スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あと一ヶ月は休息を

 先週整形外科に行ってからほぼ一週間なので、言われたとおり今日も行って来ました。

 数日前のランニングクリニックで疼いたところに予め印をつけて行ったところ、やはり腸頸靭帯炎であろうという先生の診断でした。走らないと嘘のように全く痛まないところもそれに当てはまるらしいです。

 私の実感ではここ2週間ほどほとんど走っていないおかげで確実によくなってきていると思うんですが、先生の判断では中途半端に治りかけたところで走り始めてまた繰り返してもきりがないので、今しっかり治しましょうという考え。よって、あと一ヶ月ほど走らないようにと言われました。一ヶ月後にまた診察に行きます。

 先生によれば、腸頸靭帯炎というのはちゃんと治るものだそうです。事実、筋トレをやっている先生自身も、腸頸靭帯炎を克服したそうで。それを聞いて、しっかり治したほうがいいと私も思いはするのですが・・・。

 なんだか気が抜けてしまいました。今日は「もう走ってもいいでしょう」と言われると思って行ったのですが・・・。自分は走らないんだと思うと、不思議と他のことまでやる気がなくなってしまう感じです。

 心肺機能の維持にサイクリングを勧められましたが、正直ピンとこないです。自転車をこいでいるだけで、酸素を取り入れる力が強くなる練習になるのでしょうか??街中をビュンビュン走って事故に会わないか、それもちょっと心配だし。

 なんだかやる気のでない気分です、今・・。
スポンサーサイト

テーマ : ボディケア - ジャンル : ヘルス・ダイエット

体型に変化??

 『ランナーズご飯』、まずはざっと読んでみました。
 私の性格が分かりそうなものですが、この本に惹かれた一番の理由は実はレシピではなく、レシピ考案者&執筆者の女性が、最初はダイエット目的で一から走り始めてから現在に至るまでの経験を、エッセイ風に綴った文書のほうに興味があったからなのです。
 なので「ざっと」読んだというのは、エッセイのほうばかり読んで肝心のレシピについては飛ばしているという意味なんですね^^;。
 だって、『ランナーズご飯』というタイトルから想像していたのは、走り終わってくたくたになっていても、簡単に作れて尚且つ栄養満点料理!っていうのだったんです。いや、もちろん簡単で栄養満点なのは期待どおりでした。でもでも・・・・掲載されている出来上がりの写真を見ると、ものすごく豪華で立派な一品で、、これを2時間半かけて走り終わったあとに作る自信は・・・・。(正直言うと、走ってない日でもワタシこれ作るの尻込みしちゃいます。それくらい素敵な料理なんです。お料理が好きなランナーの方は、ぜひぜひ作ってみてください^^。)

 しかし、そんな料理ヘタレ(いやそれ以前に走りヘタレでもありますが)な私も、この本の刺激もあっていよいよ『走る身体に良い料理』に目覚めつつあります^^☆。
 しっかし、上記のとおりレシピを見ただけで頓挫してしまう私が、「身体にいい料理」なんて出来る訳なかろう!その通り、正解です。ぢゃあ、「身体に良い料理に目覚めました」ってなんなのさ??

 はい、正直に言いましょう。料理はちょっとハードル高かったので、「走る身体に良い栄養素を含んだ素材を積極的に食べる」ことにしたのです。
 ジョグノートに連載されているコラム『走るなら食べよう』でも、第2回目の記事の最後の締めくくりには
10日間続けるだけでも、体は必ず応えてくれます!」
とあるのですが、実は私この言葉にすごく刺激を受けました。たしか人間の身体を構成する細胞などは、全部が新しい細胞などに新陳代謝で入れ替わるのに半年ほどだと聞いたような記憶があります(うろ覚えなので、ご存知の方がいましたら訂正してください^^;。)同時に、食べて身体が新陳代謝するというのは、単純に栄養素が身体に吸収されてそう作用するというものではなく、肉なら肉、野菜なら野菜というまさに食べたそれそのものが、身体を作る材料になるということも知りました。
 ですから、漠然と日常のご飯を粗末にしていて「サプリで栄養取ってるから大丈夫」という訳にはいかないのですね。もちろんサプリで補助するのはいいことだと思いますが、身体を作る材料が潤沢で良質であることが「良い身体」の一番の条件です。
 どうやら、半年も頑張って食事に気を配ることを継続しなくても、10日間程度でも何かは変わるらしい??そしたら、本当に身体が変わるかどうかやってみたら面白そう!!

 で、私が最近心がけていることです。
 まず、『食べているものそのものから身体は出来ている』。これを一番肝に銘じて、ケーキ類・お菓子類は止めました。当たり前ですが、生クリームやらバターからは身体は出来ていません。それは口直し程度に食べるものであって、食事ではない!コンビニで仕事をしていてつい誘惑に負けて、菓子パンやケーキをランチの一品にしてしまう私には、これが当然の第一歩。
 第一歩がこれまでの食生活からマイナスすることでしたが、次はプラスすることをやってみました。
まずは朝食に、バナナのプレーンヨーグルトあえを食べ始めました。ヨーグルトは一応気を使って、無脂肪タイプです。更に、膝痛が良くなるようにとの祈りも込めて、カルシウムとたんぱく質をもっと取れるように、朝のブラックコーヒーを無脂肪牛乳に変えました。冷たいのはイヤなので電子レンジで暖めて飲んでます。
 朝からバナナヨーグルトを増やし、ノンカロリーのコーヒーから牛乳にしたんじゃあカロリーオーバーで逆に太るんじゃないのか・・・とも思ったのですが、どうやらそうでもないみたいです、むしろ逆に、ヨーグルトを食べた早速次の日は出すべきものがどっさり出てビックリ!決して便秘気味ではなく、普段から1日2回ほどはお通じがありましたが、更にその上でお腹のどこかしらに溜まってたものがしっかりキレイになりました^^。
 で、更に次の日だったか、牛乳も始めてみたらこりゃまたビックリ。よく牛乳を飲むとお腹がゴロゴロする人がいるといいますが、私はそんな体質じゃなかったのに今回はそれでした。恐らく数年ぶりに牛乳を飲んで、一過性でお腹がびっくりしたのだと思います。これもまたお腹がスッキリして、その1度だけであとは全くゴロゴロはありません。

 ランナーが取るべき栄養ということでjは、鉄分もよく言われますよね。なので今日は久しぶりにひじきを作ります。もともとひじきご飯が大好きなので、これは以前から日常の献立に入れていました。

 更に、『ランナーズご飯』でも玄米が薦められていたので、今日はスーパーで買ってきました。最近よく聞く、白米にさーっと混ぜて炊くだけっていうタイプです。私が今日買ってきたのは、玄米のほかに数種類の雑穀が入っているとかいうタイプのものです。雑穀を食べると何がいいのか実は全然知りませんが、どうやら発芽玄米がメインのようなのでこれで試してみます。

 もうひとつ、我ながら良い目のつけどころだと思った食材を試してみます。
それはゼリーです。寒天とかこんにゃくのじゃあないですよ。ゼラチンから出来ているゼリーです。これも膝痛の対策を考えて思いつきました。多分膝痛がこれ以上起こらないために一番必要な栄養素はたんぱく質、カルシウムではないかと思いますが、膝の軟骨も擦り減るのをできるだけ減らしたい。軟骨を作っているのはコラーゲンらしいですが、ゼラチンってその70?80%くらいがコラーゲンなのだそうです。鶏の皮などでもコラーゲンは取れますが、脂が気になってたんですよね?。これは我ながら良いものに気がついたと悦に入っています。早速さっき缶詰のフルーツをゼラチンに入れて、冷やし固めているところです。

 とまぁ、これから食べ始める予定のものも含めてざっと書いてみましたが、「食べてるものから身体は出来てる!」と意識して工夫しはじめてから約1週間、いや、まだ数日・・・。昨日1週間前に出張に出かけたダンナが帰ってきましたが、駅に迎えに行った私を見て「痩せた?」と聞いてきたではありませんか^^!!おお、やった?♪。怖くて体重計には乗っていませんが、実は我ながらウエスト廻りのくびれ、そして太腿が違ってきていると感じていたのです。所謂「6パック」と言われる割れた腹筋は、実は無理に筋肉を増やさなくても皮下脂肪を薄くすれば自然にその形が見えてくるんだそうですね。ここ数日の私は、6パックとはもちろん行かないですが、以前のようにうっすら腹筋の形が見えるようになりつつあります☆。

 10日間でも身体は変わるというのは、本当かも知れません。こういう即効性があることにはまっちゃうのです。

テーマ : 料理 - ジャンル : 趣味・実用

2つ目のガーミンGET!

 実は昨日、またまた大きな買い物をしてしまいました。
 それはGARMIN FORERUNNER405
そう、これは2個目のガーミンです。

 別に両腕に着けて走ろうってのではありません^^;。これ、ダンナへのプレゼントなのです。私のランニング狂にいつも嫌な顔もせず許してくれているダンナ様へ、せめてものお礼です。

 と殊勝なことを言っている割には、実はこれ、自分のガーミンを買ったときに比べると何かと割安に抑えさせていただいております。
 まずは、今回のは日本語版ではなく英語版です。ご存知のとおり、英語版だと日本語版よりも1?2万円は安く買えますよね。
 更にこれにはACアダプタがついていないらしく、充電はもっぱらパソコンからになります。
 しかし逆に私のガーミンにはなかったハートレートモニターがついているのです。実はこれに拘ったのでした。昔不整脈が出てからというもの、走りたいけれどダンナは自制していました。しかし最近、私が河内長野に参加したとき応援に来てくれたあたりからでしょうか、また走る距離を伸ばす練習を始めているのです^^!!そうとなれば、心臓の心配をしているダンナにはハートレートモニターがうってつけでしょう。

 ま、ACアダプタも日本語マニュアルも私のを一緒に使えば問題ありませんから、総合的にこれが一番我が家に合っていると判断してネットでポチリ。
 安く購入するための最大の工夫がこの「ポチリ」にありまして・・・・実はショッピングサイトで買ったのではなく、ヤフーオークションで落札したのです。
 そういえば既に以前、「ヤフーに入札した」と書いたことがあったかと思いますが、あのときは残念ながら終了10分前ほどにいきなり即決価格で落札されてしまったのです。それまでは私しか入札者がいなかったのに・・・。
 出品者は個人名ではありますが、どうみても素人ではなかったのでまた同じ出品があるだろうと狙っていたところやはりすぐに同じものが同じ価格で出品されました。そこでダメモトのつもりで今回も入札しましたが、今度は最後まで他に入札がなく、無事希望とおりの価格でGET!3万3千円です。

 明日には早速振り込まなきゃ。これでダンナもますます走るのが楽しくなって、いつか一緒にお散歩ランに出かけるのを期待しています。

テーマ : shopping - ジャンル : 趣味・実用

行ってきました!「エリック・ワイナイナ選手がレクチャー!ニューバランス ランニングクリニック」

 待ちに待った今日の午後、エリック・ワイナイナさんのランニングクリニックに行って来ました!
 場所は、豊中市 服部緑地公園です。仕事は12時ジャストで退社させてもらい、大急ぎで駆けつけました。職場のみんなのおかげもあって、無事集合時間までに行くことができました。

 時間は午後1時から3時までの2時間です。内容は、1時15分ごろから駅ビル内の会議室を借りて30分ほどワイナイナさんの簡単なトークショーがあり、その後走れる格好に着替えてから服部緑地公園に移動します。そこではストレッチした後にワイナイナさんと一緒に一周約500mの公園内コースを軽いジョグで2周。その後、参加者は3名ずつ並んで100mほど走り、それをワイナイナさんに見てもらってフォームについてのアドバイスを受けます。そして最後はお遊びで、ワイナイナさんに半周ほどハンディをつけてもらっての公園一周競争です。

 感想は、とにかく楽しかったということに尽きます^^。これはひとえにワイナイナさんの明るくて気さくでフレンドリーな人柄のおかげです。私はオリンピックメダリストが来るというのでなかなか緊張していたのですが、トークショーの部屋に登場してきた最初のときから、ワイナイナさんは見る人のこころにまっすぐ届くような笑顔でした。無理な笑顔とか媚びた笑顔ではなくて、ワイナイナさん自身がリラックスしてこの場を楽しんでいるような笑顔というのでしょうか。おかげで場内は最初からいきなり空気が温まり、実際ワイナイナさんのお話もとても面白く引き込まれて、あっという間にトークショーは終わってしまいました。

 その後がいちばんメインの、ワイナイナさんと一緒に走れる実習の時間です。日頃の行いが良いせいか(笑)、ここ数日の曇り続きの天気とは違って、久しぶりに爽やかな青空でした。緑地公園というところには初めて行きましたが、小型犬ならドッグランとして利用している人も多く、またゆったり散歩する人もたくさんいて、綺麗な公園です。
 最初はあくまでもウォーミングアップのジョグなので、ワイナイナさんもみんながついて行けるゆっくりペース(恐らく、7分?6分半程度?)で走ってくれました。おかげで私もほどよく身体が暖まり、ウインドブレーカーを脱いでいつもの長Tシャツとタイツ姿に。

 そのあとが、私が一番楽しみにしていたフォームチェックです。
 実ははるか昔、まだ東京に住んでいて一人で多摩川沿いをちょこちょこ走っていた頃、地区の催しで元オリンピックマラソン選手の某氏を講師に招いて、一人ひとりのフォームをビデオに撮ってアドバイスしてくれるという素晴らしい企画に参加したことがあったのです。
 しかしその当時は今以上に「長距離を走る」ということが分かっておらず、今思えば絶対にそれじゃ何十キロも走れないだろうというダッシュ走りのようなフォームを披露してしまったのでした。案の定、講師の方のアドバイスは「そんなに膝を上げないで走りましょう」というもの。そりゃそうですよ。今思い出せば我ながら、まるで腿上げのような走りだったんですから・・・。変に張り切らずにいつもゼイハア言いながら走ってるままを出したほうがよっぽどためになったのに、もったいないことをしたもんです。
 ・・・という反省があったために、今日ワイナイナさんに見てもらうのは「いつものペース7分のドタドタ走り」と決めていました。
 さて、どんなコメントをいただけたかというと・・・
「キレイです。まっすぐ走ってます♪」
と、嬉しいお言葉^^。しかし心なしか、3人並んで走った中の真ん中の私に向かってではなく、右隣を走った私とほぼ同じ歳くらいの女性に向かって語っていた気が・・・^^;。ま、そりゃあその女性の方は、若い頃からマラソンをやっていてフルのレースも昔は結構参加されていたということ。今は仕事が忙しくて一旦練習が途切れていたのだけれど、また最近は10kmレースから始めているという方ですから。
 思い切って、自分のフォームで一番気になっていることを聞いてみました。
「お尻、落ちてませんか?」
 するとワイナイナさんは、
「大丈夫です。疲れてくると腰が落ちるけれど、そういう時は腕振りしてください^^。自分の前にあるロープを引っ張るつもりでね。」
と、OKを出してくれました。やれやれ、ちょっと嬉しいぞ♪。ただ安心してはイケマセン。ワイナイナさんの仰るとおり、腰が落ちてくるのはしばらく走って疲れてきたとき。今日みたいに走ってすぐは大丈夫でも、長く走るときには今日のアドバイスを忘れないようにしないといけません。

 最後はお遊び要素を入れて、ワイナイナさんと競争です(笑)。参加者は自己申告制で、レース経験者と全くの初心者のグループに分かれて、それぞれ公園内を一周。参加者の先頭走者が約半分のところまで来たら、ハンディをつける意味でそこからワイナイナさんが走り始めます。果たしてワイナイナさんに勝てるのか??

 もちろん私は勝てるわけありませんが(笑)、それより悲しかったのは参加した「レース経験者組」の中でも、着順が最後の数名だったことです(泣)。いや、自分が遅いことは自覚してましたが、ここまで遅いとは・・・。終わったあとは軽く(いや結構マジで)凹みましたよ。ま、それもいい経験です。自分のレベルを知るというのは大切なことですから。 その後はクールダウンの意味で、みんなで公園を軽く2周。公園に移動してきてから、最初にワイナイナさんがランニングウェアに着替えて公園に現れるのを待っている間、寒さしのぎにゆっくり2周ほど走ったのを入れると、今日の走行距離は3kmくらいということになりますか。
 
 最後は一人ひとりワイナイナさんのサインを手渡してもらって、ツーショット写真を撮ってもらいました。これは明日以降、企画元の阪急イングスに行けば無料でいただけるそうです☆。

 今日の目的は、上にも書いたとおりまず何よりもワイナイナさんにフォームチェックしてもらうことでしたが、密かにもうひとつの目的が。
 それは、走ってみてまたまた膝が痛くなるかどうか?痛くなったら、どの箇所が痛むのか?これを確かめる目的です。痛んだ箇所を忘れずに後日医師に申告するために、膝に赤丸をつけるためのマジックインキも持っていきましたから(笑)。
  
 結論から言うと、調子よくなってます^^!!走り始めても全然違和感などはなく、むしろ青空の下を久しぶりに走って気持ちいい?♪。しかしかすかな違和感が出てきたのは、やはり「ワイナイナさんと競争」の後、クールダウンに走り始めてすぐでした。
 思い起こせば一番最初に膝の激痛(最初だけは、グギッという感じの激痛でした)を感じたのは、今月の初めにダンナと一緒に船場の街をダッシュした後の帰りの電車の中でした。どうやら、短い距離であっても思い切りのスピードで走ると、後から痛みが出てくるようです。
 みんなでクールダウンで走っているときに、いよいよあの何とも言えない違和感を右膝横に感じたときは、「いよいよ来たか・・・」とザワッと来ました。しかし今日はみんなで一緒に走っているし、何より私自身がもう少し走りたい・・・。いよいよダメになるまでしばらく走ってみよう。
 と決めて、膝の痛みに気を配りながら走ってみたところ、今日は嬉しいことに違和感がそれ以上の痛みという感覚に変化することがありませんでした。もっと嬉しいのは、クールダウンの後は一人ずつサインを手渡ししてもらって流れ解散となりましたが、走り終わってサインを渡してもらうのを並んで待っている間、既に膝の違和感は消失していました!!今までだったら、走るのを止めて歩いて帰る途中も、あるいは家に着いて腰を下ろしたあとも、しばらく痛みは続いていましたが、今日は走るのを止めたら痛みもほぼ同時に感じられなくなったのです。まぁ走った距離は1kmを3回ほど走っただけなので大した負荷ではなかったせいかも知れませんが、それにしても自分が怖がっていたよりは上出来です。
 もしかしたら、私の膝痛は単純に疲労のせいであって、1?2週間ほど走るのを休めば自然に治るものだったのでしょうか?勝手な自己判断はやめて、来週の火曜に医師に今日の様子を報告して、また診察してもらいます。

 しかし、懸案の膝痛にひとまず安堵すると、帰りの電車の中ではまたしても人一倍遅いことにムクムクと悔しさがこみ上げます。
 速くなるのに王道なし。ただひとえに練習するしかないのは分かっているのですが、ついショートカットを探したくなって帰りに本屋さんでランニング関連の本を漁ってみました。
 いろいろと買ってみたい本はあるのですが、結局は自分が実践するかどうかが問題であって、本を買って速くなるわけではありません。そう自分に言い聞かせて帰ろうとしたのですが、目に留まった本がありました。
 
         『ゆっくり走って、しっかり食べて、やせられる ランナーズご飯』 
              谷川真理 監修  沼口ゆき 著  講談社   


 これ、某ランナーさんのブログで紹介されていたので気になってたんです。ちょっと膝が痛いのを経験して、身体を作ることも走るのに大事なことだということを感じ始めていたので、買ってしまいました。さっそくこれから読もうと思います。

 それにしてもワイナイナさん、めちゃくちゃ爽やかでかっこよかったです?^^。いっぺんでファンになってしまいました!

