スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いよいよ届きました!!

 今日、ランニングから戻って郵便受けを覗いたら・・・・

 いよいよ届いていました、河内長野シティマラソンのナンバーカード引換券です!!

 私は大会に参加するのが初めてなので、他の大会ではどのように必要書類が送られてくるのか知らないのですが、てっきりA4くらいのもっと大きな封筒に、いろいろなものが入ってくるのかと思っていました。
 届いた河内長野の書類は、A4の書類2枚が三つ折にされた普通サイズの封筒で送られてきました。なんだか一見よくあるダイレクトメールか何かのようで、ちょっと拍子抜けです。

 が、記念すべき初レースです!やっぱりそれと分かったときは嬉しかったですよ?^^。

 本当は『ワクワクする』と言いたいところですが、そんなに気持ちを盛り上げちゃうと緊張感に耐え切れなくなりそうで、レースに出るという現実から自分で目を背けているところがどこかあるんです^^;。書類が来たら嫌でもリアリティが増すだろうなぁ・・・と思っていましたが、まだ何か自分のことじゃないみたいです。
スポンサーサイト

テーマ : 今日の出来事 - ジャンル : 日記

自然との闘い

5.47km 35分32秒70
 というのが今日の結果です。

 なんとソウル行きを挟んで、最後のランからちょうど1週間となってしまいました。

 今日の天気は限りなく雨に近い曇り。走り始めてから降り始めても慌てないように、今日はガーミンではなくTIMEXを着けていきました。(このTIMEXについては、また改めて書こうと思います。)

 まずは今月の目標走行距離 100kmを達成することができました!! 

 これがタイムよりなにより、嬉しいことです。

 さて、今日の走りについてですが・・・

 『行きはよいよい 帰りはこわい』という童謡の通りになってしまいました。
 低い雲が立ち込める曇天、今にも振りだしそうな湿気を含んだ空気、そして久しぶりの強風でした。風速何メートルなのかは知りませんが、行きは追い風だったため楽チン。けれども当然折り返してからの往路は、風の中を突き進むような格好に。自然と前傾姿勢になってしまいます。

 私がよく走る河川敷は、暖かかった季節は風で苦労することはあまりなかったですが、寒くなってからはやはり時々強い風を感じる日があります。
 そんなとき走りながらよく思い出すのは、『ゴルフとは自然との闘いのスポーツである』という言葉。
 風と闘いながら走っている真っ最中は、『ランニングだって自然との闘いだ!』と心の中でつぶやきながら走っています。風が強ければそれに負けずに向かって走り、雨が降りそうな天気ならうまくやり過ごして走ります。スポーツって、なんかとてもプリミティブな活動だとしみじみ感じます。

 さて今日の調子です。
 1週間ぶりではありますが、まぁまぁ調子がよかったかな?結構体幹がしっかりして、フォームを比較的楽に維持して走ることができました。
 たった5kmだからかもしれませんが、強風の中ながらペースは6分23秒。私にしてはまあ上出来です。

 早速明日から2月。来月も100km目指して走ります!

テーマ : RUNの記録 - ジャンル : 趣味・実用

今日こそは・・・!

 今日が1月最後の日となりました。

 先に書いたように、今月の走行距離は95km。目標まであと5kmです!
つまり目標を達成するのなら、今日たった5km走ればOKというところまで来ています。

 けれどもあいにく、今日はかなりの確率で雨になるらしい。それに加えて、北朝鮮、いや韓国から帰国して初のお休みで、疲れを取りたいところ・・・・。

 午前中は仕事なので、帰ってきてから考えましょう。
 ダンナも今日の昼には出張から帰ってくるというし。

 ああ、悩ましい・・・。

テーマ : ひとりごと - ジャンル : 日記

今年の初夢

 このブログを始めたのは今年1月の中旬からですが、実は今年のお正月の初夢で、とても面白い夢を見ていたのでした。

 夢は、私とダンナが揃ってホノルルマラソンに参加するという夢なのです!
 なのですが、別に私とダンナがホノルルの道を走っている絵を見たわけではありません。一応筋の通ったストーリー仕立てになった夢なのです。

 レースの前日、ダンナと私はホノルル入りしてコースを軽く走り、感覚を確かめるのでした。が、普段日本の気候でしか走ったことのない私は、ホノルルの気候を暑く感じます。
 持ってきたウェアは、いつも来ているハーフタイツとエアロビ用に昔買ったシャツ。これでは暑くて、明日42kmを走りきれない気がします。

