走る風景になんだかげんなりし、本当は高槻までの片道10kmを走って往復するつもりだったところを5kmで引き返すことにしました。

 が、ふと見てみると、安威川の河川敷に降りることが出来る道がすぐ傍にあったのです。
実は過去に1度だけ安威川を走ったのですが、その時はまだ寒い時期でみぞれが降り出し、散々な思い出が。事前に地図を詳しく調べることもしていなかったので、綺麗に整備されたランニングコースは、てっきり2km程度だけだと思っていました。

 ところが今日、明るい光の下で改めて安威川の河川敷を走ってみると、道幅が広く舗装された走りやすいランニングコースが、随分と長い距離に渡って続いているではありませんか!道が広いだけでなく、芝生のスペースや一部グラウンドのように土が均されているところもあるので、犬の散歩の人や野球の練習チームなど、和やかな中にも賑やかさがあります。なにより、うるさくて埃っぽくて暑苦しい車の往来がなく、水面を渡る風が涼しくて気持ちいいのです!

 以前は淀川の河川敷がとっても綺麗で感動したことがありましたが、安威川もそれに負けていません。
 これから安威川ルートも研究してみようと思っています。

テーマ : 今日のランを振り返って - ジャンル : 趣味・実用

7月6日 暑熱馴化

13.77km 1:48:44.03 平均ペース7:53/km

 この数字でお分かりの通り、今日もまた「暑い」だのなんのと簡単に自分に負けて、歩き混じりのJOGでお茶を濁してしまいました。
 みなさん、夏はもっと早い時間に早起きして走っているのだろうか?どうやって練習しているのだろう??
 ・・・・・と、思っていたところ・・・・・・

 たまたま昨日買ってきた「月間ランナーズ」と「クリール」を、走り終えて帰宅してから斜め読みしていたところ、『暑熱馴化』という言葉が目に飛び込んできました。恥ずかしながら、この言葉は初めて知りました。

 私も帰宅してから適度に眠?くなりかけの頭で斜め読みしただけなので、もし間違っていたらぜひ訂正いただければと思うのですが、どうやら暑熱馴化とは「人間の身体が次第に暑い気温に慣れて順応していくことで、より暑い条件でも平常時と変わらないパフォーマンスを行えるようになる」ことのようですね。
 なるほど、確かに人間には適応能力が備わっているおかげで、最初は1kmも走れなかったのが、続けていくうちにフルだって走れるようになる訳ですから、経験的にもとっても信じられる話です。
 ということは、今私が「暑いから長く走るのが苦しいよ?!」とすぐ喘いでしまうのは、まだまだ暑熱馴化が足りていないだけということですね。早朝や夕方の涼しい時間に厳密に拘って走行時間を確保できないでいる今のやり方よりも、多少暑くても定期的に走って暑熱馴化を図ったほうが、たぶん夏が終わる頃には、身体もバテておらず走力も付いているということになるのかも知れません。

テーマ : RUNの記録 - ジャンル : 趣味・実用

7月2日 私的 お祝いRUN☆

5.27km 38:45.46 平均ペース7:20/km

 「最後に走ったのはいつだっけ??」と、自分でも忘れてしまっているくらい久しぶりのRUNです。
 最近は、拾いネコの猫エイズで毎日動物病院に通ったり、久しぶりに実家に帰省してみたら、ここには恥ずかしくて書けないような情けない身内のゴタゴタがあったり、いやそれ以前にもっと諸々な頭を悩ます問題があったり・・・・なんだか心身共に、重たいヘドロのような澱が溜まって、軽やかに走り出せないでおりました。

 そんな折、先日の京都レディースマラニックに初めて参加させていただいて、終わってみるとたしかに私の中になにか力強いものが残っているんですね?!
 それはもちろん、「なんとか5時間走りきったぞ?!」というような達成感もありましょうが、たぶんそれ以上に大きいのは、やはり「ラン友と走る連帯感!満たされた感じ!」のようなモノではないかと思います。
 言うまでもなく私は決してストイックに頑張れる人間ではないので、たった一人で雨の日も風の日も記録短縮のためだけに走り続けるというのはたぶん無理。これからも走りを楽しんでいくには、そろそろ走る楽しみ方にもう少し広がりとか奥行きのようなものが必要になってきている気がしています。それって言うまでもなく、同じ仲間との交流なんですよね、きっと。

 そんなわけで、「FRUN」のまりもさんに京都マラニックに誘っていただき、当日は楽ランのメンバーの皆さんに合流させていただいて、8月8日にはいよいよFURE★AIの皆さんと大阪城RUNを走る予定です。どんどん共走に目覚めていくようです!
 しかし・・・・・私の心配事は、そのあとのことなのでした。
 8月8日の大阪城RUNは、FURE★AIの主催者であるポポロン・ライダーさんはじめ皆さんにお気遣いいただいて、わざわざ土曜日の企画を立てていただいたのですが、通常 メンバーの皆さんは日曜が都合のよい方が圧倒的に多いのです。当然ですよね。日曜日に仕事がある自分は、せっかく今こそ「みんなで走る」ことの楽しさに目覚めても、どうやってそれを継続していこうか、この悩みにずっと押しつぶされそうになってました。 
 食欲がなくなってたり、眩暈がして危ない思いをしたり、どうやら自分で思ってたよりもその悩みが重たくて少々変調をきたしてたようです。

 そんな折、私が働いているコンビニでささいなことからアルバイトさん同士の諍いがあり、唐突に主力メンバーだったスタッフが辞めてしまうというトラブルがありました。
 それを機会にオーナーも「コスト削減のためにギリギリの人数しか採用しない」という方針を改め、今度は一気に4人も新人を採用することになったのでした。
 そんなわけで今はちょうど新人を含めてシフトを組み直すいいチャンスです。今日、思い切って「今後は日曜日は休みたい」という相談をオーナーに切り出したところ・・・・。
 てっきり断られるかと思っていたのですが、なんとスンナリと了承がもらえたのでした!!もちろん突然というわけにはいかないので、8月からではありますが。
 しかし、これで私も8月からは晴れてラン友さん達と気兼ねなく走りにいけるようになりました!!
この嬉しさったら、筆舌に尽くしがたいとはこのことです・・・。

 てなわけで、本当に今日こそは心軽やかに走ることが出来ました^^。タイムなんて関係ない!これからもっと走りを楽しんでいこうという気持ちになれた、リ・スタートのランとなりました。

テーマ : RUNの記録 - ジャンル : 趣味・実用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。