テーマ : 今日の出来事 - ジャンル : 日記

自分も医師も信頼できていない・・・

 一昨昨日(さきおととい)の火曜日、一週間ぶりに走りに出かけ、4km過ぎで膝が痛くなり、一昨日の水曜日、近所のスポーツ整形医院に診てもらい、あと一週間走らないように言われ、それから2日経った今日、金曜日。

 昨日と今日は、仕事でコンビニの中で立ったり走ったりしています。(ま、走ったりといっても店内を移動するだけですが。)
 急にお客さんが来て慌ててレジに走っていった後などは、まぁ多少膝または膝廻りが痛い。「痛い」と言っても、「あたたた!!」と叫んじゃったり顔をしかめちゃうような急激な痛みではなくて、言ってみれば「疼く」という程度であります。または、今までの痛みの経験で似たようなのを記憶を探ると、痛み始めたばかりの筋肉痛という感じです。激しく動いた翌日あたりの「イタタタ?ッ」というような分かりやすい痛みではなくて、疲労した筋肉が熱を持って膨張し、張った感じがしているときのような、じわ?っとした痛みに似ています。

 やっかいなのは、こうやって日常生活の中の負荷で感じる痛みと、走ったときに感じる痛みとは、痛む箇所が違うのです。しかも私の場合、よく他の方が言われているように「歩けない」「足が前に出ない」「激痛」といったような、いわば溜まりに溜まった疲労が大爆発したような激しい症状ではなく、むしろ我ながら「こんな軽微な予兆で『痛い』と表現して騒ぐのは如何なものか・・」と思ってしまうような、ごくごく軽い段階での痛みです。なので、一晩寝て休息し、痛みを感じなくなると、昨日は一体どこが痛かったのか、記憶に残しておくことができません。

 早いうちから病院に診てもらったのだから幸いだとも言えますが、逆に自分の中ではこの痛みの軽さのためにまた悶々とするのです。
 インターネットでいろいろな方の経験談を読んで、そのどれと比べても私のように「休んで痛みが消えると、どこが痛かったのか分からなくなる」などと書いている人はいません。こんな曖昧なことでは、当然整形外科の医師も診断に困りますよね。なんだか自分が周りの人を巻き込んで事を大げさにしているような気がしてきたりして・・・。「本当はこの程度の違和感やわずかな痛みは、どのランナーも毎日感じているけど健康の範疇として黙っているだけなんじゃないか・・」とか思ったりします。

 痛みは、完全に自分ひとりしか体験できないもの。他の人とその程度を比べることなど出来ません。ですから、自分が痛いと思うならそれは痛みなのでしょうが、今まで経験してきた内科的な病気の痛み、あるいは捻挫のような気質的な痛みと決定的に違って、走るという動作さえしなければ痛みが消えてしまうのです!痛みが再現できない。まるで、自分が痛みで辛かったことさえ信じられなくなるくらい、きれいさっぱりいつもの足になります。

 このことが怖いです。なんだか自分が仮病をつかっているみたい。どこまで自分を病人(というのは大げさですが)扱いすればいいのか、もっと他の人のように激しい痛みに苦しんで紛れもなく『自分は足が悪い』と自信をもって(?)言えるようになるまでは気にしないほうがいいのか?

 来週の火曜日、また整形の医院に行って経過を診てもらいます。といっても、そこはMRIはなく靭帯や軟骨は診ることができません。医師に言われた通りに走るのを止めて診て貰っても、痛みの再現もないのに何が分かるのでしょうか?大変申し訳ないですが、まだその医師のことをあまり知らず信頼しているとは言いがたいです。
 しかし専門医ですから、何か考えや治療の目処があって指示しているのだと思います。いや、信じたい。ですから、今は気持ちを抑えて、次の診察を待つことにしています。

テーマ : ボディケア - ジャンル : ヘルス・ダイエット

刺激の強いことばかり

 先に書いた記事と時系列的には前後しますが、今日の朝一番で近所のスポーツ整形外科医院に行って来ました。

 本当は、プロスポーツチームドクターもやっているという、地元ではとても評判のいい医院に行きたかったのですが、なにせそれだけ高名な先生だけに予約を取るのが半端ではありません。一番早い予約でなんと4月13日と言われてしまったのです!
 まぁ私の膝痛なんてそれほど急激なものでもないので、これから約2、3週間待とうと思えば待てるのでしょうが、一体その間の練習はどうしたらいいのだろう??コーチや監督がいるわけでもなく(我が家の専任監督であるダンナは、過去の自分の経験から1ヶ月半くらい走るな!と言いますが、そんなに走らなかったら私は間違いなくまた5km走る練習からやり直しですよ)、相談できる人が身近にいません。インターネットなどで調べたり、あるいは掲示板に相談を書き込んだりはできるかも知れませんが、故障のことばかりは実際に見てもらわないと多分誰もたしかなことは言えないですよね。
 
 となると、そこまで名の通った先生ではなくとも、まずは痛みが出た今 タイムリーに診てもらえる専門医のほうがファーストチョイスではないかと。そこで改めて市内の「スポーツ整形」医院をインターネットで検索し、「トレーニングについてもアドバイスいたします」という文言が書かれたHPを開いている医院へ行って来ました。

 きっとどこの病院でも同じだと思うのですが、最初に簡単な問診を行って、次にベッドに寝かされて足を触られます。曲げたり伸ばしたり、押したりしながら「ここは痛いですか?」と患部を確認されます。
 だけど・・・・他のランナーのブログにも書かれていましたが、走っている最中 痛みがあるときは明確に「ここが痛いです」と言えるのですが、帰宅して休み、一晩寝て起きてからだと痛みが分からなくなってしまっているのです。「走っていないときには痛くないのだから、医者に来るほど大したことはない!」と言われそうですが、では走るのを止めても痛みが引かなくなるほど悪化するまで医者に来ないのもおかしいですし。
 そんなわけで、先生には申し訳ないのですが、あくまでも今日の膝の状態で「ここは痛い、痛くない」を答えるしかなかったのでした。

 やはりそれが曖昧だったのか、先生の見立てでは「半月版損傷」か「腸頸靭帯炎」のどちらか、あるいは両方だろう、という話でした。(もっとも、初心者ランナーであればこれはとてもポピュラーな症状ということらしいので、これだけではまだ何も始まっていないとも言えるのかも知れませんが。)そこでもっと詳しく調べるために、右膝を正面と横からレントゲン撮影し、その結果を見ながら再度診察を受けました。

 レントゲンで生まれて初めて分かったこと。私、右膝がO脚でした!!子供の頃から周囲の人には「X脚だね」と言われていたのでそう思い込んでいましたが、それはどうやら単に内股気味だったということのようです。実際には私の右膝から下の骨は、太腿部との接地面から直角に脛の骨が伸びているのではなく、微妙に角度がついて内側に伸びていたのでした。だから自分では真っ直ぐ立っているつもりでも、右膝関節は右側にやや張り出しており、そこが腸頸靭帯と擦れて痛みだしているのでしょう。納得!!

 更にもうひとつ分かったことです。
 先生には最初の問診の際に、
「3月上旬に船場で思い切り走った後に激痛が来たのが最初。」
「その後痛みは治まったけど、東三国まで10km走ったときにまた痛みが来た」
「一週間後の昨日走ったら、4kmで痛み始めた」
ということを伝えたら、
「10kmで痛み出したものが、次には4kmで痛み出したのなら、良くはなっていない。悪くなっている。」と言われてしまいました。結構ショックでした・・・。東三国のあと、一週間休んでたのに効果はなかったらしい・・。

 いずれにしろ、今のままでは半月版か腸頸靭帯か、どちらが本当の原因だか分かりません。なのであと一週間、走るのを止めてまた診察に来なさいという指示をいただきました。(あっ、土曜日にランクリに行くという話はちゃんと先生にしてありますよ^^;。)
 一週間走れないのか・・・。私の顔がやや曇ったのを見て取ったか、先生は、「1週間くらいなら心肺機能は落ちないから大丈夫。」と付け加えてくれましたが、その言葉がまた私には不安・・・^^;。「一週間なら大丈夫」って、じゃあそれ以上なら心肺機能は落ちちゃうんだろうか???

 たぶん私の症状なんてごく軽いものだと思いますが、何もかもが始めての経験で周りに相談できる人もいない自分には、そんな先生のごく軽い一言が結構刺激強いんですよね・・。

 先生曰く、「腸頸靭帯が原因なら、休んで筋肉を柔らかくすれば治るけど、半月版ならずっと休んでいても治らないから・・・」。怖っ!!私、いつまで休むことになるんだろう・・・。

 先生に伺ったところ、もし足に負担をかけずに心肺をトレーニングしたいのであれば、スポーツ自転車がいいとのことでした。めちゃくちゃ安物ですがダンナのサイクリング車があるのでそれを使おうかな・・・。だけど、何キロ何時間くらい走ればいいの?負荷って、どうやってどのくらいかければいいの?これもまた分からないことだらけですよ。

 せめて不可逆的な半月版損傷ではありませんように・・・。

テーマ : ボディケア - ジャンル : ヘルス・ダイエット

ランニングクリニックでフォームチェックします

 さっき、大阪 梅田にある阪急百貨店イングス館で、これに申し込んできました。

  『エリック・ワイナイナ選手がレクチャー!ニューバランス ランニングクリニック』

・・・・て、ありゃ。阪急イングスのウェブサイトにリンクを貼ろうと思ったら、もう3月開催イベントの分は出てこないですね。

 開催日は3月28日(土)。場所は、豊中市の服部緑地公園です。最近はこういったランニングクリニックに出てみたくて、いろいろと探していたのですが、大抵のイベントは土曜の午前中か日曜日。どちらも私の仕事とぶつかります。なので諦めかけていたのですが・・・・。

 このイベントは運よく、土曜の午後1時からです。これなら仕事が終わり次第ダッシュで駆けつければなんとか間に合いそうです。

 これに参加してみようと思った一番の理由は、どうやらフォームチェックも内容に盛り込まれているらしいから。自分が走っている姿を、車のショールームのウィンドゥに映して見たりしてはいますが、やっぱりどんな大きな窓でも走って通り過ぎればほんの数秒ですよね。おまけに顔は不自然に横を向いているので、肝心の前を向いて走っているときの上半身の姿勢がよく分からないし・・・。

 ま、参加費2000円で2時間のイベントなので、それほどタイソウな期待を抱いてはいけないと思っています。が、いつもひとりで走っている私には、その道を極めた選手に見てもらえるというだけでも特別な出来事なんです!

 以前、同じくイングスのイベントで金 哲彦さんが講師になられるランクリの募集を見つけたことを書いたかと思いますが、それはあっという間に満員御礼になっていました。まぁ金さんといえば、数多くのランニング教則本を執筆し、それがとてもツボを押さえた内容で、一種カリスマ的な存在になりつつあるかと思います(って、言いすぎでしょうか?)。ですから金さんのランクリがすぐに満員になるのは、簡単に予想がつきますよね。
 今回私が申し込んだワイナイナ選手のランクリは、正直私にとってはピンと来ませんでした。もちろん選手としては超一流で間違いないのですが、だからこそ初心者向けの指導にはレベルが高すぎる内容をレクチャーされるんではなかろうか??でも、せっかくの土曜の午後です、フォームチェックです。これを逃したら、次のチャンスはいつ来るか・・・。これは行くしかないでしょう^^。
 そうと決まれば、「25日から受付開始」とイングスの会報紙には書いてあります。なんとなく金さんのときの経験でイヤ?な勘が働き、『これは25日の午前中、朝いちで申し込みに行こう!』と決めました。

 しかしあいにく25日の午前中は、ここしばらく気になっている膝痛を見てもらうために医院へ行く予定にしていたのです。しかも運悪く、水曜日は午前中しか診察がありません。おまけに木曜日からは仕事があるので、行くなら25日の午前中しかない!
 そこで24日の午後、ダメモトでイングスに電話してみたのでした。
「28日のランクリに申し込みたいのですが、イングスまで行かないとダメですか?電話ではダメですか?」
「はい、お申し込みいただだいたらその場でお渡しする書類などありますので・・・」
「では、明日の午後必ず伺いますので、とりあえず1名分を確保しておいていただくことはできませんか?ちなみに『イングスニュース』を見た者ですが。」
「はい、それであれば1名様分はお取りしておきます。ではお名前を・・・」
 こんな会話の進行で、かなり強引だったかも知れませんが1名分をGET!運が良かったのは、会報紙である『イングスニュース』を見た参加希望者のために、5名分の枠を用意してくれているという企画だったからなのです。(この会報紙は職場の同僚がくれました。ありがとう!!)

 という経緯を経て、今日の午前中はスポーツ整形外科の医院へ行ったあと、すぐにイングスへ向かい申し込みを済ませてきたというわけです。
 ここでもまた驚いたのは、イングスで申し込みを済ませたのはたしか午前11時ごろだったと思いますが、その時点でほとんど満員だったということです!スゴイ・・・。ランクリはじめ、こういった催し物はすぐさま申し込まないといけないんですね。学習しました!

テーマ : 今日の出来事 - ジャンル : 日記

謙虚、感謝

 9時のNHKニュースで、WBC決勝戦で日本が勝ったニュースを報じています。試合後、イチローを始めサムライジャパンの選手たちのコメントが流されていました。

 それを見ていると、「ありがたい」とか「自分は運がいい」といったような、謙虚な発言をする選手が結構いることに気がつきました。
 もちろん日本代表に選ばれるトップアスリートですから、「運」以前の努力や練習量は並々ならぬものがあることが当然ですし、その自信がまずありきの発言には違いありません。しかし優勝という栄誉ある結果を、自分の力に帰せしめて当然という意識ではなく、まずチームありきでそこに参加できた自分は幸運であるという発想こそ、逆説的ですが一流選手の強さの源であるような気がします。

 そういえば今年の箱根駅伝で優勝した東洋大学も、監督はじめ選手のみんなが、「走れることに感謝しよう」と誓って本番に臨んだというエピソードが披露されていましたね。私は仕事で見ていなかったのですが、最後にゴールした瞬間、歓喜や胴上げではなく全員で深々と礼をしていたのを覚えています。

 この「感謝」という謙虚さは、私が思っているよりもあらゆるスポーツで力があるような気がしてきました。単なるスポーツマンシップとかあるべき精神論ということではなく、もしかしたらサムライジャパンや駅伝チームを本当に優勝させてしまうような、優れたパフォーマンスを生み出す「力」が、「感謝」にはあるのかも知れません。そのメカニズムはもちろん、実証だってまだではありますが。

 マラソンをやっている人のブログを読むと、よく「走れることに感謝」という言葉が出てきますね。あの言葉の意味というか、あの言葉が自然に出てきてしまう心理というのが、私にも少しずつですが分かるようになってきました。
 とは言いながら、正直な話、東京マラソンに参加できた人の話を読むと「羨ましいなぁ?」と少し妬ましい気持ちになったり、サムライジャパンがこんな劇的な勝ち方をすると「私もその場にいたかったなぁ?」とこれまた自分が不運な気分になったり、およそ謙虚とか感謝には程遠い心持ちですが。

 素直に謙虚に感謝できる心に自然となるには、当然でしょうがまず自分のすべきことを厭わず積み上げていくことですよね。凡人なりに、自分の壁から逃げないで立ち向かうこと。この苦労を超えることが出来たなら、きっと素直に感謝できる心になっていそうな気がします。

テーマ : ひとりごと - ジャンル : 日記

skinsを履いて走ってみました

 skinsの感想、まだ長い距離を走った経験を書いていなかったと思います。
 今日はそのつもりでskinsを履いて20km走るつもりだったんですが、既に書いたとおり4km過ぎで帰ってきてしまいました。ですので、長距離ではないのですが一応「履いて走ってみた感想」を書いてみようと思います。

 skinsを買うときにお店の人に言われたのは、skinsが足にいい理由としては筋肉の細かな揺れを押さえてくれるために疲れにくいという理屈でした。それって走っているときの感覚を思い出すと、なんだかなるほどという気がしてきませんか?少なくとも私は、着地したとき足にかかる全体重を足の筋肉が支えてくれているから、それをサポートしてくれるのは効果がありそうに感じました。