 ダンナは以前にホノルルマラソンを走ったことがあるので、その辺りは余裕があります。しっかりランパンとランシャツで走るつもりで用意してきました。
 「私もランパンとランシャツで走るから、今から買いに行こう!」と、ダンナを連れてホノルル中のお店を廻って探すのですが、男性モノはあっても女性モノはなかなかありません。何軒も廻って、口ではげんなりしたことを言っているのですが、実際には2人ともランウェア探しを口実にホノルルをウィンドウショッピングするのをワクワクして楽しんでいます。
 ・・・・・とまぁ、こんな夢なのです。

 結局、ショッピングの真っ最中で目が覚め、肝心のレースに出るところまでは夢は見続けられませんでした。
 目が覚めたあとも、あまりのリアルさにしばらくホノルルの街を歩く込み上げてくるような楽しさと笑いが続き、未だに忘れられません。目が覚めてしまえばすぐに忘れてしまういつもの夢と同じとは、ちょっと思えないような独特なリアリティなのでした。

 そこでハッ!と気がつけば、そう、初夢だったのです。
 急いで出張中のダンナに電話して、「これは初夢だから、これから2人して練習して、ホノルルマラソンに出るんだよ?☆」と予言しておきました。
 ・・・・のはずが、ダンナにその夢の話をしている最中に重大なことが発覚。

 夢を見たのは3日の朝ですが、初夢って1月1日の夜から2日の朝にかけての夜に見る夢のことでした!う?ん、1日遅い初夢・・・・というか、もはや初夢ではないですね(泣)。

 でも、今でもやっぱり夢の中でダンナとホノルルを歩いているあの光景はくっきり記憶に残っているのです。
 やっぱりこれは、私の中では初夢ということにしてあります^^。

テーマ : ガンバレ私! - ジャンル : 日記

グレート・アロハ・ラン

 週に1回ほど、ダンナと私の休みが合う日はできるだけ一緒に5kmのウォーキングに出ています。

 以前にも書きましたが、ダンナは過去にフルマラソンの大会にも出ていたりとむしろ私よりもずっとランニング暦が長いです。
 しかし残念なことに仕事が忙しくなったり生活のペースが変わったりして、走ることを止めてしまって20年くらいでしょうか。今ではすっかりメタボ体型になってしまい、急激な運動はむしろ危険な可能性があります。そこで今からはランニングではなくウォーキングでリスタートしようというわけです。

 と言いつつも、本人は走ることの快感を覚えているので、今でも「いつかまた走れるようになりたい!」と希望を捨てていないのです(この辺り、私と違って凄いと思います)。一緒にウォーキングに出ても、自分なりに「この目印からあの目印まで走ろう!」とランニングする区間を決めており、かつて私が3分も走れなかった頃には、私を置いてスタスタと目印まで走って行ったものです。

 「またいつか、ハワイののグレート・アロハ・ランに出られるようになりたいな?」と、遠い目をして語っていました。
 ダンナはハワイが大好きなので、ハワイのレースに出たいのです。

 何を根拠に勘違いしていたのか、私はグレート・アロハ・ランとは5kmのコースだと思っていたのです。しかしその頃はダンナはおろか私自身でさえ5kmを完走できない走力しかありませんでした。ですから、グレート・アロハ・ランを目標に5kmを走れるようになることは、ダンナと私の2人の目標だったのです。

 そのうち私は5kmなら走れるようになり、徐々に自信がついてきました。ある日ダンナに、
「グレート・アロハ・ランなんてすぐ完走できるようになるよ♪だって5kmでしょ^^」
と聞いたところ、
「違うよ!グレート・アロハ・ランはたしか10マイルだよ」
との答え。
「10マイル?10マイルって何キロ?」
「1マイルが約1.6キロだから、16キロだな」

 ええ?っ?!16km?!
聞いてた話と違う・・・;。

 その頃はまだやっと10km走れるようになった頃だったと思います。10kmだって苦しいのに16km・・・・まだ先があるんだ・・・。
 
 グレート・アロハ・ランだけを目標にしたわけではないのですが、その後もスピードよりまずは距離を伸ばす練習を続け、先日ブログで報告したようにやっと15kmを走ることが出来ました。
 「でも、あと1kmあるよ。たった1kmだけどあんなにヘロヘロな状態から1kmだから、馬鹿には出来ないな・・・・」と肝を引き締めていたところ・・・・