 今日は実際に履いて走ってみましたが、サポート力が強いからといって、走っている最中明らかに違う!とか楽だ!ということはなかったです。
 でも、帰宅してから改めてラップ内ペースを見ると、いつもなら7分強かかるのに今日はなぜか6分半程度なんですよ。全然速く走っているつもりはなかったですが。

 skinsを履いていたからなのか?それとも多少練習の成果が出てきたのか?う?ん、これは今日の経験だけではどっちかなんて分かりませんよね^^;。
 ただ率直に感じたことだけで書くならば、『別にskinsを履いたからといって、速くなるわけではない』ということです。まるでレーザーレーサーを着ると水泳のタイムが一気に早くなったように、skinsを履くとまるで空気抵抗がなくなってスルスルと風を切って走っていけるとか・・・^^;、そんな超人的な効果は、少なくとも履いている感覚では無かったです。

 やっぱり己の肉体にしか王道なし!ってことですね。

テーマ : 実用・役に立つ話 - ジャンル : 趣味・実用

春を感じたRUNでした

 今日は寒いといいながらも、やっぱり春は着実に近づいています。走っていると、日陰に入ったときはさすがに肌寒いときもありますが、日向ではぽかぽかと日差しを感じます。
 膝の痛みから歩いて引き返すことを決めた復路は、意気消沈してどんどんとマイナス思考に傾いていきそうでしたが、なんかこんなことくらいで自分を哀れんでいるのって滑稽でしょ。気分転換にちょっと目にとまった風景を撮ってきました。

s-DSCN0212.jpg

s-DSCN0213.jpg

 いつも走る道沿いの民家で、こんなプランターを育ててました。ひっそりと存在してますが、真っ赤なチューリップが一本すっくと咲いているのを見ると、花にも意志があるようでちょっと元気がもらえますよね^^。それに添えられているかのように、横にはバランスよく低く咲いた白い花もあって、偶然ですが絵になってます。

 さらにもう少し行くと、いよいよ今の季節を代表する花が咲いていました♪。

s-DSCN0214.jpg

 言わずと知れた桜です。大阪の桜開花予定日は3月25日、つまり明日らしいですが、基準木よりも日当たりが良いところに根付いた木だったりすると、この写真のように既に5分咲きくらいにはなってるんですよね。本当はもっと近づいて撮りたかったんですが、この頃はもう膝の痛みがいつまでも消えないので辛くて、あまり他のことに気が回っていなかったみたいです^^;。

 そして極めつけは帰宅後のシャワーですよ。ふと自分の左手首を見ると、なんと今日のたった1時間でガーミンの形に日焼けしているではありませんか・・・びっくりです!皆さん、まだ3月だからって舐めちゃイケマセン。もう日焼けは始まってますよ?。

テーマ : 今日のランを振り返って - ジャンル : 趣味・実用

腸頸靭帯炎の疑い

7.73km 1時間6分58秒39
 今日の記録は、4.17kmと書いたほうがいいかも知れません。4.17km地点で、またまた右膝に痛みが出現したのです。大事を取って、そこから歩いて帰ってきました。

 今日のコースは、前回のリベンジを誓って東三国へのコースです。いつものように県道14号線を新大阪方面に向かって走り出しました。
 走る直前にストレッチしているときから、今日は左の腿裏にやや筋肉が伸びていないような違和感を感じていました。案の定、走り出して1kmくらいでそこに軽い筋肉痛のような痛みを感じましたから、「今日は左のハムから疲労が来るのかな。」と、そう予想していました。

 たしかに、前回東三国まで走った時は、右膝に痛みが出るまではものすごく好調だったのです。全く疲労感はないし、身体全体の筋肉をうまく使えて推進力を得ている感覚も感じることができました。(ところが、折り返し地点で突然痛みを自覚するのですが・・・。)さすがに今日は、そのときと比べるとやはり身体が走る感覚を少々忘れているところがあるのでしょうか。以前のように足だけで走っているような感じ、また多分上半身に変な力が入っているのか肩が凝ったりと、少々ちぐはぐな感じではありました。でも、それはよくあることです。いつものようにそれに囚われすぎないで、走っているうちに自然と身体がバランスを取ってくれるようになるのを待つつもりで走り続けます。

 ・・・・と、ふと右膝のお皿が曲げ伸ばしをするたびにギクギクとした感触です。この前は膝の横だったのに、今度は半月版か何かかなぁ?なぜか自分はこの時点では、ほとんど慌てたりびっくりしたりせず、こんな風に結構冷静に考えながら、「走っているうちに直るだろう」と何の根拠もなくそう信じて走り続けていました。
 しかし大して数百メートルも走らないうちに、次には右膝のお皿の横がやはり痛み始めたのです。痛み方は前回と同じく、ギクッ、ギクッとする感じ。最初はほんのかすかな痛みで、それを意識するのはまるで遠くの音に耳を澄ますような感じで感覚を注意して向けないといけないくらいなのですが、「まさかまだ4km、大丈夫だろう」と走り続けているとどんどん鋭い痛みになってくるところも、前回と同じです。

 もう本当に、無理をしてはいけない。前回から1週間、膝は休んでいたはずなのにたかだか4km過ぎでまた痛み出すなんて、もう自分の気のせいだとか気にしすぎだとかで誤魔化さないほうがいいでしょう。

 幸いなことに、実はうちの近くにはこんなときに頼りになる病院があるのです。地元の人によれば、某プロスポーツチームのチームドクターをしている病院で、実際の見立てもかなり的確で頼もしいという話です。
 自分で勝手に決めつけてはいけませんが、症状がかなり思い当たることから、腸頸靭帯炎ではないかと思っています。どうやらオーバーユースがほとんどの原因であり、走らないことが基本のようですね。
 だけど、今日ももう1週間も走っていないのに痛みが出るわけで、休んでいる間に筋肉ってどんどん劣化していかないのでしょうか?靭帯炎が良くなるまでの間、出来る練習は何があるのか、それを教えて欲しいと思っています。そのためには一般的な整形外科よりもスポーツ整形外科の先生なら、ましてやチームドクターなら、何かアドバイスがあるかも知れません。
 これから早速予約がとれるかどうか、調べてみるつもりです。

テーマ : RUNの記録 - ジャンル : 趣味・実用

東京マラソン2009が終わって

 東京マラソン、終わってしまいましたね・・・。日曜日は仕事の私が、もちろん参加する訳ではないですし、直接の知人が出ている訳でもありません。しかしブログや掲示板を通じて、一方的に親しみを感じていた何人かのランナーの方が出場することになっていて、勝手ながら内心では『私の分まで頑張ってきて!』と応援しておりました。
 実は先週の木曜から今日まで、仕事&プライベートともなかなか忙しく、ちょうど東京マラソンのある22日を挟んでの数日間は全くパソコンに触っていませんでした。今日は仕事が終わり、ダンナが帰るまでに夕飯の支度をさっき終えて、やっと今こうしている状態です。
 ですからいつも拝見しているブロガーで東京マラソンに参加された方たちがどういう結果だったか、まだ詳しくはブログを読んでいません。さっき数人の方のをざっと見てみたところ、棄権したという取り急ぎの結果報告をアップされた方や、まだ東京マラソン前の日付から更新されていない方も。そんなわけで、気になってはいるものの待つしかない状態で、私の中の東京マラソンはまだ終わっていないような感覚です。

 さて、私自身のランのほうはどうかというと、残念ですが前回の更新からまだ走っていません。なんだか足の痛みにやけに過敏になっているようで、日常が忙しいのをいいことについつい走ることをためらって数日経っています。

 などとずるずると過ごしていたら、ズバリ東京マラソンの当日から、一気に気候が寒い頃に逆戻りし始めましたね!昨日、今日だけではなく、どうやら今週一杯は例年の気温にすら届かない予想気温らしい・・・。私が苦手な気候です。今までだらだらしてきたバチが当たったような気分ですよ。

 う?ん、東京マラソンに関しては、自分でも訳が分からないもやもや?のような気分が残ります。多分、私も参加したいんだろうなぁ!
 そうは思いますが、そのためにはまずは一歩一歩“ジョギング”から“マラソン”に近づけていく努力が、今出来ること。今必要なこと。
 そう思って、明日からまた心を入れ替えましょう!

テーマ : ひとりごと - ジャンル : 日記

走る男?

 「走る男」森脇さん、先週の放送ではいよいよ沖縄に上陸しました。実は私、いつが最終回か知らなくて、いつ終わるんだろう?とちょっとドキドキしています。
 でも多分、もう明後日の日曜に見る回が最終回ではないのかな・・・・?そう思うと、22日の「走る男」は絶対見逃せないと今からちょっと緊張です。
 
 この番組ももう終わっちゃうのかぁ。もっと早くから見ておけばよかった、寂しいよぉ?。そう思って、たまたまネットで「走る男」と検索したら、
 走る男?」という番組が始まるんですね^^。
 しかも、なんとロケは今日3月20日からスタート。その地がこれまた大阪と程近い京都だというのです。

 今度こそ最初からじっくり見ないともったいない☆。「走る男?」では、全国47都道府県を4700人の伴走者と走破するそうです。すごいな?!私ももし出来るなら一緒に走ってみたい・・・。

 ところで、「走る男?」になったら、なんだかスポンサーが増えてませんか?今まではmizunoだったけど今度はadidasがスポンサーですから、これからはadidasを着て走るのでしょうか?
 更に今度はauもスポンサーに付きますから、もう森脇さんはgarmin205じゃなくて携帯で距離測するのでしょうか??なんか最初の番組がヒットして、どんどん今風になっていくようですね^^。

テーマ : 最近のお気に入り - ジャンル : 趣味・実用

試してみました、ニラのなんちゃってカナッペ(?)

 なぜか昨日から、な?んにもやる気がでない私。ダンナが出張中なのをいいことに、昨日は残り物&家にある保存食材を適当に食べて終わってしまいました。
 
 しかし今日は、保温ジャーの中ももう空っぽ。そもそも昨日真面目にご飯の支度してないから、残り物すらない。んもう?、しょうがない、今日は何か作って食べなきゃ・・・(て、サイテーですね我ながら)。

 と、こんな風にご飯すらないときこそ出番なのが、『お米以外の主食を使ったレシピ』でしょう。うちのダンナは晩酌大好きな人なので、夕食のメニューに若干制限が出るんですよ。例えば、もし『親子丼』メインの夕食にしちゃうと、丼ものとビールや日本酒は合わないわけで、ダンナが困ってしまいます。その点、まぁ所謂白米と“ごはんのおかず”の取り合わせという献立にしておけば(例えば焼き魚とか煮物とか炒め物とかetc)、ダンナはおかずを酒の肴にしてくれますし、私もそれをおかずにご飯を食べられるというわけで、助かるのです。
  しかしそうすると、必然的に我が家の主食はほどんど毎晩「白いご飯」なわけで、例えば焼きそばとか、そうめんとか、スパゲティなんていうのは諦めてます。私がそういうものを食べるのは、ひとりで食べる昼食とか、またはそう、ダンナが出張している日の夕食がチャンスです☆。

 ごはんすらない今日こそ、ピンチをチャンスに変える好期!実は数日前、関西テレビ『よ?いドン』で見た、ニラとフランスパンのカナッペ(?)を試してみたかったのです^^。(レシピはこちら。ニラのチーズトーストとなってました。)
 作り方は簡単。ニラを適当に細かく切って、ツナ缶と混ぜます。そこに、塩コショウとゴマ油大さじ1を入れ、混ぜます。
 それを、よくある斜めに切ったフランスパンの上に乗せ、更にその上からとろけるチーズを乗せてオーブントースターで数分焼きます。
 するとこんなものが出来上がります♪。

s-DSCN0197.jpg

 トースターのトレイのままで申し訳ありません。色気ない盛り付け(?)ですがご勘弁を・・・。でもまぁ、チーズがとろけてなかなか期待させる見てくれじゃあないですか^^?

 『よ?いドン』の番組の中では、この日は「ニラを使った家庭料理」というのがテーマで、このほかにも2品ほど紹介していましたが、全部で3品を実際にスタジオで出演者が試食した反応では、みんなこのカナッペにものすごく食いつきがいいのです、文字通り!カナッペを完食する出演者もいれば、「関テレの社食に出してください!」という出演者もありで、なんだか演出だけではなくて結構みんな本気で美味しいと思っている様子のようでした。

 なんといっても作り方が簡単!パンですから食事としてもしっかり満足感ありますし。「今日はお米炊かなきゃいけないけど面倒・・・」と思った次の瞬間、今日はこれに決定です。

 食べてみた感想です。
 うん、美味しい!だけど私のはちょっと塩コショウが足りなかったかな・・^^;。パンにバターなども塗らないので、ちょっとコクが足りないような気も。もちろん身体にはそのほうがいいのでしょうが。あとはチーズ。今日はいつも食べている安い「溶けるスライスチーズ」を使いましたが、ピザに乗せるようなああいう本格的なチーズなら、もっともっと美味しくなったと思います。
 そのうちリベンジしてみよう!

テーマ : 簡単レシピ - ジャンル : グルメ

skinsを1日履いてみました

 昨日買ったskins。今日はそれをジーンズの下に履いて、朝8時から夕方5時まで仕事をして過ごしてみました。

 う?ん・・・正直、微妙な感想。「疲労感が取れない」とか「効果を感じない」という理由ではありません。はっきり言えば履き心地の問題です。
 このなんとも言えない感じは・・・・そう、段階圧ストッキングにそっくりです!

 昔、営業職をしていた頃、1日中歩き回るので足の疲れにかなり悩んでいました。そこで140デニールの段階圧ストッキングを履いていたのです。
 しかし、たしかに膝下は気持ちいいのですが、太腿や腹部まで結構な圧迫感です。毎日夜9時ごろまで仕事をしていましたから、最後のほうはもう窮屈で脱ぎたくなってきます。そんなわけで、足にはよかったのでしょうがいつの間にか履くのを止めてしまいました。

 今日感じた窮屈さは、まったくその時とよく似ています^^;。きっと単純な感覚では分からないところで、身体にいい変化を催しているのではないかと思いますが、日中履き続けるのはちょっと私には苦しいかも?

 というわけで、今のところの感想としては、これはコンディショニングタイツとは謳っているけれど、日常的に着るのはどうかなぁ??というところです。
 次は、走るときに履いてみた感想を報告します!

テーマ : ボディケア - ジャンル : ヘルス・ダイエット

ちょっとだけシャアを紹介します

 このブログにデジカメの写真をUPするようになってから、ぜひ皆さんに見てもらいたいものがありました。
 うふふ・・・それはシャアです☆。うちの近所の線路脇に住み着いている野良猫です。

 シャアに限らず、何か面白いものがあればいつでも写真に撮れるように、最近は毎日デジカメを持ち歩いています。なのにシャアを未だに紹介できていないのは、なんといっても相手が気まぐれだからなのです。
 決まった時間、決まった場所に行ったからといって必ずシャアがいるとは限りません、ましてや運悪く雨が降ったりすると、どこか私の知らない雨宿りできるところに移動しているようだし・・・。

 特に最近は、どうもいつもの場所で心無い人間にいじめられたらしく、線路と並行している歩道からは見えないところにいるようで、こちらから見つけて声をかけるということが出来ません。試しに「シャア?、」と2、3度呼ぶのですが、あんまりしつこくそれをやっていると近所の人からヘンな目で見られるので、すぐに諦めてしまうのでした。

 でも今日は、猫が過ごしやすい気温だし、まだ明るいし、もしかしたらどこかから出てくるかも知れません。そう期待して、諦めずしつこく呼び続けていたら・・・・。どこか遠いところから、かすかに「ニャア?」と返事が。あ!!と思って待っていると、どこからか茂みの中を走って出てきてくれました。

 そこでさっそく皆さんにお披露目するために写真を撮ったんですが・・・なにせノラなので、ちっとも思い通りにじっとしていてくれません(泣)。一生懸命左手でシャアをなでなでして、右手ではカメラを構え、ブレまくりながらも続けて撮っていたところ、突然ディスプレイに「電池残量が不足しています」の文字が出現!あえなく今日はここまでとなりました。

 結局、シャアの顔が分かる写真は一枚も撮れませんでしたが、いつかきっと皆さんに紹介します。とりあえず今日は、努力の跡だけ見てください。

s-DSCN0194.jpg

s-DSCN0195.jpg

s-DSCN0196.jpg

テーマ : 猫のいる生活 - ジャンル : ペット

skinsを履いて寝てみました

 昨日の夜から今朝にかけて、試しにskinsを履いて寝てみました。

 う?ん、今のところてきめんに何かが改善された!って感じは、正直しないですね?・・・。多分私の膝痛が、全然大したことないからかも知れません。例えばフルの後、足がひどい筋肉痛とか、そういう状態ならきっとよく分かるのでしょう。

 今日は仕事。なので今日はジーンズの下に履いていきます。
 朝支度して、出かける準備をちょこちょことしているのですが、どうやらskinsはやはり動きながら履いていたほうが気持ちがいいみたいです。

 ヒマそうに見えるかも知れませんが、コンビニの仕事って結構身体を使います。店内を小走りで移動しないといけないことも多いし。
 今日、どんな効果を感じるかチェックしてきます^^。

テーマ : ボディケア - ジャンル : ヘルス・ダイエット

幸せってなんだっけ

 たった今、ふとヤフーのニュースを見たら、こんな記事が掲載されていました。

       『日本企業は自殺が普通? AIGめぐる米議員発言が波紋』 
       http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090318-00000010-cnn-int

 この記事を読んで、私は失礼ですが笑ってしまいそうに。それというのは、昔バブルが崩壊し、倒産した山一證券の社長の会見についてのマスコミの論評を思い出したからです。

 当時は、泣きながら会見する社長をみっともないとか、こんなの世界から見たら理解されないとか、散々なこきおろしようでした。社長の心情を推し量る意見は、実に少なかったように思います。

 時代が変わり、終身雇用制を代表とする日本的経営が今になって日本人にも評価されています。更にこのヤフーのニュースを見ると、こんなことをアメリカ人が言い出したのを知って、不思議と私たち日本人って、まるで逆輸入のように「やっぱり日本的経営っていいものなんだ」って、お墨付きをもらったような安心を覚えるのではないでしょうか。

 高度に発達した資本主義って、何なのだろう?貨幣経済がなければこれだけ高度な社会が成立しえないというのは全く賛成なのですが、自由主義経済に任せていては市場は発達するけれど、必ず経済効率の悪いものは衰退する。だけど「日本的経営」のような経済効率の悪いものが社会の安定や維持を支えているということもあるし。
 経済効率の悪いものが存在するための原動力は、モラルみたいな抽象的なものしかないんだろうか?何かもっと、信用という抽象物を貨幣という具体物に変えたように、何かないのだろうか・・・?