 インターネットでグレート・アロハ・ランについて調べてみたところ、なんと8.15マイル(13km)と出ているではありませんか!
 どうやら10マイルというのはまた別のレースのことらしい。おいおい、やれやれだよ・・・・。13kmなら一応走れるかもしれないな・・・。

 と、あとはダンナが13kmを走れるようになるのを応援することですね☆

テーマ : RUNにまつわるよもやま話 - ジャンル : 趣味・実用

実は・・・河内長野マラソン

 今までこのブログで触れてこなかった話題があるのです。

 実は、2月15日、河内長野シティマラソン 10kmにエントリーしてるのです☆。生まれて初めての初レースです!!

 別に、調整をみっちりして自身満々で参加しようってわけではないんです。ただ、たしか去年の12月中旬?下旬のころ、なんだかものすごく停滞してたんですよね。そこで何か目標を据えたくって、思い切ってエントリーしました。
 きっと日頃の練習の成果を発揮したいという人なら、ハーフくらい申し込むのかもしれませんが、そんなんじゃなく逆に走れない自分に喝を入れたくて申し込んだ自分ですから、『練習で走れているんだから、感想することは出来るだろう』という甘い見通しで10kmを選んだんです。
 
 ・・・・でも、本当は内心では、めちゃくちゃ怖いですよ。最近は10km走るのもおっそろしく遅くしか走れないし、完走することすら出来ないかも知れない。
 本当は15日に向けて、今頃までにはばっちり走りこんでいなきゃいけないんでしょうが、なんか怖くて当日のことを考えないようにしている自分がいるのです^^;。だから自分のことながら、リアリティがないんです・・・。

 ま、大会ってどんなものか、経験するための参加だと思うようにしています。
 まずは楽しむことが一番ですよね^^。

テーマ : RUNにまつわるよもやま話 - ジャンル : 趣味・実用

あと5km!

 前にも書きましたが、今月の目標走行距離は100km。旅行前の最後のランで15km走ることが出来たため、目標の100kmまであと5kmです!!
 恥ずかしながら目標距離を達成するの、今月が初めてになりそうなんですよ?・・・・。

 しかし皮肉なことに、今日を入れてあと2日しかないのに今日は午後から本降りになる予報。明日は逆に午後から曇りになるという予報だから、明日に期待するしかなさそうですね^^;。

テーマ : ひとりごと - ジャンル : 日記

ソウル雑感

 せっかく昨日ソウルから戻ってきたばかりなので、記憶が新鮮なうちにソウルの雑感など残しておこうと思います。

 まず、ダンナと私が旅行したのは間違いなく大韓民国の首都ソウルですが、前述したホテルのある町、踏十里で送迎バスを降りた瞬間から、私たちの意識では『韓国』ではなく『北朝鮮』にやって来た錯覚にとらわれ続けています。それは、もちろん拉致もされず、ソウル中心部の繁栄を見て帰国した今現在でも続いています。

 それはなにゆえか?
 
 私が考えるに、2つの要因があるでしょう。

 ひとつは、ハングル文字に360度を囲まれる風景の異様さに圧倒されること。それは韓国語・ハングル文字だけが私たち以外のすべての人々に認識される言語であり、そこでは日本語・漢字はおろか英語・アルファベットでさえも見聞きすることが出来ない世界であるということです。そして日本語/英語を見聞きすることが出来ないということは、当然 日本語や英語で質問しても全く理解されず、私たち2人は世界から全く孤立した存在になってしまうということでもあります。
 前述した通り、旅行の初日 夜10時前に街灯もまばらで薄暗い人気のない道に面した幽霊ホテルの前に降ろされ、空腹だった私たちは荷物を部屋へ置いてともかく外へ食事に出かけました。
 しかし、ソウルの中心部からかなり離れた郊外の街は、全く『観光客の視点』というものを意識していない造りです。
 すなわち、立ち並ぶ店の看板は見事なまでにハングル文字しか書かれておらず、たとえば『ABCマート』といったような、ハングル文字以外を使った固有名詞さえ存在していませんでした。唯一見つかった理解可能な文字と言えば、『スホーシマッサージ』という誤った日本語の看板のみ。しかしこれとて、この程度の日本語力では私たち観光客の日本語を理解できる店ではないでしょう。
 なんとしてでも韓国らしい食べ物を食べたかった私は、意を決して、軒並み閉店して真っ暗な店ばかりの中、かろうじて灯りをつけて営業していた食堂に入ることにしました。しかしその店にしても、ハングル文字だけの看板では何を食べさせる店か分かりません。自分が何を食べようとしているのか分からず本当に怖かった・・・。