 結婚する前のサラリーマン時代から、ずーっともやもや考えている「幸せってなんだっけ?」の疑問を、ふと思い出してしまいました。

テーマ : 本日のニュースより - ジャンル : 政治・経済

skinsを信じて

 膝の痛み・・・胸の奥で小さなしこりのようになってます。
 シャワーを浴びていても、コタツに入っていても、こうしてネットを見ていても・・・。いつもどこかで、「この姿勢だと痛まないな」とか「こういう時に痛むな」とか、常に無意識に状態をモニターしている自分がいます。

 今日はせっかくあんなに楽しくて好調な往路だったのに、それを途中で止めて帰ってきてしまったことが、悔やまれる気持ち、落胆するような気持ち、様々で複雑です。この痛み自体についても、「このくらいで大げさな・・・・」と楽天的に考える気持ちと、「まだ軽いうちに大事にするべき」という気持ちの両方がせめぎ合い、自分でもどうしたいのか分かりません。

 ストレッチ、アイシング、マッサージなど自分で出来ることは当然すべきです。その上で更に私には出来ないケアについて、それが必要かどうか、必要ならそれを選択するかどうか、考えればいいわけですよね。

 そう考えて、ついさっきとうとうskinsのロングタイツを買ってきました。もちろん早速履いています。しばらくは日中も履き続けようと思っています。疲労回復の効果があるのかどうかは、その後です。

 しかしskins、初めて履きましたが見た目と違って物凄いサポート力があるのに驚きました!ただでさえ、小さめのサイズを選んだので、試着するときには破ってしまわないかちょっと怖かったくらいです^^;。
 
 もっとゆるゆるでリラックスする感じの着圧感かと想像していて、それで疲労回復効果などがあるというのはまるで魔法の布ではないか・・・と思っていたんですが、結構な思い違いでした。これはしっかり圧力かけてくれます。

 あ?、明日あたり、「これ着て寝たらウソのように膝が治った!!」なんていう奇跡が起きたらいいのにネ・・・。

テーマ : ボディケア - ジャンル : ヘルス・ダイエット

景気浮揚に貢献してます

 ブログを更新していたら、珍しくこんな時間にチャイムがピンポ?ン♪

 ん??宗教の勧誘か?警戒しつつインターホンを取ると、「ヤマトで?す。荷物のお届けで?す」と爽やかな声。

 出てみると、でっかいテレビのダンボールを運び込まれました。「ありがとうございました?♪」と帰って行くヤマトさん。

 我が家にある2台のテレビのうち、ちょうど10年目のブラウン管テレビがいよいよオシャカになったのでダンナが通販で買っていたのでした。
 私はテレビなんて適当に安いのでいいんだけれど、デジタル物大好きなダンナは妥協できません。どうやら37型と言ってました。私は今ある居間の薄型テレビだって何型か知りませんが・・・。

 やれやれ、これで当分はダンナはテレビの組み立て&設定という格好のおもちゃに夢中になることでしょう。

 結構我が家、景気浮揚に貢献してます。
 まずはこのテレビ。
 そしてダンナのランニングウォッチ。ダンナにはまだ内緒なんですが、実は私、昨日ネットオークションで心拍計付きのガーミン405に入札したのです。今のところはまだ私が最高値です。心臓がよくないダンナがせっかく走り始めたのだから、心拍計がついたランニングウォッチを使ってもらいたい。ポラールやスントも調べましたが、そもそも私自身がガーミンを選んで本当によかったと思っているのですから、ガーミンを選ぶのが一番妥当だと思いまして。
 さすがに日本語版だと心拍計まで付けたら予算オーバーだったので、英語版で勘弁してもらおうと思ってます。まぁ日本語マニュアルも既に私のがありますから、不便はないのではないかと思ってます。

 そして私、今日の走りで本当にコンプレッションタイツを買うべきか、真剣に悩み始めました。そんなお金がどこにあるのか?!という話ですが、身体こそかけがえのないものです。何とか今のうちにケアしておきたい・・・。
 不意の出費って不思議と続くものですね(泣)。

テーマ : 今日の出来事 - ジャンル : 日記

茨木?東淀川もとい東三国(その2)

 念願の東三国到達を満喫し、今度は復路です。
「さぁ帰るぞ!」と駅を背に走り出して数十メートル・・・。

 突然、あの嫌な違和感が右膝の外側横に甦りました!!
(えっ?何か変・・・・)
 すぐに立ち止まって違和感のあるところに手を当て、擦ります。しかし押しても特に何も感じません。
 ただの疲労から来る筋肉痛ではないかな・・・・。そう気を取り直して走り出したのですが、今度は走って右足を着地するたびに違和感が痛みへと増大していきます。立ち止まってからまだ数メートルですが、もう違和感ではなく明らかに痛みです。足を着地するたびにギクッ、ギクツと痛みます。まだ走れないほど痛いわけではありません。しかし、具体的には分からなくても足の筋肉や関節を動かす度に何か無理がかかって痛んでいるのだろうという勘が働きます。ですからこれから更に往路と同じ距離を走ったら、今はまだ大したことのない痛みでも悪化させることになりかねません。

 どうしようかしばらく迷いましたが、今日のところは東三国駅から電車で帰ることにしました。歩道の隅に寄って、出来るだけ丁寧にストレッチをして駅へ向かいます。

 ジョギングに出て、走れなくなって電車で帰るなんてことは初めてです。遠出するときは「そういうことも覚悟しよう」といつも思って出かけるのですが、まさか本当にそうなるとはどこか信じられません。いつもはペットボトルを買えればいいくらいの気持ちで小額のお金しか持たないのですが、なぜか今日はたまたまそこに千円札を入れていました。これもなんだか今日の自分の身体には何かがあると、潜在的に警戒していたような気までします。

 電車の中では明らかに私だけ、如何にもランニングという格好で乗っていて、恥ずかしい。しかしそのときの私自身はちょっと茫然自失といった状態で、周りからどう見られていてもどうでもいいような気分で沈んでいました。

 私の足は、自分で思っている以上に疲労が溜まっているのかも知れません。今朝は確かにすっきりとしていましたが、蓄積した疲労が根っこを張っていて、迂闊に疲労を溜めると以前より痛み出しやすいのではないでしょうか?
 他の方のブログを読むと、故障に苦労されている方の辛さは大変なものですから、私の程度ではまださすがにそこまでは行っていないと思います。そんなに大げさに落胆するほどのことではないでしょう。
 ただ、疲労の入り口でちゃんとケアしておかないと、後で取り返しのつかないことになってしまう可能性があることは認識しないといけません。

 やっと20km走れるようになったのに。今日の調子ならこれまでよりもずっと余裕を持って走れそうだったのに。
 悔しいし、これからどうやって練習していこうかちょっと戸惑っているところです。

テーマ : 今日のランを振り返って - ジャンル : 趣味・実用

茨木?東淀川もとい東三国(その1)

10.71km  1時間16分40秒73

 昨日に引き続き、大阪は走りに行かなきゃバチがあたりそうないい天気。昨日一日休養したせいか、今日は違和感はありません。よし、そしたら前回走ってみて気に入った吹田警察署前の道を少しアレンジして、東三国まで行ってみよう!
 以前暇なとき、片道10km程度のコースをマピオンのキョリ測でいろいろ探してみて、我が家から東三国までだとちょうど片道10kmなので目をつけていたのです。
 いつも使っているポケット地図だと、吹田地区と東三国地区を繋ぐエリアの詳細な地図が載っていなかったので、今日は急遽キョリ測から地図をプリントアウトして繋ぎ合わせたものを自作しました(笑)。

s-DSCN0192.jpg

 さっそく走り出し。思っていたとおり気持ちのいい天気です。行きの県道14号線では、まりもさんのアドバイスの通り、いつもの左側歩道ばかりを走るのではなく右側にも渡って走り続けました。そのおかげか、膝痛どころか違和感のようなものも全くといっていいほど感じません。それよりも気候のよさで身体がほぐれやすいのと、昨日ゆっくり休んだせいで、いつもに比べて全然疲れません。「あれ?もう3km?」「あれ、もう6km?」と、ずーっとこんな調子でした^^。

 さてさて、順調に走り続け茨木市から吹田市へ入り、アサヒビール工場前を過ぎ、吹田市役所前までやってきました。いつもならこの先のT字路を右に曲がって、江坂駅前に向かいます。

s-DSCN0180.jpg

 しかし今日は、敢えてそこを直進して吹田警察署前へ。相変わらず広くて綺麗で走りやすい^^。

s-DSCN0182.jpg


 この気持ちいい道も、数百メートルほど走ると右に大きくカーブします。先日はこのカーブする道に沿って走ったのでした。

s-DSCN0183.jpg

 実はこの道、写真だと見づらいのですが、細?い道が枝分かれして直進しているのです。地図ではその道を進んでいくと東三国のほうへ通じます。なので今日はその細いほうの道を選びました。

 ところがこの道、地図上ではそこそこの広さがある道のように見えましたが、実際にはものすごく狭い生活道路です。片道一車線で追い越し禁止ではなかったかな?線路に並行して走っている道ですが、歩道は片側にしかありません。しかも狭い!やはり古い道らしく路面もガタガタしているので、このあたりでうっかり足を踏み外して車道にでも転がり出たら、イチコロで轢かれちゃいます。結構気を使って走る道路で、おかげで写真を撮るどころではありませんでした。
 更に運が悪かったのは、ちょうどこの細い道路に入る手前あたりから、またまたガーミンの調子が狂いだしたのです!以前と同じ症状で、勝手にGPS感度モードに入ってアラート音をピッピッピッ・・・と鳴らしまくるのですよ。う?、うるさい!まぁ前回と違って、ストップウォッチモードにすぐ直せたので気を取り直して走り続けます。

 その狭い道を線路沿いにどんどん進んで、大吹橋という橋を渡ります。橋の下を流れる川は神崎川です。

s-DSCN0184.jpg

 ここも見るからに走りやすそうな河川敷で、実際どこかの大学生風な女性3人がジョギングしていました。陸上部かなにかでしょうか?

 さてこの橋を渡っても、線路沿いに走ります。すると急に視界が広がり、道幅の大きな道路に出るのでした。

s-DSCN0185.jpg

 おお!これは綺麗な道ではないですか^^。線路沿いにこんな整備された道があるということは、この道をずっと走っていけばきっと東三国駅が現れるんだね♪
 そう思い込んでどんどん脇目も振らず走っているうち、見つけた駅舎は

s-DSCN0186.jpg

 東淀川駅でした。

 あれ??まぁたしかに東淀川も近かったけど??と、今まで面倒がってポーチに仕舞いっ放しだった自作の地図を出して確かめてみると・・・やっぱり間違えてました。さっき大吹橋を渡ってちょっと線路沿いに走ったあと、「広くて綺麗な道に出た♪」と喜んだ所で本当は右に曲がらなきゃいけなかったんですよ!

 あちゃ?、東淀川までの距離をガーミンで見ると、9.5km程度。まだ10kmに足りてません。じゃあ、折角だから今日の目標地は東淀川と東三国の2つということで贅沢にいこう!!(?)
 そこから道を引き返し、本来右折すべき角を今度こそ東三国方向へ。
 そしてこれもまた、走りやすいいい道ではありませんか^^。
 あいにく写真は撮っていませんが、車道も複数車線あるので道幅が広く視覚的にも伸び伸びしているし、肝心の歩道はこれもまた綺麗なブロック敷で広いです。

 と、おお!今度こそ向こうに東三国駅が見えてきたではありませんか!!

s-DSCN0187.jpg

 単に東三国まで走ってきたというだけですが、私にとっては以前から「ここまで走ってこれるようになりたいな」という願望も込めて秘めてきた東三国です。なんというか、我ながら意外なほど感無量で、しつこく高架の真下まで走っていって「東三国まで来た!」ことを自分に実感させました。
 ダメ押しに、ここまで来たことの証拠写真のつもりです。

s-DSCN0191.jpg
 
 ここまでで10km。今日は全く体力的にも疲労なく、全て順調。最高に楽しい道程でした。




テーマ : RUNの記録 - ジャンル : 趣味・実用

お勧めの発泡酒

 最近の発泡酒は、本当に美味しくなっています!

 私はもともとはビールよりもサワー派ですが、ダンナは何がなくてもまずビール。もちろん本物のビール(と今の時代は書かなきゃいけなくなったんですね、なんか寂しい・・・)が一番ですが、家計に協力してもらって普段は第二、第三のビールを飲むようにしています。

 第三のビールは原料自体がビールと違いますから、やはりいくら改善されても正直まだまだ美味しいとは思いません。それどころか第二のビールだって、「これってビールのつもりかなぁ?」というような微妙な味のものもあったりして。ですからダンナは警戒して、これまではずっと「アサヒ 本生」という発泡酒一辺倒でした。

s-DSCN0179.jpg


 あるとき、スーパーに買い物に行ったら新しい発泡酒が並んでいるのに気がつきました。

s-DSCN0177.jpg

 一見、以前からある「キリン 淡麗」のようですがよく見ると「淡麗W」という名前です。実は私もコンビニに新商品として陳列されているのを見ていて、ちょっと興味があったんです。如何にも爽やかそうな青と白のパッケージではありませんか!
 その日はちょうどビールも買わなきゃいけなかったので、試しに1缶買ってみて、ダンナと試飲してみました。

 すると!こ、これがビックリするような美味さです!!発泡酒にありがちな水っぽさや、変な臭みがありません。飲み下した後にコクのようなものが残るのは、ワインポリフェノールのおかげでしょうか。更に嬉しいのはプリン体を99%もカットしているそうです。やはりダンナに飲んでもらうものだから、どうせなら身体に優しいほうがいい。正直、「アサヒ本生」よりも割高ではありましたが、健康にいいほうが長い目で見たら得ですよね。その日から家の定番はこれになりました☆。

 さて昨日はダンナも私も揃ってお休み。そんな日は一緒に近所の大型スーパーに夕食の買い物に出かけます。
 酒売り場で例の「キリン 淡麗W」6缶パックを買おうと思ったら・・・・ありゃりゃ、売り切れではないですか!やっぱり売れてるんだねぇ・・・。しょうがない、先に他の食材を買おう。
 と、酒売り場を離れかけたところで、こんな缶があるのを発見。

s-DSCN0178.jpg

 なんじゃこりゃ??「アサヒ クールドラフト」。
ダンナも私も初めてこれを見ましたが、「キリン淡麗W」で新商品の発泡酒が意外に大成功だった経験があるので、さっそく食指が動きます。これもまた1本買って、試飲してみました。

 ところが、これがまた驚いた!やっぱり美味い!!かなり「ビール」ですよ☆。まだ1回しか飲んでいないので、どういう味なのかここで書けるほどではないですが、ダンナも私も「これもいい!!」と大満足。やっぱり最近の発泡酒は長足の進歩を遂げてます^^。

 でもたしか、第二のビールって販売量が上がったのに連れて酒税が上がったんですよね。せっかくこんなに美味しくなって、いくら飲んでも飲み飽きなくなったのに、税金上げたら意味ないじゃないですか(怒)!!
 でももう我が家は第三のビールには戻れません。みなさんにもお勧めです。



テーマ : お酒 - ジャンル : グルメ

ランニングブームの功罪

 今朝、フジテレビの「とくダネ!」を見ていたら、最近のランニングブームについて取り上げられていました。
 やはり主婦向け番組ならではでしょうか、ランニングにまつわる話題の中でも、特におしゃれなウェアを紹介するという切り口です。どうやらその番組のコメンテーターで、カリスマ主婦モデルの前田典子という人が来週の東京マラソンに参加するらしく、マエノリが自らモデルとなって吉祥寺のナイキストアでウェアのコーディネイトをしているVTRが流されました。

 やれランスカがお洒落だとかブーツカットだとか、「白いウェアの時はランシューも白でコーディネイト」だとか・・・。恐らく男性ランナーには、走るのになぜそんなにウェアに気を配らなければならないのか、およそ理解できないのではないでしょうか。

 実は私も、半分マエノリの気持ちも分かりつつ、男性ランナーの気持ちも分かるという立場です。正直このブログを見ていただければ分かるとおり、やはり新しいギアやウェアを用意すると気分が高揚して、走るモチベーションが高まります。あまりにも気分の低迷が続くときは、そこから浮上するためにお店を見に行くこともありますしね。男性だって、例えばランシューマニアの人などは同じですよ。

 ただ、今日の「とくダネ!」でのランニングの取り上げ方は、あまりといえばあまりに軽佻浮薄なイメージに私には映りました。だって「ウェアの色に合わせてシューズを選ぶ」って・・・・。走る上でシューズだけは拘るべきギアだと私は教わりました。靴選びを間違うと、走りが辛くて楽しくないだけではなくて、怪我の元になったり最悪は故障にも繋がります。今さら言うまでもないことですが。
 そのVTRの中では、ウェアのコーディネイト例を紹介するだけではなく、次には駒沢公園まで出かけてランニングのインストラクターから基本的な走り方(腕振りや骨盤の回旋)を教えてもらい、一緒に走るというところまで紹介されていました。つまりは、「走ってみたいけどなにから始めていいのか分からない」というような女性に向けた情報なのです。そういう視聴者を想定しながら、まずはお洒落から入ってもっと大切な安全面を二の次にした構成にするとは、良識を疑ってしまいます。

 こういう形でランニングが広められていくというのが、まさしく「ランニングブーム」なのでしょう。
 などと書くと、まるで自分はランニングが注目される前からやっていたかのような口ぶりですが、もちろんそんなことはありません。たしか高橋尚子さんがシドニーオリンピックで金メダルを取ったのが2000年だったと思いますが、あの頃は一気にマラソンという競技に世間の注目が集まりました。私が走り始めたのは、一番古くまで遡っても結婚する1年前ほどですから、2005?6年頃でしょうか?決して早いデビューではありません。
 