 まず、店に入って最初につかつかと店員さんのところへ寄り、「日本語のメニューありますか?と質問してみました。私の予想では、ソウルに来て「日本語」と発音すれば、「日本人が何か言っているんだな」ということだけは理解してもらえると思っていました。

 ところが、私がその一言を発言した次の瞬間、店員のおばさんは固まってしまいました。私が何を言っているのか全く分からなかったようです。
 その予想外の反応で更に私も固まり、場は緊張状態。とにかく何とか伝わる単語を・・・と、今度は「メニュー」と単語で発音してみました。
 すると、ハングル文字の下に日本語が添えられたメニューを出してきましたが、それはメニューというか、よくラーメン屋の卓上に立ててあるような、数品を書いたカードでした。しかも、肝心の料理は「豚肉と何とかの?」とかいう材料の説明のような日本語で、果たしてなんという食べ物なのか分かりません。更になんとその一品だけしか書かれていません。あとはビール、ジュースなど、飲み物が数品書かれているだけです。

 私はメニューを見ても何もならないのですぐに見ることを止めましたが、おばさんは私がメニューをみて理解したと思ったのか、韓国語で壁に掲げてあるハングル文字のメニューを指しながら韓国語でまくし立ててきました。これはもうだめだ・・・・と、私は退散。葉が通じないということは、自分がなんの店に入ろうとしているのか分からない、入っても、何を注文すればいいのか分からないということ。つまり、全く目が見えない世界に取り残されたのと同じようなものだということを初めて体感しました。

 この孤立無援感は強烈なもので、困ったとか孤独とかいう感情の水準を超えて、恐怖と言ってもいいと思います。世界の中で私たち2人だけが周りから見られることはあってもこちらから見ることは出来ないという囚われたこの恐怖が、独裁政権国家の北朝鮮を思わせるような気がします。

 もうひとつ、ソウルに来たはずなのに北朝鮮と錯覚してしまう理由は、正直ソウル市民の感覚にまだまだ「サービス」という観念が浸透していないからではないか・・・と思います。
 
 サービスとは、別に接客の愛想のよさとかカスタマーサティスファクションとかではなく、もっとはっきり言えば「どれくらい民主化、自由経済化が進んでいるか」ということです。
 「もっと儲けるためにはどうすればいいか」という視点をどんどん掘り下げていけば、それが詰まるところはサービスになるのかと思います。が、ソウルの少なくとも郊外の街ではその視点の浅さを感じます。
 例えば、夜閉店後の店が軒を連ねている景色を見ると、はっきり言って廃墟なのか閉店後なのか分かりません。その理由は、店が埃っぽいような感じであったり、ひび割れや塗装はがれなどのメンテナンスがされていなかったり、窓から見える店内の様子が片付いておらずテーブルや椅子がでたらめに置かれていたり・・・・といったように、人が手をかけてお客を呼び込もうとしている様子には見えないからです。
 私たちの想像では、もっとサービス業は日本と変わらないと思っていたのですが、むしろ「対価と引き換えに商品なりサービスを提供すれば、店の機能は必要十分果たせた」としてそれ以上を追求する必要性を発想しない、なんだか共産圏のような精神がまだ残っているのでは?と思ってしまいました。

 一方では、24時間眠らない大繁華街も持つソウルです。そこではむしろ、中華民族に通じるようなしたたかさや逞しさも連想します

 韓流ブームやウォン安に乗じての行き易さで、韓国は文化的にも日本と地続きですぐ隣りにいるような気分でいました。が、近くても奥深くてまだまだ複雑な国でした。簡単に嫌いとは言えず、でも手放しに大好きとも言うのが怖い、もっと奥を探ってみたい気にさせられます。

テーマ : 海外旅行 - ジャンル : 旅行

海外でドーナツ食べ比べ♪

 ランとは直接関係ない話が続いていますが・・・^^;。

 韓国では滞在時間が短くて、結局楽しみにしていた焼肉は1回しか食べられませんでした。
 でもそのかわり、おやつや屋台での食べ歩きは出来るだけトライしてきましたよ?^^。

 韓国ってあんなに辛いものを好んで食べる国、そして今の時期なら最高気温0度という日だってある寒い国なのですが、スイーツ事情はなぜか不思議なことに、ドーナツ屋さんとアイスクリーム屋さんがものすごく多いのです!
 とは言っても、よく観察していると、本当に韓国の人たちがドーナツとアイスクリームが好きだから店舗が増えたというよりも、むしろスイーツ企業のドミナント方式の出店によってソウル市民の舌がそれに慣らされてしまったと考えるほうが自然なようです。

 というのは、ドーナツ店・アイスクリーム店が多いと言っても、正確にはダンキンドーナツとバスキン・ロブソン(日本でいうサーティーワン)の店ばかりで、それ以外の企業はほとんど無かったのですから・・・。
 ご存知のようにダンキンドーナツは、世界のドーナツ業界でシェア1位、バスキン・ロブソンも正確には記憶していませんが、ほぼそれと似たような業界内勢力だったと思います。
 たしか10年ほど以前だったと思いますが、日本人の舌に合わなかったということなのかダンキンドーナツは日本から撤退しており、今は韓国をアジアマーケットの足がかりにしているのでしょう。

 アイスクリーム店は、バスキン・ロブソンしかありませんでした。しかし実はドーナツ屋は、ダンキン以外の店もかろうじて1店ずつですがあったのです。

 それは、ミスター・ドーナツとクリスピー・クリーム・ドーナツです。
 つまり、韓国、いやソウルのドーナツ屋は、圧倒的多数のダンキン・ドーナツと、1店舗のミスター・ドーナツ、1店舗のクリスピー・クリーム・ドーナツで構成されているのです。

 ミスター・ドーナツは日本に帰ればいつでも食べられます。しかし、あの懐かしいダンキン・ドーナツとの再会は、私が最後に食べた大学1年生の時以来の22年ぶりではありませんか!
 当時はミスター・ドーナツに比べて、油っぽく且つ砂糖の甘さがしつこく感じられたダンキン・ドーナツでしたが、日本では食べられなくなってから後に「ダンキン・ドーナツが世界で一番売れているドーナツだ」と聞いて、あの甘くて油っぽい揚菓子がアメリカ人の嗜好なのか・・・・と、逆に憧れのような気持ちを抱くようになりました。

 一方クリスピー・クリーム・ドーナツは、これはもう説明する必要もないかと思います。
 たしか日本に入ってきたのは2、3年前程度だったかと思いますが、外側サックリ中もっちりふんわりと言われる今までのドーナツにはない食感で、数時間並んで待たないと買えないドーナツです。
 並ぶ時間がなくて買えない人もいる一方、日本での出店数が関東の数店に限られるため、私のような地方に住む人間にも買えない憧れのドーナツなのです。
 ダンナが月に1回、東京の本社に出張に行った際に、お土産で買ってきてくれるのですが、当然ながら揚げたのは前日で私が食べるころには冷めています。正直、冷めた状態で食べても何がおいしいのかさっぱり分かりません。 
 ダンナは、列に並んだ際にサービスで配られる揚げたてのドーナツの試食をもらっているので、揚げたての美味しさを知っているのですが、やはり評判の食感は揚げたてでないと味わえないようです。

 さて、ソウルにやってきてその憧れの2大ドーナツ屋があるとなれば、当然食べ比べしますよね!
 まずはクリスピー・クリーム・ドーナツから・・・・。 もっともオーソドックスと思われる、砂糖がけのプレーンなドーナツを選びました。やはりスタンダードはよく売れているのか、ショーケースから出されたものなのにホカホカふわふわで、揚げたてと言ってもいいでしょう。
 一口かじった瞬間、心の中には『んっ???』という?が浮かんだ・・・。