 ただ、自覚的には決して「ブームだから乗った」というつもりはありません。エアロビに夢中になったのをきっかけに、身体を動かすことの面白さに目覚めただけなのですが。しかしもしかしたら数あるスポーツの中でもなぜかランニングを選んだということが、既に無意識のうちにランニングブームに侵食されていたのかも知れないとも考えることができます。

 そう考えると、このランニングブームというのも決して悪いものではないとも思えてきます。今日の番組での取り上げられ方のように、いかにも三日坊主になりそうな導入の仕方はどうかと思いますが、昔私が思っていたように「長距離を走るというのは、様々なアスリートの中でも特に際立った運動能力のある人だけがフィールドに上がることができるスポーツだ」という思い込みを崩してくれる効果はあったはずです。刻苦勉励してタイムを縮めるシリアスランナーだけががランナーではなく、ただ気持ちいいから走っているファンランナーがその周りにたくさんいることに気づかせてくれたのがこのランニングブームでもあるのです。

 そうは思っていても、今日のとくダネのようなマスコミの取り上げ方を見るとつい批判的になってしまう自分。頭カタイですね?^^;。
 
 

テーマ : 今日のつぶやき - ジャンル : 日記

私の欲しいもの・ダンナにあげたいもの

 今欲しいもの。skinsのコンプレッションタイツ!!今日、決定です☆。
 なんのこっちゃ??ですよね?。実は今日、ついさっきの出来事なのでした。

 朝の9時半ごろ、掃除も洗い物も洗濯も終わり、私はのんびりとブログの更新などしていました。と、そこへ仕事に行ったはずのダンナから私の携帯に電話が。
「もしもし、どしたの?・・・・は?あ、そう。うん・・・・・じゃあ行くから後でメール頂戴。」
ダンナは、今朝広島へ出張に行く予定だったのですが、12時ごろの新幹線で間に合うので午前中は大阪支社にいたそうです。ところがそこで、仕事に必要な荷物を忘れてきたことに気がついて、慌てて電話をかけてきたのでした^^;。
 11時に新大阪駅で待ち合わせて一緒に早めのお昼ご飯を食べ、そのあと別れようと約束。
 実は私も、ちょうど新大阪駅に行きたかったのでした。というのは、新大阪駅のすぐ近くにスポーツデポがあるから。働いているコンビニの同僚の専門学校生の女の子が、なんと4000円くらいの安いコンプレッションタイツをスポーツデポで買ったという話をだいぶ前に聞いていたのです。
 その時は、まだそれほど焦って買うこともないだろう・・・・と思っていたのですが、先日からの太腿・膝痛が気になり始めて、そろそろコンプレッションタイツの1足くらいあったほうがいいかな?と思い始めていたのです。

 ダンナとは約束どおり11時に待ち合わせて、一緒にお昼を食べました。その時に、この後スポーツデポに行って、4000円のコンプレッションタイツがどんなものか見てくるつもりだ・・・と話してみました。そこから話題はダンナのランニングギアの話へ。

 「もう新しいセンサー買おうかな・・・・」とはダンナの科白。先日、ほとんど使い物にならなかったナイキのスポーツバンドを2つともメーカーに返品してしまったため、今ダンナは距離を測るためにはiPod+NIKE+を使うしかないのです。しかしスポーツバンドを返品する際、iPodで使っているセンサーに対応している方のレシーバーを誤って返品してしまったため、今はTIMEXでタイムを計ることしか出来なくなっているのでした。
 「それもいいけど、私はガーミン使ってすごくよかったから、NIKE+じゃなくて距離測定できる時計にすれば?」
 「だって5万円もするもの要らないよ!(ガーミンがそれくらいだったのです。)」
 「大丈夫!ポラールとかスントとか探すから^^。」
ポラールとかスントだってフットポットを付ければガーミンに負けない値段になります。が、私がこんな風に言ったのは、先日ヤフーオークションで偶然劇安なポラールを見つけたから♪。もちろん中古ではありますが、フットポッドまでついて、なんと1万円ほど!!オークション締め切りまであと1日でしたから、当然今頃はもう落札されていますが、写真を見る限り決して悪くない状態で(実際、メーカーでの点検でも問題なしとの回答だったとコメントがついていました)、最初の1台目を気軽に使いたいというにはうってつけです。オークションでこれくらいで売買されているものならば、3800円でわざわざセンサーを買うよりもずっと良いでしょう。
 「じゃあ、スポーツデポで、NIKE+のセンサーとスントとポラールも、あるかどうか見てくるよ。」

 というわけで、ダンナと別れたあとは早速スポーツデポへうきうきで直行しました。
 まずは単価の安い4000円のタイツの品定めからです。
 スポーツデポはかなり広い店舗のため、自分で目当ての売り場を探すのも一苦労。そこで入ってすぐにレジのスタッフに「コンプレッションタイツありますか?」と聞いてみました。すると・・・・

 「こ、こんぷれっしょんタイツ??」と聞き返されてしまいました!コンプレッションタイツって、スポーツ用品のネット通販でもこの単語で検索できるので、一般的な名称かと思っていたのですが、まさかスポーツ用品店の人に聞き返されるとは・・・・ちょっと唖然としてしまいました。その人は慌てて「コンプレッションタイツ」とメモを取り、店内放送で売り場案内係のスタッフを呼び出すと、「こんぷれっしょんタイツをお探しです」と伝えてくれました。

 しかしここからがまた面倒なのでした。やはりそのスタッフも、コンプレッションタイツという単語は知らない様子。仕方がないので「CW-Xとかskinsとか・・・」とブランド名を出したら、「ああ!CW-Xはお取り扱いがございます!」と洋々と答えてくれましたが、欲しいのはそれじゃない!
「4000円くらいのがあるって聞いたんですけど・・」
「それでしたらこちらになります。」
 と、やっとお目当ての商品が出てきました。

 しかし、初めて聞く商品名で、本当にサポート機能がどの程度なのか信用できない・・・。そこでスタッフの人が「よろしければご試着できますよ」と言ってくれたので、まずは履いてみました。

 しかし!サポート機能なんて私は全く感じませんでした。肝心の膝周りには、例のテーピング様のハギが全く入っていないのですから。着圧感も、とてもじゃないがコンプレッションタイツというには物足りません。以前アンダーアーマーのシャツを着ていたときのことを考えると、こんなの詐欺ですよ。昨日ダンナと一緒に走りに行く前に、いつも私が履いているNIKEのランニングタイツを履いたのですが、特段のサポート機能を謳ったものではないのですがそれでも適度にびったりと下半身を支えてくれて、それだけでも太腿の鈍痛が抑えられたのを覚えています。このタイツはちょうどそれと同じくらいの圧力です。たしかにその程度には圧力がかかるのかも知れませんが、それなら今持っているタイツで事足ります。もう試着室をさっさと脱いで出ました。

 試着室の前ではさっきのスタッフが「どうでした?」と待っていましたが、
「肝心の膝部分のサポートがないんですね。」
と履いた感想を伝えたところ、
「そうですね・・・」としばし言葉がありません。おいおい、これがダメなら他に目的に適いそうな商品を提案してくれよ!と内心叫びましたが、仕方がないので
「2×Uはどうですか?」と質問してみました。これも気になっていたのです。
 ところが、
「はい??」とまた聞き返され。もういいや・・・・ここは自分の店が扱っている商品のことしか分からないんだなぁ。じゃあCW-Xとskinsのことを聞こう。
「CW-Xとskinsって、膝が疲労で痛い人にはどちらがお勧め、というのはありますか?」
「そうですね?・・・・」
 正直、私はもうあまり答えに期待していなかったので、持論をぶつけてそれについての答えを聞いてみようと質問の仕方を変えました。
「CW-Xは、行ってみれば『履くテーピング』みたいなもので、事前に足を故障から守るという機能に優れているのに対して、skinsは疲労回復という機能だから既に疲労した足にはそっちの方がいいんですかね?」
「そうですね?、CW-Xは疲労する前というものになりますね?。」
本当か??!!適当に相槌打たれているだけのような気がしますが。
 もうここでは買う気が失せて、帰ることにしました。
 しかし、やはり買うならskinsか・・・・。せっかく来たんだから、帰る前にskinsの現品を見てみよう。

 今度はskinsの売り場で、タイツをじっくり見ていました。
 家でネットでskinsについて調べたときは、私のサイズはちょうどXSとSの境界くらい。ややS寄りといったところでした。ですから自分はSかな?とは思っていたのですが、高いものなので商品知識がある人のアドバイスがほしかったのです。実際の商品の外箱には、「サイズが境界線上にある方は、小さいサイズをお選びください」との文言が印字されていました。てことは、私はXSの方がいいの?
 売り場担当らしい若い男性スタッフが、「試着も出来ますよ」と話しかけてきたので、「私はSには入ってますけどほとんど境界線に近くて、どっちのサイズなんでしょう」と相談してみました。すると返ってきた答えが、
「試着していただいて、あまりにも窮屈であればSですし、実際に履いてみないと分かりません」といったアドバイスなのでした。いや、聞きたかったことはそういうことじゃなくて、こういうサポート機能のあるタイツの商品特性として、大きめ小さめを履くとどういう効果が違ってくるのかということを考えた上で、どっちが相応しいのか教えてもらいたかったんだけど・・・・;。

 もういいや。skinsを買うなら、もっと話が出来そうなRunWalkStyleで買おう。
 そもそもダンナと昼ごはんを食べているときまでは、デポでの用事が終わったら買い物はしなくても久しぶりにRWSを覗いてみようと思っていたのです。けれどもこんな気分のままあそこに行ってしまったら、今skinsを買う余裕もないのに散々あれこれ試着して相談してしまいそう。挙句の果てに「今お金ないのでまた来ます」というんじゃあさすがに申し訳ない^^;。というわけで、ぐったりと疲れたこともあり、RWSには寄らずに帰ることにしました。

 ・・・・と!大事な用事を忘れていた!ダンナのセンサー、もしくはスントかポラールを見てみなくちゃ。
 時計が売っているショーケースの中には、しっかりNIKEのセンサーがありました。ではスントは・・・なし。でもポラールがありました^^。
 私、ポラールの現品を見るの初めてなのです。どれがどれやら分からないし、何種類かあるシリーズの違いも分からない。これは一から勉強です。そこでお店の人にポラールのカタログをもらって帰りました。

 帰りの電車の中で早速カタログを読むと、薄々想像はしていたことですが、フットポッドまで付ければガーミンと遜色ない値段、いや上位機種では8万円とガーミンを凌ぐ価格ではありませんか。やっぱりあの時、迷わずオークションでポチっておくべきだった・・・・。これなら、今安くなっている英語版のガーミンのほうがなんぼか安い!英語版ならハートレートモニターまでついて、4万円でお釣りが来ますから・・・。
 いや待て、スントももう少し研究しなきゃ。早まるな。たしか以前、ポポロン・ライダーさんのブログでスントT3をフットポッドもつけて購入したらやはり5万円くらいだと出ていたような気が。しかしポラールがオークションで安くなっていたように、、老舗のスントなら何か掘り出し物があるかも??いや、その前にまずは大阪でのスント取扱店を調べないと・・・・。
 休息日だからこそのネット三昧、街の散策。大慌てで取り掛かっています。

テーマ : これほしい! - ジャンル : 趣味・実用

身体を大事にしてあげる意識

 今朝からダンナは出張、そして天気は快晴。気温も20度近くまで上がる予定の今日。最高のラン日和ではありませんか!

 ・・・・のはずですが、今日は休息日に当てることにしました。ショボ?ン・・・。
 足の痛みが、わずかな鈍痛程度ではありますがまだ残っているのです。今まではせいぜい足の疲労感といった程度の痛みばかりだったのですが、今回のは船場でなんちゃってスピード走をやったときから鋭く、しつこく続いているもので、さすがにちょっと大事にしてあげようという気になってきました。

 昨日は久しぶりに右太腿の付け根と右膝脇に氷嚢を当ててアイシングしながらネット閲覧してました。そのせいもあってか、今日はさすがにほとんど痛みが現れることはありません。
 が、今朝ダンナを仕事に送り出してから、あまりにもホコリだらけになった家中を掃除機を振り回して掃除していたところ、忘れた頃に右太腿付け根のいつもの場所に「うっ!」と鈍い痛みが出現。

 いつもの私なら軽く考えて、こんな天気なのにもったいない☆と走りに行っているところでしたが、最近いろんな方のブログを読んでいると、故障に悩まされている方がかなり多く症状も重篤であること知るようになり、これは本当に大事にしないと後々後悔するようになるなぁ・・・・と考えるようになってきたのでした。

 おかげで、春の明るい日差しに透かして家の中がどんなに汚れていたか、しっかりとこの目で見ながら掃除することができました(苦笑)。洗濯もよく乾きそうだし^^。普段手抜きまくりの家事をまとめてこなす日になりそうです。

テーマ : 健康生活:病気・治療法 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

久しぶりに美容室

 午前中は5kmウォーキング、そして朝食と家事をやって終わってしまいましたが、お昼前から久しぶりに美容院へ行ってきました。気がつけば、ぼちぼち2ヶ月ぶりになります。

 東京では美容院の定休日は火曜となっていますが、大阪では理容室と同じく月曜になっているのです。ですから本当は今日は行けないのですが、たまたま近くに見つけた美容院が変わっていて、日曜定休なのでした。ですから日曜が仕事で平日が休みの私には大助かり。そこばかり行っています。

 その美容室が変わっているのは定休日だけではありません。営業時間も変わっています。営業開始が10時というのは「少し遅いかな?」というくらいですが、営業終了がなんと夕方4時なのです!
 その代わり、料金は儲けがあるの?というくらい安いのでした。例えば私がよくお願いするカラーリングは、なんと2250円です!隣の高槻市には、「カラー剤持込み」でヘアカラーしてくれるというメニューのある美容室がありますが、それとて技術料が2000円。自分で市販のヘアカラーを買っていくのだから、全部で3000円くらいにはなりますよね。それに比べたらなんて安いのでしょうか!
 
 この美容室がこんなありがたい値段なのは、やはり特殊な営業時間と関係があるようです。どうやらそこで働く美容師さんというのは、基本的にお子さんをお持ちの方のようです。折角美容師の技術を持っていても、子供がいると夜遅くまでは働けないし日曜は仕事に出られない・・・・そんな美容師さんたちの都合と、リーズナブルな美容院を求めるお客のニーズを上手く一致させたのがこの美容院というわけです。

 ずっと気になっていた生え際の白髪がきれいに染まって、気分もウキウキします♪。なんだか少しお洒落をしたくなってしまいました。

テーマ : 今日の出来事 - ジャンル : 日記

疲れ取りのジョグだったのに・・・

5.0km 47分10秒

 朝8時、予定通りダンナと一緒に河川敷にラン&ウォークに出かけました。

 昨日から右足の太腿付け根と膝廻りの痛みが気になっていましたが、家の中でじっとしている間は特に違和感はありません。そのため、逆に走り出してみないとどの程度痛いのか判断が出来ません。最悪の場合は、ダンナには一人で走ってもらって、私は歩いて5km踏もうというつもりで河川敷に出かけました。

 家の中ではさほど痛くなくても、河川敷に向かって歩き出したり、ウォームアップをしているとときおりズキッと鈍い痛みが走ります。昨日と違って痛いのは右太腿付け根だけです。

 2人でスタートと決めている、土手から河川敷へ降りる階段の手すりの位置から、一緒に走り出しました。なんだか走り出してどうなるのかが怖くて、いつもと違ってダンナに置いていかれそうな距離が開いてしまいましたが、それにも構わず1歩1歩をしっかり踏んで、痛みが走るかどうかを確かめるように進みました。
 最初はゆっくりペースだったダンナも、次第に調子が出てきたのか7分を切るペースへとアップ。それにつられるように私も等間隔でペースアップしましたが、どうやら痛みは出ない。結局2人ともそのまま無心で1.7kmほど走り、そこで苦しくなって歩きましたが、そこで気がついたのは「走る前と違って、太腿付け根の痛みが全くなくなっている」ことでした。これには走って悪化することを恐れていた私はびっくりです。これがよく言われるアクティブ・レストなんですね。むしろ走る前よりも、まるで痛み物質が血流か何かで流され洗われたように、すっきりと軽い。様子を見ながらのゆっくりジョグにはこんな効果もあるということを実体験しました♪。

 ところで1.7kmを走ったといえば、30代半ばで不整脈が出てから走りを止めていたダンナにとって、その当時以来の最長走行距離なのでした。本人曰く、「昨日、船場で走っていなかったら今日はこんなに走れなかったと思う」。やはり昨日の走りは、私にとってだけでなくダンナにとっても良い刺激走になっていたようです。
 いつもよりも長い距離を走ったダンナは、さすがにその後は苦しくてウォーキングに切り替えましたが、どうやら頑張ってこの5kmを出来る限りランで完走したいらしいです。数百メートルほど歩いたところで、「さぁ走るか」と言い出してラン再開。慌てて私もそれに従いました。

 結局ダンナは頑張って、そこで1km弱を走り、またしばらく歩いたあとラストの約1kmをまたラン。もちろん私も同じペースで進んでいきました。但し最後の1kmだけは、ダンナに「私、最後に100mの流しを入れるよ」と伝えて、最後100mはダンナを置いてダッシュ。
 と、これがどうやらいけなかったらしい。終わった時点では、さっきまであんなに楽になっていた痛みが、右膝廻りに出てきました!今度は歩くたびに痛いです。
 ストレッチをすることでどうやら走り終わった直後に感じた鋭い痛みは落ち着きました。が、昨日の夜から寝ていた痛みをスピード練習で起こしてしまったわけですから、今度こそきちんと手当てしないといけません。
 とはいいつつも、家に帰ればシャワーを浴び、朝ごはんを出して、洗濯モノを干し・・・と、なんだかんだであっという間にこんな時間です。ダンナはさっき、趣味のラジコンカーを走らせに改めて河川敷に出かけました。
 やれやれこれでゆっくり出来ます。今から氷嚢でアイシングしてみます。

テーマ : RUNの記録 - ジャンル : 趣味・実用

初めて感じる膝廻りの激しい痛み

 やばいことになりました。なんか足、もっと詳しくは膝、膝廻りの筋肉、太腿の付け根あたりが、ちょっと今までにない痛みです・・・・。

 今日はもう月曜日で、こんな時間になってしまいましたが、以下書くことは昨日の出来事です。
 日曜日はいつものように夕方5時まで仕事。で、ダンナも昨日は夕方には出張から帰ってくる予定でした。私もダンナも翌日の月曜日はそろってお休みなので、「日曜日は仕事が終わってから一緒に船場・日本橋・難波に行こう」と約束していました。

 船場というのは、大阪で古くから栄える繊維問屋が集まる大きな町です。私も最近大阪に越してきたので昔のこの町を知りませんが、今は繊維問屋ばかりではなく、業者向けの販促物全般を扱う大型店などもいくつか建っています。うちのダンナはそのうちの一件、「シモジマ」で仕事に必要な販促物を買うため行きたかったのでした。そしてわたしもついでに、ちかくの難波で化粧品を買いたかったので一緒に行こうと約束していたのでした。

 私が5時過ぎに家に着くと、ダンナは既に帰っていて何やら電話をかけている最中。どうやら、念のためシモジマに電話して、商品の在庫があるかどうかを確認している。
 しかしなかなか繋がらず、何度も何度もかけなおしてやっと繋がりました。在庫はあるが、日曜日の営業時間は夕方の6時20分までとのこと。なんとその時点で既に5時29分ごろ!家からだとシモジマに着くのは、ぎりぎりになりそうです。
 そこから大急ぎで支度して電車に乗りましたが、途中の乗換駅でダンナが切符をなくすなどアクシデント発生。乗り換え駅を走って移動し、構内の階段を2段飛ばしで上り、それでも最寄り駅の本町に着いたときには私の時計で6時21分。

 「もうだめか・・・」そう思ったのですが、ダンナは意外な粘り強さを見せました。なんと本町のホームに降りたときから、シモジマめがけて走り出したのです!いつもは一緒に走りに行っても、心臓を理由に適当なところで止めてしまうダンナが、むしろ私以上にしつこく走り続けています。それを見て嬉しくなった私も、「よっしゃあ、シモジマまで走ろう!」と決心。ダンナについて走っていたのですが途中からダンナを抜いて、先に走り始めました。

 ところがダンナも私も、駅から店までの道順はあやふやな記憶しかありません。そのために同じ交差点を行ったり来たりしたり、もっと近い出口があったのに遠い出口から走ったりと支離滅裂な動き。おかげで、もしかしたら実際の最短距離よりも長く走って1キロくらいにはなったのではないでしょうか?いや、体感的にはそのくらい走った気がします・・・。
 なんといっても、いつものLSD走とは走るペースが違います!いつものLSDなら、長くゆっくり走ることを一番に心がけて、とにかく無理のないペースを維持することばかり。
 ところが昨日はそれとは真逆で、少しでも早く決められた時間までにゴールに着かないといけない時間を競う走り。おのずとペースも上がるし、きっと膝も上がっていたことでしょう。たった1キロ程度なのに、途中から息が上がってきました。
 しかしそこで偶然にもシモジマの看板を発見し、慌ててダッシュ。しかし無残にも、既にシャッターが下りていました。

 ダンナは?と振り返ると、彼も頑張って私とそれほど離れることなくこっちへ向かってくるところ。彼が店の前まで来るのを待ち、二人で無言でがっかりして店の前を離れかけたところ・・・・ビルの横手にある通用口らしきドアから灯りが!もしやお願いすればまだ入れるかも?としつこく駆け込んだところ、案の定店のレジは精算を始めているらしい中、店長さんらしき方が「お決まりでしたらどうぞ」と優しく仰ってくれたので、なんとか目当ての商品を買うことができたのでした^^☆。

 その後は、電車で難波に行き、大阪一の電気街である日本橋でダンナはメモリを買い、私はなんばパークスで化粧品をGET。結局予定の買い物は無事全部済ませることが出来て、大喜びで帰ってきた2人。

 ・・・難波から最寄駅まで帰る電車の中、ふと膝を曲げると右膝が痛い!!それもよく経験するだるさ程度ではなく、おしゃべりしていても「うっ!」と声を上げて手を当ててしまうほどの痛み。痛む場所をよく観察すると、膝というよりも膝関節を動かしているのであろう膝廻りの筋肉のようです。やばい、こんなの初めてだ・・・。
 更に最寄り駅に着いて、駅出口までの階段を降りていると、これまた足を下の段について体重をかけた時、股関節の下の太腿の付け根の筋肉がこれまたぎくっ!という感じで痛いではないですか!!思いがけない痛さで、普通に降りれなくて太腿を押さえながらゆっくりと降りるほどです。

 恐らく、土曜に今までで最長の距離を走ったあとに、日曜は船場で珍しく速く走ることをやったので、疲労している上にいつもと違う筋肉が急に使われて悲鳴を上げたのではないかと思っています。
 一晩寝て、これを書いている間は今のところ大きな痛みは感じないのですが、月曜は夫婦で休みなので恒例の5kmウォーク&ランに行く予定でいます。
 足のことを考えたら私はお休みするべきでしょうが、ダンナが最近走ることにモチベーションを上げ始めているので、出来るだけ一緒に楽しめるような雰囲気に盛り上げたい。それだけじゃなく、やっと春らしい晴天になりそうなのでせっかくの休みは外で遊びたい!
 こうしている間もずっと悩んでいます。明日もLSD走に出たいし、よく体調を見極めないといけません。

テーマ : ( ;´Д`)いやぁぁぁぁぁー! - ジャンル : 日記

迷子になりかけました

 私の住む大阪では、今日の午前中は雷も鳴るほどの激しい雨でした。そんな中、傘を差しながらの自転車運転で出勤。午前中は雨ザーザーの天候で仕事をしていました。
 それがお昼ごろになるといつの間にか雨は止み、それどころか空は一面高い青空に!今日はお昼までの仕事だし、こりゃあちょうどいい!さっそくLSD走に出かけよう♪。

 前回のLSDは、20km走るという目標はかろうじて達成したものの、往路から既に時々歩きが入るという調子の悪いランでした。なので今日の目標は、まず歩かないこと。そして距離走ではなく時間走で、2時間半走るということです。

 コースはいつもの茨木?江坂。・・・のつもりで走っていたのですが、以前紹介した、吹田にあるアサヒビール工場の辺りに来た頃だったでしょうか。ふと、「今日は違うコースで走ってみよう」と気が変わりました。

 いつものコースでは、県道14号を茨木方面から江坂方面に向かって真っ直ぐ走ると、7?8kmあたりにある吹田市役所前まで出ます。道はそこから国道279号線と名前を変え、市役所前から更に300?400mほど進んだところで279号線が右に折れるのです。その右に折れた道を真っ直ぐ走っていくと江坂駅前に出ます。これがいつものコースです。
 今日は、279号線に沿って右折するのではなく、敢えて直進してみました。

s-DSCN0166.jpg

 ちょっと分かりにくいかも知れませんが、画面に写っている道が二股に分かれているのが見えるでしょうか?手前からやや右斜め前に向かって伸びている道が279号線で江坂行き。反対に、画面右から左に向けて直進している道が、今日走った道です。これは道路標識を見ると、どうやら名前がまた「県道14号線」に戻るのでした。

 この道はちょっと走ると、進行方向左側に吹田警察署があります。そのせいか、それほど交通量がない割には道幅が広く、車道もゆとりがあるだけではなく歩道もゆうに3、4人は並んで歩けそうな道幅です。比較的新しいブロックを敷き詰めた歩道で、ガタガタもなく本当に走りやすい。いっぺんで気に入ってしまいました。少なくとも江坂駅前で、人ごみをよけながら狭い歩道を走るのに比べたら天国です。もしかしたらこっちが定番になるかも知れない・・・とさえ思えました。

s-DSCN0170.jpg

 この写真は、吹田警察署前からその道を写したものです。しかし往路ではなく復路で写したので、行きとは反対に警察署が右側に写っていますが。とりあえず、走りやすい綺麗な道であることは分かりますでしょうか?

 このあとは「いい道見つけたっ♪」とばかりにいい気分でこの道に沿ってどんどん走る走る。ところが、警察署を過ぎてから数百メールほどで、景色の様子が変わってくるのです。
 警察署周辺では道沿いにコンビニがあったり、町の人相手の小売店があったりと市街地という趣でしたが、いつのまにか景色は「倉庫地区」「工場地区」といった町並みになってしまいました。写真を撮ろうかとも思ったのですが、なんだか通っているのは荷運びのトラックくらいなもので、乗用車はおろか歩行者や自転車も通りません。そんな場所でのんびりジョギングしているのは如何にも浮いた感じで、わざわざ立ち止まって写真を撮る気にもなれず・・・。強いて言えば、築ウン十年かというような見るからに古いマンションも倉庫に混じって(!)いくつか建っており、小さい地場系のスーパーマーケットもあったりして、かろうじて生活臭はある町ですが。

 自分はどこに向かっているのだろう・・・だんだんそんな不安が増してきて、心細くなってきました。かといって、この時点ではたしかまだ走行時間は1時間を切るくらい。ここで引き返したらまた中途半場な記録にしかならないし・・・。最低限迷子にならないように、ひたすら今走っている大きい道から外れないように走る走る・・・・。

 と、先を見ると、なんとこの道が何やら土手のようなものにぶつかってT字路になり、左右に道が分かれているではありませんか。え?っ、直進なら何も考えず進めるけど、左右のどっちに行けばいいんだ??
 考えたって仕方ない。もう直感で、T字路を右に進みます。するとこれまではあんなに広い道だったのに、いきなり土手沿いの犬の散歩道のような、細い生活道路になってしまうではありませんか。こりゃあこの道を進んでいったら確実に迷子になるな・・・。
 と考えながら走っていると、お約束ですが土手に上がれるように小さいスロープの小道がある。いっそ川沿いに出てしまったほうが自分が今どこにいるのか分かりやすいのでは?というわけでさっそくスロープを上がり土手の上へ。
 すると・・・・

s-DSCN0167.jpg

 なんとビックリ!こんな綺麗で走りやすそうな川が流れていたのです!てっきりよくあるドブ川だろうと高をくくっていた私ですが、いきなり目の前に開けたこの景色に大感激!実際、ランナーも走っていました。
 どうやら少し先まで走れば橋が架かっているようです。それを見れば、橋の名前や川の名前が分かるだろう。ということで、そこまで走ってみました。
 しかし気持ちいい・・・。こんな鳥もいました。実はこの鳥、私がいつも走る近所の川にもいます。こんな自然も残っている川です。

s-DSCN0168.jpg

 橋に着き、彫られている名前を見たのですが古くて判然としません。(帰ってから地図で確認したところ、川は糸田川、橋は新糸田川橋というそうです。)仕方がない、記憶だけを頼りに来た道を帰るか・・・と橋のすぐ横の建物に目をやったところ、見覚えのある建物が!

s-DSCN0169.jpg

 看板には「江坂ボクシングジム」とあります。そうか、吹田警察署前から南吹田を通って、結局江坂に来たのかぁ!
 そしてその建物にも確かに見覚えがあり、いつも江坂駅前まで走るときはこの新糸田橋を通っている記憶がうっすらとあるのです。なんですが、いつもゼーハー苦しいせいか、どっちに向かって走れば江坂駅でどっちに向かって走れば茨木なのか、いまひとつ自信がない・・・・。
 情けないことに、結局来た道を引き返すことに。しかしそれもまた、いくつかあるスロープのどれから土手に上がってきたのかあいまいで、ちょっと間違った道に入りかけてしまいました^^;。

 でもまぁ一応その後は吹田警察署前につながる道に戻ることができ、無事に帰ってくることが出来ました。やれやれ、ちょっとした冒険でした^^;。
 しかし県道14号線、そして糸田川、レギュラーコースにしたいほどいい道でした。途中の倉庫街がちょっと気になりますが、少し工夫すればいいとこ取りでコースに出来るのでは?

テーマ : 今日のランを振り返って - ジャンル : 趣味・実用

楽しくて気持ちよかった21.52km

21.52km 2時間30分45秒66

 今日のランは、気持ちがよかった!楽しかった!

 今日走りながら意識していたことは、着地した足に全体重をしっかりかけること。そして着地はしっかり身体の下にすること。
 こうして走ると、自然と体幹をしっかり支えるよう腹筋や下腹部に力が入り、無駄に身体がぶれない感じがして気持ちいいです。

 もしかして自分は今まで、着地する際の足の衝撃を怖がって、低い重心で走っていたのかも知れません。だから腰も落ちていたのだろうし。
 以前まりもさんからアドバイスいただいた「吊られているような感じで」重心を重心を高く保って、身体の真下で着地して、その足にしっかり体重をかける。これをやれば、自然に身体が前に出るし、体軸も安定します。
 あ、そういえばあともうひとつ気づいたことが。着地する足の裏ですが、踵から入って踵に体重を乗せるような走り方になると、なんだか身体が前傾していないようです。着地する足の裏は、土踏まずからつま先までの前方部分に体重をかけるようなつもりで着地すると、なんだか上手く前傾するようでした。
  その他の些細ないつもとの違いといえば、いつもは4呼間で呼吸していましたが(スースースースーハーハーハーハー)今日は2呼間で。走っているうちにそのほうが楽なような気がして。2呼間だと息が浅くなるかと思っていましたが、むしろ自然な感じだったのでこちらのほうがいいのかも知れません。

 今日は距離よりも、時間走のつもりでした。なので2時間30分にこだわり、ほぼそれにぴったりの時間まで走り、結局距離も今までの最長を記録☆。2時間30分に到達したのを見て、100mの流しを入れたところで、上記のタイムです。
 今までは18kmでやっとだったり、20kmで歩きながらだったりとなかなかうまく行きませんでしたが、今日は見事完走です^^。中二日の休養日を入れたのが良かったのでしょうか?

テーマ : RUNの記録 - ジャンル : 趣味・実用

名言

 「何も咲かない寒い日は
       下へ下へと根をのばせ、
              やがて大きな花が咲く。」


 高橋尚子さんの座右の銘だそうですね。さっき、ちょっとしたことをネットで調べていたらこの言葉が出ていました。
 なんだか妙に胸が締めつけられて、泣けてきました。
 いい言葉なので、忘れないように書いておこうと思います。

テーマ : ひとりごと - ジャンル : 日記

続・最近のガーミン リセット後

 3月8日に「最近のガーミン」というタイトルで、私のガーミンが1時間ほど走るとコンパス表示に勝手に変わってしまうという話を書きました。
 それについて、London Japanさんから同じような症状があるというコメントをいただきました。London Japanさんも同じように、初期出荷状態にリセットして使っていらっしゃるそうですが、コメントの文面ではその後も繰り返し同じ症状が出ているようにも読めて、少し心配でした。

 そこで私もリセットしたあとはガーミンがどんな状態だったかをここで報告しようと思い、これを書いています。

 結論から言うと、リセットしたあとは全く正常に動作しています。20km前後走ったのは、リセット後2回。その他5km程度をちょこちょこと・・・・という感じで走っていますが、少なくとも今のところは走り始めに設定したストップウォッチ表示のまま最後まで変わりません。

 London Japanさんの最近のガーミンは如何でしょうか?

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

鍋倉先生に答えてもらえました!!

 今日はダンナが出張中。なので早めの夕ご飯をさっき食べ終わり、くつろいでパソコンタイム。そういえば最近、自分のランの記録をつけるときしかジョグノートを開いていなかったことを思い出し、新着情報チェックとばかりに閲覧してみました。

 ジョグノートで私が一番楽しみにしているのは、鍋倉賢治先生のコラム『楽しく走ってステップアップ』です。このコラムにはこれまで何度助けてもらったことか・・・。鍋倉先生のコラムが素晴らしいのは、サブスリーを狙うようなシリアスランナー向けの話題から、まだまだ走り始めたばかりの初心者向けの話題まで、およそあらゆるランナーが参考に出来るアドバイスが豊富なのです。またそのアドバイスが、よくありがちな一般論や教条的な話ではなくて、鍋倉先生ご自身が汗をかいて走ってきた経験から生み出されたことを感じさせる血の通った話なのです。
 未だにそうですが、これまでも何度も「もう私はこれ以上練習しても走れるようにならないかも・・・」と挫けそうになったとき、これを読むと不思議とそんな初心者がもう一度立ち上がれるような勇気をくれるコラムです。

 そんなわけで、実は私、数ヶ月前にこのコラムに、質問のメールを出していたのです。12月上旬に10kmなら走れるようになったものの、驚くほど遅い。何回か走っても、相変わらず苦しい。自分は今後、距離を延ばす練習をするべきか、それとももっと速くなる練習をするべきか、迷っていた時期でした。
 そしてもうひとつの悩みが、今と同じくフォームでした。走ろうと思えば何とか10kmは走れます。でもガラスに写った自分の走っている姿が妙に汚い。ものすごく遅いのに疲れる。走る度に決まった筋肉や骨格を意識して走っているつもりなのに、その時々で違うところに力が入ってしまっているみたい・・・・不安だらけでした。
 そこで悩みに悩んで、思い切って鍋倉先生のコラムに質問のメールを出したのです。このブログを始めるよりもずっと前ですから、12月、あるいは1月初めだったでしょうか。

 もちろんすぐにコラム上で回答をいただけることはなく、それから数ヶ月が経ち、私も半ば忘れかけていました。
 ところがさっき「第101回 Q&A 家族や友人に走る楽しさを伝えたいのですが・・・」のコラムで、なんと2番目の質問に私の質問が取り上げられているではありませんか^^!!
 鍋倉先生に送った質問は2つあり、ひとつは先に書いた「今後どのような練習をすればいいか?」、もうひとつは後に書いた「フォームを修正するにはどうすればいいか?」という質問です。今回はフォームについての質問が取り上げてもらえたということですね♪。

 まだまだ駆け出しの初心者ランナーの質問にもこんなに丁寧に回答していただいて・・・(感涙)。しかもさすがというか、私が全く想像もしていなかった答えをいただきました。これが鍋倉先生の経験から導き出された生きた知恵であり、真髄です。

 相変わらず単純ではありますが、拙い質問にも答えていただけたこと、そして先達の知恵を借りればまだまだ壁を打破する方法はあるということで、一気にモチベーションが上がってきました。
 調子いいのですが、鍋倉先生が勧めてくれた走友会の参加、真面目に考えてみる気になってきました^^;。

テーマ : 実用・役に立つ話 - ジャンル : 趣味・実用

ひとまず安心

 先日、私の働くコンビニの求人に応募してきてくれた女性が、今日の午後面接にやってきました。

 この女性、実は応募してきた時から私たちの間ではちょっと憶測を呼んでいたのです。それは、20代半ばの主婦であるにも関わらず、なぜか面接の申し込みの電話をご主人がかけてきたということ。不思議なのは、後日責任者から改めて電話すると伝えると、これまた本人ではなくご主人の携帯に電話を欲しいというのです。
 更に、今日は面接の約束時間の30分ほど前になると、なんとご主人からまた店に電話が!てっきり「今日は行けなくなった」の電話かと思いきや、「今日は妻が面接に伺うと思いますが、よろしくお願いします」という内容。
 一体なんで??