 なんか、空気をかじってるみたい・・・・・。

 噂から想像していたクリスピードーナツは、もっと外側がカリッとしていて、歯を立てた瞬間は小気味いい歯ごたえがあった次の瞬間、ふわっとエアリーな生地が舌の上に展開する・・・というものでした。
 しかし実際は、外側の皮もふわふわ。シュークリームの皮のほうがまだ歯ごたえあると思います。噛んでも、噛んだ感触がなくていきなり口の中でふわふわな生地が唾液で溶け出すといった感じでした。
 決してまずいとは思いませんでしたが、なんだか甘いスポンジを食べているみたいで、食べ応えなし。ちょっと私が美味しいと思う食感とは違うようです。

 次にダンキン・ドーナツ。これも、何もかかっていないホームメイドタイプのようなドーナツを選びました。
 見た目はミスタードーナツのホームカットとかいうドーナツとそっくりです。しかし味は、やはり記憶の通りしっかり甘いです。たとえばミスタードーナツのホームカットは、甘さを抑えて生地自体の甘さを売りにしていると思われますが、ダンキンはやはりアメリカ人好みというか、しっかり砂糖の甘さを出していて、たとえば食後に甘いものを食べて満足したいといったようなデザートとしての要望にも応えられるような、はっきりした甘さです。
 また、油っぽさも感じました。昔の私はもっと油っぽいものが嫌いだったので、当時は『ギトギト、ベタベタ』とすら感じていましたが、今の私はそこまでとは感じませんでした。ただ、噛んだときに口の中に生地が入ってくるのと同時に、生地をぎゅっと噛むことで浸みていた油も、じわっと搾り出されて口の中に流れ込んでくる感じ。これが、アメリカのお菓子らしい砂糖と油の味つけなのだと思います。
 その油っぽさは、私にとっては「美味しい」味というよりは22年前の「懐かしい」味、という評価です。

 結局、私にとってどちらのドーナツがより美味しかったのか?

 正直なところ、どちらも一長一短といった味で、どちらかに軍配を上げようという気にはなりませんでした。
 それよりも、これだけアメリカナイズされ世界規模の資本主義経済が発達した日本でさえなかなか食べられないドーナツ?アメリカ固有のトラディショナルな食文化の象徴のようなドーナツ?を、共産主義国北朝鮮と同じ民族でありつつアジアの先進国日本を追いかける韓国で食べることが出来たということ自体が、とても味わいのある思い出深い体験となって記憶されることと思います。

 

テーマ : スイーツ - ジャンル : グルメ

無事帰宅できました?☆

 今日の午前11時30分、予定より10分早くソウルから関西国際空港に戻ってきました!
 出発までの数日、北朝鮮が韓国に対して不穏な発言を繰り返す中で、もし滞在中に何かあったら帰っては来れまい・・と思っていましたが、一応何事もなく無事帰宅です^^。

 いや?、事故もなく無事に帰れたのは本当に感謝感激なのですが、肝心の旅行の内容そのものは、もう2度とH.I.Sは使わないぞ!!とダンナと共に固く誓うほどの最悪旅行でしたぁ・・・・。

 まず現地滞在時間が申し込んだ時の想像以上に短い日程だというのは、既にお伝えしました。それでも一応夜7時にはソウルの仁川空港に着くということだったので、「その日の夜は焼肉食べよう♪」と計画していたのです。
 と、ところが、私たちにあてがわれた「city palace hotel 」というのは、なんと仁川空港から車で約2時間かかるところにあるということ!同じ飛行機から降りたツアー客の中には、ソウルの中心部のホテルに泊まる人もいるので、空港から近いお客さんからどんどんホテル前で降ろして行き、最後に私たちが降りる・・・という段取りなのです。やっと私たちのホテル前に到着するころには9時半近かったでしょうか。もうグッタリです。

 ところが、最悪の事態はここからだったのです!到着したcity palace hotel の外観は、まるっきり廃墟ビルでした!!日本の感覚では信じられないかと思いますが、外壁は既に一部崩れかけ、客室の窓はベニヤ板でも打ちつけられているようで真っ暗です。
 もちろん部屋も恐ろしい有様でした。一番びっくりしたのは、天井裏に何か重いものでも置かれているのかはたまた老朽化のせいか、ベッドに寝転んだ際に頭を置く位置の真上の天井が、なんと下にたわんでいるのでした!!日本では考えられない。いや、今までハワイやグアムの安ホテルにも泊まってきましたが、まさしくこんなお化け屋敷か廃墟ビルのようなホテルに泊まったことはありません!!

 そのほか、洗面台のボールが何十年物かと思わせるようなひび割れぶりだったり、ランプシェードがなんと破れたまま補修もされず平然と使われていたりetc・・・・筆舌に尽くしがたいとはこのことでしょう。
 あまりの惨状を信じてもらえないかと思い、ダンナが室内を写真に撮ってきましたので、後ほど掲載しますね。

 2日目は、ダンナが折れてくれてカジノのオプショナルツアーを取りやめました。おかげで2日目は、ウォーカーヒルカジノと免税店?明洞とロッテ免税店?東大門?イテウォン?明洞と、観光とショッピングを楽しむことができました。(但し東大門では、これもまた戦後の闇市を彷彿とさせる『泥棒市場』に出くわし、一気にタイムスリップの感にくらくらしましたが。)
 しかし3日目、これまたH.I.Sの安いツアーらしく、朝4時半起床で6時ホテル出発!つまり1日目と3日目はスケジュールにあってなきがごとしという悲惨さでした。

 一応、私が楽しみにしていたTIMEXと、Sさんから頼まれていたルイ・ヴィトンの財布、それと偶然免税店で見つけた大好きなLeSportのバッグは買うことができ、とても嬉しいのですが・・・。

 しかしソウルのカルチャーショックは凄かった!!むしろ買い物よりもこちらの方が印象に強く残っています。
 これについては、また後日の記事で報告するつもりです。

今日の夜に出発です☆

 さぁ?、いよいよ待ちに待ったソウル行きの日です!!

 今まで散々H.I.Sの悪態を突いて、今回のソウル旅行は失敗だと言っておりましたが、やはりTIMEXを安く買えるチャンスだと思うと、理性を裏切って物欲という本能がウズウズと黙っていません。
 もう、今朝からワクワクです☆。

 TIMEXはもちろんのこと、もし運よくガーミンのハートレートモニターがあったら買ってこなくちゃ♪。明洞のadidasにも行きたいし・・・・。

 くれぐれも、事故や事件のないように、神さま仏さまお願いいたします!

テーマ : 海外旅行 - ジャンル : 旅行

昨日の結果が気になる

 昨日は生憎まる1日仕事。帰宅してからも仕事の疲れからか9時半にはいつの間にかウトウトとコタツで転寝して、ダンナにベッドへ移るよう促されたという始末でした。
 なので、当然ニュースやPCなどぜんぜん見ていません。

 昨日の結果が気になる・・・と言えば、まず皆さんが思うのは当然「大阪国際女子マラソン」の結果ですよね。
 もちろんそれもとっても気にはなりますが、さすがにメジャーなニュースなのでこの結果は今朝のニュースで知ることが出来ました(ただ、本当は結果を知ることが大事というよりは、レースの様子をリアルタイムで見てワクワクしたかったんですけどね?^^;)。

 本当はそれよりもっと知りたいのが、前のブログにも書いたポポロンさんの健闘ぶりです。たしかポポロンさんは昨日の11時に始まった大阪国際ハーフマラソンに参加されたとのこと。ポポロンさんのことですから、結果の如何に関わらずブログで報告してくださると思うんですが、今のところ23日の更新で止まっています。

 気になるなぁ?・・・。
 一方、新宿シティハーフマラソンに参加されたしょうようゆうさんは、1時間49分という好タイムだったそうです。おめでとうございました&お疲れ様でした♪

 ランとはまったく関係ないのですが、気になっている結果がもうひとつ。
 それは、昨日が投票日だった私の住む市の市議会議員選挙の結果です。
 私自身は特に支持政党があったりするわけではないのですが、私がパートで勤めているコンビニのオーナー夫妻が公明党支持なので、熱心に公明党候補を勧められていたわけです。
 オーナー夫妻には内緒ですが、実際には違う候補に投票しました。
 だけど、今のところ誰が当選したのか結果発表がないんですよ?。次に仕事に行ったときにきっとその話題になるでしょうから、気になっているのです。

 韓国ではPCを使わない予定なので、明後日までおあずけになりますね。

テーマ : 今日の出来事 - ジャンル : 日記

今日はいよいよ大阪国際女子マラソン!

 今日はいよいよ大阪国際女子マラソンです!!