 時間になってご本人が現れました。いたって普通の女性、いや普通以上にほがらかで明るく感じのいい女性です。すぐに奥の事務室に入っていかれて、責任者と面接していました。
 30分ほどして女性は帰っていきましたが、責任者から話を聞いてビックリ!そして納得。女性は、中国人だったのです。
 どうやら日本語もまだまだ勉強中といった感じで、面接での質問もなかなか伝わらない様子だったよう。そんな状態ではさすがに仕事は難しいだろうと、結局お断りすることにしました。

 しかしこんなことで、本当に条件にぴったりの人が応募してくれるのでしょうか?今日は面接のあと、店長が募集の張り紙に「土日勤務可能な方 大歓迎」と付け足して書いてました。
 けれど、やはり責任者と話をしてみると、今回の募集はあくまでも人が足りなくなった日曜日に出てもらえる人を探しているということで、私たち既に働いているスタッフのシフトは変更しない方針のようです。やれやれ・・・。

テーマ : 職場でのできごと - ジャンル : 就職・お仕事

主婦ランナー、今日の優先順位

 今日は大阪はとってもいい天気です。最近では珍しく、一日中 一時も曇ることがありませんでした。
 こんな日はもちろん仕事の後、走りに・・・と言いたいところですが、今日はこれもまた珍しく週の半ばにも関わらずダンナが出張ではなく、大阪支社出勤なのでした。
 ということは、今日の夜はうちへ帰ってくるわけで・・・・いえ、帰ってくるのがイヤだとかそんなのでは全然ないんですが、やっぱり私が一人で残り物で夕飯を済ませるのとダンナが帰ってきて2人でご飯を食べるのでは、メニューというか夕飯の準備が違うわけです。

 なんか最近、ダンナも仕事に疲れ気味の様子。見ていて可哀相ではありますが、仕事のことばかりは私にはどうしてあげることもできません。せいぜい、家に帰ってこれる日は、気持ちいいお風呂を用意していたり、ダンナの好きなものを出してあげたり、そのくらいでしょう。

 なので、ちょっと無茶かとは思いますが^^;、ダンナが帰ってくる日は「今日は何が食べたい?」と一言聞くようにしています。まぁ誰だって、朝から今日の夕飯のことを聞かれて答えられる人はそうそういないとは思いますが、一応、ね。
 今朝も出勤する前に聞いたのですが、その時の反応が、答えそのものよりも彼の表情とか雰囲気が・・・・なんか、「もう会社に行くのがイヤで、ごはんなんて細かいことはうんざり・・・」という表情に見えたのです。こんな兆候は初めてなので、ちょっと気になります。

 そこで今日、仕事が終わってからスーパーに買い物に行ってメニューを決めたわけですが、これがなかなか「これ!」というダンナの好物が決まらない。
 どうしても簡単な炒め物に傾きがちなのですが、本当は身体にはあまりよくないですよね。そこで今日はとうとう、炒り鳥にしてしまいました。まぁ炒め煮ではありますが、それほど油を使わないようにすれば根菜類と肉類が一緒に採れるから身体にいいのではないかと・・・。

 あとは我が家の定番であるグリーンサラダ。そしてもう一品欲しいということで今日の特売だった塩鯖。せめてダンナが好きなものを一品ということで、かつおのたたき。

 炒り鳥と決めた時点で、今日のランは諦めました^^;。だってあれって、材料の下ごしらえも結構あるし、煮含めなきゃいけないから時間かかるし。

 あ?あ、天気予報では明日から明後日、雨と風で荒れるって言ってます。なんか走らない日が3日間になりそうです・・・。

テーマ : 暮らし・生活 - ジャンル : ライフ

最近のモヤモヤ

 私が働いているコンビニ。
 朝から夕方までのA番、夕方から夜までのB番、深夜から翌朝までのC番と三交代で廻しています。基本的には、A・B・Cを誰が担当するかは固定しています。
 私はA番。A番は私を含め、主婦3人で365日営業しています。が、最近そのうちの1人の方が、都合が悪くなり日曜日の出勤が出来なくなりました。
 私はダンナの休みの関係上、日曜は出勤する前提で仕事をしていますが、このままではもしもう一人のA番さんが日曜日に出勤できないときは、私一人ということになってしまいます。
 いくら日曜日は比較的店が落ち着いていると言っても、一人ではトイレにも行けないしお客様1人に対応したらもう他のお客様には対応できません。それはさすがに難しいので、今新しい人の募集をかけています。

 実は今日、初めて応募したいという人からの電話があったのです。年齢や家族構成など、なかなか期待が持てそう。
 だけどひとつだけ不安なのは、その人が見たという募集の張り紙に「日曜勤務可能な方」という一言を書いていなかったこと。もしかしたら日曜は断られてしまうかも知れない・・・。

 それ以上にもっと不安なのは、もしかしたら勤務をお願いするのは日曜日だけになるかも知れないということなのです。学生さんでもない限り、一週間に1回だけの仕事じゃあ困りますよね・・・。

 そこでもし、「その人の勤務日を増やすために」以前から働いている私たちの仕事日が減らされたり、あるいはお休みの日が変更になったら・・・・。今さら困ってしまいます。

 こんなモヤモヤを抱えつつ、最近はすっきりしない気分で走っています。

テーマ : 職場でのできごと - ジャンル : 就職・お仕事

身体で覚える

 ランニングの練習が難しい理由。
 それは、言葉で形を捉えることができないからではないでしょうか。

 今日、着地した足に上半身を乗せるということを繰り返しやってみて、身体で確かめるつもりでした。
 身体で確かめるというのは、そのように動作したときに、自分の骨格や筋肉や神経が、どんな風に感じてどんな風に力が作用しているのかを、体感的に実感したいということです。
 ところが、その感覚が感じられても、それを言葉で表すことができません。あくまでも身体で感じる感覚でしか把握できないのです。

 『やった、会得した!これこれこういう感覚なんだ!』と言いたいのですが、神経や筋肉が感じていることは言葉で表現できないのです。言葉にできないということは、記憶保持する上で形をとどめにくいし、客観的に人に伝えることも出来ません。なにより、自分自身が忘れたときも、自分で言葉を見て思い出すということが出来ないのです。

 「効率がいい良い走り」、これは繰り返し繰り返し身体で感じさせて、身体に覚えさせるしかないのでしょう。
 いったい何年走ればそこまでいくのか、見通しすらつきません。

テーマ : 今日のランを振り返って - ジャンル : 趣味・実用

繰り返す悩み

5.01km 39分28秒99

 今日はいつもの近所の河川敷を走りました。見事惨敗です。苦しくて、走っては歩き歩いては走り・・・。

 今日の走りは、昨日 ブログに書いたとおり、『着地した足に上半身を乗せる』ことを身体で確かめることが目的でした。
 ところが、これを意識しすぎたのか、走り始めてまだ2kmになったかならないかくらいで早くも脇腹、そして腹筋が痛みはじめました。恐らく(自分でも走っていて薄々気がついていたのですが)着地した足に上半身を乗せるということを意識しすぎて、腕振りではなく上半身を回していたようです。そのせいで脇腹が痛くなったのでしょう。
 これは明らかに間違いです。こんなに無駄な動きをしていたら、何よりも効率が悪い。すぐに疲れて長距離を走りとおせなくなります。実際、今日の私は疲れ、そして脇腹の痛みで片道も走りきることができず、歩いてしまいました。

 さすがにこれはおかしい。上体をひねりすぎてる。もっと省エネルギーで効率のいい走り方があるはず・・・。
 そう思って、帰路はあまり『上体を乗せる』ということを過剰に意識せず、もう少し自然に走ってみました。そうするとたしかにそれなりに、肩を揺らしたり上半身を回すのではなく、腕振りと連動して足が骨盤から前に出てそれに体重を乗せる感じに近づいたかも?
 ただ、この姿勢を保つにはかなり体幹の力が必要な気がしました。いっそ上半身が腕振りにつられるように回っていれば、身体の力は要らないかも。腕や骨盤が動いてもそれにつられないで体軸を保つ、それも足が地面を蹴って身体が宙に浮いているときに体軸を保つということこそ、腹筋なのか丹田なのか分かりませんが身体の力が必要です。

 今までやってきた走り方というものは、きっと理論的には間違いだらけであってもそれなりに経験的にそこそこ効率よく走れる形なのでしょう。それを止めて新しい走り方にするというのは、疲れるのが当然なのかも知れません。
 しかしそれにしても、5kmを歩いたり走ったりしながらやっと踏んだ自分は、何をやっているんだろう・・・と、今日は走りながら思ってしまいました。
 5kmを走りきることができなかった頃は、情けないと思いながらも走ったり歩いたりを繰り返して、「いつか5kmを走れるようになるまでは、諦めず歩きが入っても5kmを踏もう」と思っていましたが、20kmに近づく練習をしている今でもまだ同じことをやっているのです!私は、もしかしたら42.195kmを完走できるようになるという目標を達成したあとでも、同じような悩みを繰り返しているのかも知れません。

テーマ : RUNの記録 - ジャンル : 趣味・実用

着地した足に上半身を乗せる

 今日の走りでも、相変わらず腰が引けてお尻が後ろに残っていたような気がする。
 そこで、もう一度PCにブックマークしていた、金 哲彦さんの動画で良いフォームを確認した。

 動画とは別に、コマ落としで良いフォームでの走りが紹介されている。その中で着地した瞬間のコマにつけられているコメントにハッとした。

『着地した足に上半身を乗せる

 心あたりがある。
 私の場合、「身体の重心の真下で足を着地させる」という意識。だけどそれじゃあいつまでたっても前進しない。それがおかしいことは少し考えれば分かっているんだけど、ひたすらそれを“正しい走り方”だと信じているから、上下に跳ねるような着地になっていたかも知れない。

 そうじゃない、着地した足の真上へ身体を持っていくんだだから前進するんだ。だから進むという動きが足だけの動きではなくて、骨盤ごと動かすダイナミックな動きになるんだ。

 ヒントがあった。明日はこれを確かめてみよう。

テーマ : 今日のランを振り返って - ジャンル : 趣味・実用

ウエストポーチの感想

 「茨木?江坂駅前」の記事に、さっそくひなたさんからコメントをいただきました^^。ひなたさんもいよいよ5kmを走れるようになり、いろいろなラングッズに興味を持ち始めているそうです。
 そこで、今回 私が使ってみて思いのほか良かった、アシックスのウエストポーチの感想を書こうと思います。

 写真は昨日の記事に掲載したとおりですが、肝心の型番が・・・・。まだゴミの日じゃないからくずかごの中に捨てたタグがあるよな・・・・・と、ごそごそ探してみたらまだありました^^;。
 型番は、EBT131.品名は、エントリーポーチとなっています。サイズは(H)13cm×(L)23cmとのことです。既に報告のとおり、これはマチがまったくありません。このサイズに今日入れていったものは、キャノンクールピクスのデジカメ(但し、ウレタン製のカバーに入れた状態です。カラピナもついてます)、ポケットティッシュ2つ、花王ソフィーナの小さいほうの日焼け止め、1200円が入ったレスポの薄っぺらい小銭入れ、そして家の鍵でした。

 このポーチ、他のものと違うのは、着けて走っていてもポーチの中で物が揺れません!!やはり売り場の方が言うように、この薄っぺらい形がむしろ中の物を押さえてくれている効果なのでしょう。
 では、たびたびデジカメを出し入れしてみて使いにくかったかというと、ポーチ自体の素材が柔らかくて且つ開口部のファスナーも三辺に渡って全開で開くので、そんなにストレスは感じなかったです。(強いて言えば、私はデジカメを縦に入れたかったのですがポーチの高さがそこまではなく、横に入れることになりました。それがたまたま私には入れにくかったというだけです。)
 ファスナーをガバッと開いても、中の物が落ちないように蛇腹で受けるひだひだもついてますので、安心だと思います。

 そしてこれが安定していたもう一つの理由は、ウエストのベルト部にゴムが使われていることだと思います。 今までの私は、ウエストポーチをついついお尻の上辺り、つまり一番腰がくびれているところに巻いていたんですが、それだとお尻の上に乗っかっちゃって走るたびに揺れます。かといってもっと上のほうに巻くと、当然それより細いところまで落ちてきちゃうじゃないですか。結局どっちに巻いてもストレスです。

 ところがこのポーチ、売り場で試しに巻いてみると、売り場のお姉さんが「それよりももっと上に巻いて下さい」とアドバイスをくれるのでした。「そんなものなのかな?」と思い、今日はそれに従っていつもよりも上の位置に着けて走り出しました。

 でもでも、結局20km走りましたが全然下に落ちてこないのです!恐らくその理由は、ぎゅっとベルトを締めるとゴムが伸びてくれるので、それがしっかりと胴に食い込んで(というのは言いすぎでしょうが)抑えてくれているのではないか、と・・。

 これ、当たりかも知れません。なかなかお勧めだと思いますよ♪

テーマ : 実用・役に立つ話 - ジャンル : 趣味・実用

茨木?江坂駅前

 今日はあまり細かいことは決めず、まずは走り出しました。最近のLSD走でいつも走っている江坂駅前までの道です。

s-DSCN0156.jpg

 県道、いや大阪府だから府道というのでしょうか?14号線をまっすぐ大阪方面に向かって走ります。
 この道は、それほど道幅が大きくはないのですが、大阪から高槻を通って京都まで繋がる道ということで、結構大型のトラックなどの交通量が多い道です。中規模の幹線道路といったところでしょうか?
 そのせいか、沿道にはコンビニやガソリンスタンドが多く建っています。

s-DSCN0154.jpg

 週に1回 この道を走っていると、先々週はたしかレギュラーが95円、先週は100円、そして今週は109円と価格が推移していくのが分かります。ニュースでは原油安が一段落して今は少しずつ値を戻していると報道されていましたが、こんな風景からもそれを知ることができます。

 実はこの道の中で、ぜひ写真をブログに載せたい風景がこれでした。

s-DSCN0155.jpg

 この写真だと小さくて分かりにくいかも知れません。14号線に面して建っている企業の敷地に、ちょっとしたプールのような大きさの池があって、そこには大人の身長よりも背が高そうなこの白鳥の噴水があるのです。
 ちょっと古くなって、失礼ですがなんだかさびれた遊園地のメリーゴーランドみたいな怖い可愛さを感じさせます。お笑い路上観察の対象になりそうな逸品です。

 まだまだずっと14号線を走っていくと、吹田に入ります。吹田で面白い風景といえば、

s-DSCN0157.jpg

 なんだか分かりますでしょうか?かろうじて看板が小さく写っていますが、これ、アサヒビール吹田工場なのです。

s-DSCN0158.jpg

 いつもはこの前を通っても何も感じないのですが、今日はなんだか大豆でも煮ているようなちょっと臭い匂いが・・^^;。きっとビールの原料の麦とかホップでも加工していたんでしょうね。あるいは最近売れている第三のビール、大豆ペプチドでしょうか?
 
 アサヒビールの前を通り過ぎても更に直進します。阪急千里線を越えて進みたいのですが、それには跨線橋などはなく、小さな地下通路を通って千里線の向こうへ出ます。
 地下通路から出たところがすぐに吹田市役所。どうやらこの辺りから道の名前が、国道479号に変わるようです。
 
 市役所から300?400mほど進むと、479号線は右に折れます。それに沿って479号線を走っていけば、もうあと1?2kmで江坂駅前です。
 吹田市役所の辺りまでは、歩いている人もあまりなく、古い道ではありますがせかせかした雰囲気はなくてマイペースで走るにはなかなかいい道です。
 ところがその辺りを過ぎて江坂駅前まで一直線の通りに入ると、まず道路幅がぐっと広くなって如何にも幹線道路という感じの交通量。

s-DSCN0159.jpg
 
 この写真を撮った地点は吹田市役所から近く、江坂駅前まではまだまだ距離があるところですから、車の混雑具合は全然ましですね。この道をひたすら真っ直ぐ行くと、もっと歩いている人も車も多い江坂駅前に出ます。

s-DSCN0161.jpg

 これは江坂駅前の交差点を歩道から撮った写真ですが、こうしてみるとふと六本木交差点を思い出しました。道の広さは六本木の方がたしかに広いでしょうが、ごみごみした混雑ぶりは確かによく似ています。車も人も多く、ちょっと走るとすぐに信号があって走りにくい街です。このコースの中では、私が一番走るのがイヤな地点です。

 ここまででちょうど9kmくらいなので、今日は距離稼ぎに479号線をそのまま真っ直ぐ走って駅から遠ざかってみました。
 1kmくらい駅から離れればちょうど片道10kmなので、往復で20kmになるでしょう。そのつもりで走っていたのですが、たしか800mほどのところで橋に出くわしてしまいました。

s-DSCN0163.jpg

 道の先の方が隆起しているのが分かるでしょうか?もうそろそろしんどくて、坂を上がるのはやめておこうとここで引き返しました。
 帰路、江坂駅前の道路標識をみるとこんな表示でした。

s-DSCN0165.jpg

 茨木まであと11km。走れない距離ではないはずなのですが、やはり改めて見ると『うわぁ?、まだまだ先だ・・・・』と身が引き締まります。

 何度か同じ道を走っているとついマンネリな気分になりますが、こうしてちょっといつもと違うことをするとなかなか楽しめますね☆。


 


テーマ : 今日のランを振り返って - ジャンル : 趣味・実用

風景を撮りながら

20.0km  2時間27分17秒71

 や?、やっと20kmを走りました、一応・・・・。一応というのは、ばっちり完走というのではなくて、ところどころ歩いてしまったから。でもまぁ、今走りきる力がないのに無理してもしょうがないし、仮にたまたまコンディションが悪かったのなら、また走れるでしょう。今日は無理しないことを第一に、20kmを踏むことを目標にしました。

 それよりも今日は、かったばかりのサングラスをかけて、デジカメを携えて走りに出かけました。
 まずサングラスの使い心地は想像以上です!目をしっかり見開いて前を見ることが出来るので楽ですし、視野全体が適度な明るさに落ち着くので走りに集中できます。驚いたのは、軽いこととものすごく安定していること!!走っている最中、邪魔になることは一度もなかったばかりか、いつの間にかかけていることさえ忘れていたくらいです。こんなに良いものなら、もっと早く買っておけばよかった・・・。

 デジカメを入れたポーチも、ものすごく身体にフィットしていて全く邪魔になりません。これなら、ポケットがないウェアで走りに行くときも着けていくのに抵抗がないです。

 さて、走りながら撮った写真は次の記事で掲載しようと思います。

テーマ : RUNの記録 - ジャンル : 趣味・実用

SWANSのサングラス

 休養日に当てた今日、さっそく梅田にある阪急イングスに行ってきました。前から欲しかったサングラスを買うためです。

 考えていたのは、SWANSのサングラス。本当は専門店であるRunWalkStyleでアドバイスをもらいながら選びたかったのですが、さすがに置いていた種類がそれほど多くなく、いろいろな形を着けて試してみたかった私としては、在庫数の多いイングスで買うことにしたのでした。

 決して安い買い物ではないので、売り場の人に話を聞きながらだいぶ長い時間迷って、結局決めたのがこれです。

s-DSCN0152.jpg

 型番でいうと、SA-403 というものになります。

 私のこだわりは、ミラー仕様であることと偏光レンズであること。できれば夏の晴天から今の季節くらいの明るさまで対応できて、色が暗すぎないもの。
 しかしこれらの条件は相矛盾するところもあるそうで、例えば偏光レンズの場合はどうしても色が暗めになってしまうし、真夏の日差しでも使えることとあまり暗すぎない色とは両立しないということなど。
 また本当は、レンズの色は暖色系を選びたかったのですが、メーカーではひとつのフレームについて数種類の数多い色でレンズで作っているというわけではなく、どうやらひとつの型番について色はせいぜい2、3種類のようです。ですから色の面でも妥協しないといけません。

 というわけで、いくつかある条件の中から優先順位を決めて選んだのがこれです。やはり偏光レンズとミラー仕様は譲れない条件で、その中で私の顔に馴染みやすい形ということでこれになりました。
 明日は天気がよさそうなので、走りに行くときに早速試してみます♪

 そしてもうひとつ欲しかったもの、ウエストポーチもついでに買ってしまいました。

s-DSCN0153.jpg

 本当は身体にフィットするものに拘りたかったのですが、こんな小ぶりのポーチだと揺れないようにデザインを工夫するにも限度があるようで、どれも似たり寄ったり。それよりも、今使っているボトルポーチについているポケットよりは大きく、マラニック用のリュックよりも小さくという適度な大きさを選ぶほうが難しかった。

 このポーチはまちが全くなくて真っ平らな形なので、最初は「こんなのでデジカメなんて入るの?」と思っていたのですが、売り場の人によればその形で中の物が揺れるのを防ぐという効果があるそうです。試しに、念のため持っていっていたデジカメを入れてみると、確かにちょうどいい大きさで揺れも感じません。
 これも早速明日使ってみないと・・・。

 理由は分かりませんが、買い物から帰ってきて疲れきっています。これを書いている今も眠くてしょうがない。こんな状態で明日、ロング走は大丈夫でしょうか??

テーマ : 日記というか、雑記というか… - ジャンル : 日記

気になるアイテム『活力なべ』

 昔からの小さな悩み。それは、炊飯ジャーの中に中途半端にご飯が残っているとき、『どうやって今日のご飯を食べようか?』ということです。

 つまり、いつもの通りご飯茶碗1杯にしっかり足りる量のごはんがあるときは、もちろんおかずを作ってそれで夕食にするのですが、たまたまご飯茶碗に半分ほどしかなかったりして、『あともう少し食べたい!』ってときはどうしたらいいのか?と・・・。
 今は仕方がないので、よく真空パックになって売られているレンジで2分で出来上がるごはんを暖めて追加してます。でもあれだと大抵1パックが200グラムで、既に半分食べているのに多いんですよね。かといって最初からレンジでチンのご飯を食べてしまうと、炊飯器の中には中途半端なごはんがまた次の日まで残っちゃうし・・・・。

 まだ独身だった頃、そんな悩みを解決する便利グッズを雑貨屋さんで見つけました。今はもうどこかにいってしまったのですが、たしかプラスチックで出来た小さなお鍋のような形の容器。これは、といだお米を一合入れて電子レンジで加熱すれば、炊飯器を使わなくても少量のごはんが炊けるというもの。
 しかし電子レンジで加熱する時間がたしか15分ほど。そしてそのあとで蒸らしの時間を10分ほど置かないといけないので、「あともう少し食べたい!」と思ってからでは時間がかかりすぎです。そのようなわけで結局これはほとんど活躍することなく、どこかへ行ってしまいました。

 それ以来、なにかいい方法はないかと気にはなっているのですが、大抵は同じような問題にぶつかります。小さな土鍋で炊いたこともありますが、やはりこれもしばらく火にかけておいたあと蒸らさないといけないし。もう、真空パックのごはんで諦めかけていたところです。

 大阪に来てから、アサヒ軽金属という会社の『活力なべ』という商品のCMを見ました。いかにも大阪のオバチャンという感じの主婦風女性が歌いながら踊って商品の特長を紹介するコミカルなCMなので詳細なことは伝わらないのですが、とにかく謳い文句は『ごはんもお豆も赤飯も1分間。It's a miracle!』。普通は数十分煮ないと火が通らない料理も、1分で出来上がるということを強調。たしか白米もこれなら1分で炊けると言っていたような気がします。

 要は圧力鍋で炊けばいいってこと?ところがYahoo知恵袋で圧力鍋での炊飯について調べると、それをやった場合 妙にもちもちして美味しくない仕上がりになるらしいのです。
 じゃあ炊飯もできると宣伝している『活力なべ』と圧力鍋はどう違うの?とこれまた調べてみると、活力なべというのは圧力鍋の更に倍ほども加わる圧力が増すというもののようです。このために、普通の圧力鍋よりも更に加熱時間が短い1分間で料理が出来たり、ご飯が炊けるらしいのでした。

 なんだか活力なべ、妙に気になり始めました。CMでやっている「1分間で調理」なんてどうせ誇張だろう・・・と思っていましたが、使っている人の口コミを読むと全部本当にそうらしい!その人も「どうせ宣伝だけ」と思って期待せず買ってみたところ、「なんでもっと早く買わなかったんだろう」と思っているそうです。

 ネットでポチる誘惑を感じましたが、よくよく考えてみれば今のところはすぐにご飯を炊きたいというのだけが当面のニーズ。それだけのために3万円近くも払うことはないな・・・・と、一応冷静さを取り戻しましたが、気になってはいます。

 ガス代や時間の節約になるという話もありますし、もう少し情報を集めようと思います。
 
 

テーマ : 暮らしを助けるアイテム - ジャンル : 結婚・家庭生活

金 哲彦さんのランニングクリニック in 大阪

 今日はサングラスを見に梅田の阪急イングスに行こうかな・・・そんな軽い気持ちで、たった今イングスの営業時間をHPで調べてみました。

 す、すると・・・・・!今月の阪急イングスはランニングクリニックが目白押しではありませんか!!

 その中でも私がぜひ行きたいのがこれ!!

  『金 哲彦さんと走ろう「リーボック」体幹ランニング』

 なんということでしょう。毎度毎度フォームに悩んでは金さんの本に返っている私が今いる大阪で、直接指導を受けられる機会がまさかこんな身近にあるとは!!
 ぜひ参加したいところですが、やはり予想どおり開催日は日曜日。仕事がある日なのです。
 金さんのランニングクリニックに限らず、大抵のイベントは土日祝に開催されるものがほとんど。残念だけど諦めるしかないでしょうね(泣)。

 ・・・・・と、これを書いている途中で気づきました。
 「リーボック」がスポンサーの催しということは、体幹ランニングのクリニックとは結局、リーボックの商品「TAIKAN」のセールスではないでしょうか。
 そんなことに気づいてしまうと、なんだかおめおめと売り込みに引っかかりに行くようで、熱も冷めてしまうのでした。

テーマ : とくとく生活情報 - ジャンル : 趣味・実用

勘違い、そして誘惑

 今朝、ダンナが出張へ出発していきました。帰りは明後日の水曜日になるとのこと。
 水曜日なら私、休みだから家で待っていられるな・・・・と思いきや、カレンダーを見るとなんと、私の今週の予定は水曜も仕事になっているではありませんか!そういえば2週間ほど前から、11日は職場の都合で特別に出勤して欲しいと言われていたことを思い出しました。

 水曜日が休めなくなったことで、まず最初にガガーン!ときたのは、当然ながら今週のロング走の計画が崩れそうなこと。今週の休みは今日と明日しかなくなってしまいましたが、今日は空模様が少々頼りない様子。朝から雲が低く垂れ込めています。天気予報でも盛んに「傘を持ってお出かけください」と言ってるし。それに加えて、やはり仕事明けの月曜は自覚はさほどなくてもやはり疲労が溜まっているようで、走り出してもすぐにへたばってしまうことが多いです。なので、できれば月曜は休養日に当てたいと思ってもいるのです。

 そして明日の火曜は、お天気はほぼ心配なさそうですが、できればRWSに行きたいな・・と^^;。例のデジカメくらいの大きさが入るウエストポーチを探しに行きたいのです。本当は今日行きたいところなのですが、あいにくRWSは月曜が定休日。今日営業している他の店で探すことも考えましたが、ウエストポーチばかりはきちんと身体にフィットするものを選ばないと後悔先に立たずです。やっぱり買うからには専門店で選びたい。

 さて、今週のロング走はどうしよう??
 実はこのところちょっと疲労感が出ていて、休みを取りたいな・・・という気もしているのです^^;。例のeA式を見ると、
“ロング走を開始すると、作成したトレーニング内容が適切かどうかが、疲労としてはっきりと表れてきます。疲労が大きくなってきた場合には、ポイント練習を全く入れない「抜き」の週をつくるといいでしょう。”
と書かれています。う?ん、こんなのを見たら、ついついだらけちゃいますよね?。
 自分では、正直今くらいのスケジュールで走るのはそこまで疲労が蓄積するとは思っていないので、本当は今日も走るべきだとは思うのですが・・・。

 

テーマ : 今日のつぶやき - ジャンル : 日記

不良主婦ばっこ

 今これを書きながら、ビールを飲んでいます。
 いまどき主婦だってビールくらい飲むだろう、不良とは大げさな・・・・。いや、実はこうしてビールを飲みながらブログを楽しんでいる私の横で、ダンナが仕事をしているのです^^ゞ。

 本当は今日、ダンナは午後3時頃から出張に出かける予定だったのです。しかしやはり本人は、できれば家でゆっくりしたかったらしい。結局私が仕事から帰ってきたときには、大阪事務所で仕事をして家に帰ってくる途中なのでした。
 私はといえば、今日は帰宅したらもうダンナが出張に出かけてしまっているとばかり思っていたので、今日の夕飯は昨日のカレーの残りでいいや・・・といたってお気楽でいたのでした。もちろん何ひとつ買い物などせず、まったくノープラン。
 
 ところが帰ってみると、ダンナのスーツケースや仕事に履いていく革靴は残っているし、うちの中もいかにも今さっき出て行ったばかりのような様子。おかしいと思ってダンナの携帯に電話したところ、実はまだ大阪にいたことが分かったという次第です。

 ダンナも気を使ってくれて、今日は残り物でいいよと言ってくれています。が、やはり本人は結局今日一日仕事しかしていなかったもので気晴らしが欲しいらしく、外に食べに行きたいというのが本音。そこでダンナの仕事がもう一段落つくのを待って、今こうしてビールを飲んでいるというわけ。

 家事に育児に忙しい主婦の方からみたら、わがまま&贅沢ですよね・・。こんなことで好き勝手できる今の生活に感謝しないといけません。

テーマ : 今日のつぶやき - ジャンル : 日記

最近のガーミン

 最近いろんなブログや掲示板を見ていると、ガーミンのforeathlete405を使っている人が確実に増えている気がします。
 その理由は、どうやら最近 米国版が3万円代くらいで安く買えるらしいのです。その値段を聞くと、日本語版を定価で買った私はなんだか悔しい気もしますが、まぁ日本語版に拘りたかったのでそこは納得していますが。

 それよりも、最近 私のガーミンの調子がおかしいのです。
 2時間走をするようになってから気がついたのですが、走り始めて1時間ほど経つと、勝手に表示がコンパス表示に変わってしまい、ストップウォッチ表示に切り替わらないのです。
 一応道を把握して走っているのでコンパス表示は必要なく、むしろ自分が何時間、何キロ走ったかが知りたいのに、いくらべゼルを触ってもすぐにコンパスに戻ってしまうのです。

 すでに2回、全く同じ症状が出現。走るコースが悪いのかと2度目は途中からコースを変えてみましたが、やはり同じ症状です。おかげで帰路は今自分が何時間走っているかが気になって、走りに集中できません。

 これはもう放っておけません。さっそくガーミンのHPでFAQを調べましたが、同じ症状についてはかかれていません。次に日本販売代理店に電話をかけて、質問してみました。
 なんとなくナイキのスポーツバンドの再来のようなイヤな予感がしましたが、ガーミンでは思いのほか丁寧な対応。
 電話受付係の女性からどうやら技術者らしい男性にかわり、言われたのは「ガーミンを初期出荷常態にリセットしてください」。どうやら、GPSの機能がとち狂っていたらしいのです。
 しかしメーカーに返却したりせず自分で直せるのならお安い御用。さっそく言われたとおりリセットしてみました。
 その後、5kmの走りを2回やっていますが、5km程度では今のところ全く異常なしです。明日か明後日あたりには再び20kmを目指してみようと思っているので、それが試金石となりそうです。

 これだけ多くの人がガーミンの405を使っているのですから、似たような報告があってもよさそうなものですが、今のところそういう話は聞こえてきません。私が最初の事例ということなのでしょうか・・。

テーマ : 日記というか、雑記というか… - ジャンル : 日記

今月のお給料で

 私のお給料日は、毎月5日です。微々たるものですが、やっぱり入ってると思うと嬉しいですよね?♪。

 先月の2月は、5日にお給料が入っても「今月こそ使わずに貯めよう!」と思っていたのですが・・・・2月15日に初めての大会を走り終わって、つい気が緩んだのか「初めての大会を完走したご褒美だ☆」とばかり、新しいランニングシューズを買ってしまったのでした。確か12000円でおつりが来たくらいの値段です^^;。

 一番寒い冬の季節も終わったし、もうランニングウェアは去年着ていたものがあるから買い物する必要はない・・・はず。
 なんですが、実はこの時期そろそろ欲しくなっているものがあるのです。それはサングラス。
 河川敷を走るとき、水面に光が反射したり土手に生えている木々の葉に光が反射したり、まだまだ寒い日もある今の季節でも晴天の日は結構眩しいものです。普段から眩しいのが苦手な私。目をぎゅっとしかめて走っていますが、まっすぐ前を見られないのは走りにくいです。

 どんなサングラスにしようかずっと迷っているのですが、不思議なものでRUN用だと思うと普段はかけられないような派手なデザインにしてみたくなります。
 今私がひそかに狙っているのは、ミラー仕様のサングラス。もしかしたらレインボー色にしてしまうかも^^。
 明日にでも梅田あたりに見に行ってみようかと思っています。

 もうひとつは、ウエストポーチです。今持っているものはボトルポーチなのですが、ボトルは重たくてあまり持って行きたくない。なおかつ、これからはこのブログにももっと走っている最中に撮った写真も載せたいので、もう少しポケット部が大きいほうがありがたいです。
 そこで、あまり高くないものならばウエストポートも欲しいな、と・・。これはRWSで見てこようかと思っています。

 ついついこうやって、毎月のお給料が消えていってしまうのでした^^;。

テーマ : ショッピング - ジャンル : ライフ

最近お気に入りのドーナツ

 最近私がハマっているもの・・・それはこれです!

s-DSCN0642.jpg

 コンビニのサークルKサンクスで発売された、「モッチドーナツ」。

 ドーナツについては、韓国で食べ比べたダンキンドーナツ、クリスピークリームドーナツの記事を読んでいただければお分かりと思いますが、決してメジャーなメーカーだから美味しいとは限らない。
 特にがっかりしたのがクリスピークリームドーナツでした。「サックリ、もちもちした新しい食感」という評判でしたが、実際にはなぜか全く逆。シュークリームどころじゃないふわふわした生地で、噛んでも噛み応えが全くなく、口の中では溶けてなくなりそうな頼りなさ。もちもちした食感ってなんのことでしょう??

 その点、このモッチドーナツは、たしか強力粉を使っているとか。その効果かどうか分かりませんが、一口噛んだときからスポンジのようなふわふわ感と同時に適度な反発力を感じるモチモチ感(笑)。コンビニ商品で、しかも115円というお手ごろ価格だからといって侮ってはいけません!

 今はできるだけ甘いものは食べないように気をつけているのですが、これだけは抑えきれずリピートしています。
 よかったら皆さんも食べてみてください^^。

テーマ : スイーツ - ジャンル : グルメ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。