 私がこんなにワクワクしているのは、もちろん一流選手が自分の住む地元を走るからということもありますが、それ以上にブログを通じて一方的に知っている、多くの市民ランナーの方が11時からのハーフに参加するからなのです。

 また、大阪には来ない方でも、新宿シティハーフマラソンに今日参加するという方もいらっしゃいます。

 いずれにしろ、今からがマラソンのオンシーズン。「いずれ私もポポロンさんやしょうようゆうさんのように、大きなハーフの大会に参加して楽しめるようになりたい☆」という希望と憧れの目で、今日、そしてこれからのレースに注目していきます。

テーマ : 今日の出来事 - ジャンル : 日記

これでも不況か??

 いよいよ明後日はソウルへ旅立ちます。
 H.I.Sから来た日程表を見たらあまりにも滞在時間が短くて、どうやら現地でやりたいことをかなり絞り込まなくてはいけなさそうです。

 ダンナも、あまりの時間のなさに楽しみにしていたカジノすら行かなくていいと言い出しています。驚いて訳を聞いたら、そのためだけに往復時間をかけてまで時間を割り当てたら他のことが出来なくなるから・・・とのこと。言われてみればそのとおりで、恐らくカジノは取りやめるでしょうね。

 そうなると、残る楽しみは焼肉と買い物くらいです。焼肉だって2泊3日ですから、食べられるのはせいぜい2、3回でしょう。
 そこで私の心は俄然買い物へと向かっています。

 先の記事で書いたように、私たち2人がこの旅でまず買いたいのはTIMEXです。だけどそれだけじゃ折角のウォン安がもったいない。韓国のナビゲートサイトでは「韓国に来たらぜひ買いたいものベスト10」という記事が載っていたので1位をクリックしてみると・・・・なんのことはない、免税のブランド物ということなのでした。

 そういえば、私のパート先で一緒に仕事をしているSさんが、この前「このルイ・ヴィトンの財布、もう20年使ってるのよねぇ・・・」と言っていたのを急に思い出し、急いでメールしました。「来週、実は休みを利用して韓国に行くんだけど、買ってきましょうか?」と。
 するとSさんは思いのほか喜んでくれて、今と同じ財布があったら親御さんの分も合わせて2つ欲しいとのことでした。
 ですが、親子3代に渡って使えるというルイ・ヴィトンでも、商品ってどんどん廃盤になったり新商品が出たりしてるんだそうで、今ではSさんの財布とまったく同じものはもう作っていないそうです。
 Sさんもそれは承知していたので、そのリニューアル版のような商品が発売されているということ。一応私もそれがどんな商品なのか知っておかないと、現地に行ってからどれがそのリニューアル品なのか分からなくて買いそびれてしまうと大変なので、今日は繁華街のデパートに入っているルイ・ヴィトンのブティックへモノを見に行ってきました。

 久しぶりに土曜日の繁華街へ行きましたが、「これが今不況なの??」という賑わい振り。道はもちろんのことデパート1階の靴売り場はバーゲンで人が溢れ、まっすぐ歩けません。そして驚くことに、あんなに高級なルイ・ヴィトンのブティックも、従業員の人が捉まらないほどのお客の多さです。

 それも、冷やかしで見に来ているのではなく、みんな真剣に商品を比べたり質問したりして、買うつもりの様子が圧倒的、なんか熱い売り場でした。

 今は住むところさえない人たちが続出して問題になっていますが、なぜか日本って景気が悪いと言われる時でも必ず高級品に流れるお金があるんですよね。とても不思議です。
 どこにそんなお金があるんだろう??高級ブランドにたくさん流れたお金は、どうして循環して景気を上げないんだろう?景気が悪いっていうのは、どこにどうお金が偏っているんだろう?

 こういう光景を見るたびに不思議になります。

テーマ : 今日のつぶやき。 - ジャンル : 日記

老化を感じるとき

「ラップタイム」
「スプリットタイム」

 昨日15kmを走りながら、今走っているこのランのことをどんな風にブログに書くか考えていた。

 伝えたいことを端的に表現するために、「ラップタイム」「スプリットタイム」という単語を使いたいのだが、なぜか「スプリットタイム」という単語がど?しても頭から出てこない!

 「う?ん、なんだっけ・・」なまじじっくりと自分に向かい合う時間があるために、しばらく頭の奥底から見えそうで見えないその単語を引っ張り出そうと苦労する。

 ・・・・・・が。今の時代の私は、脳みその大部分の容量をパソコンという外部記憶装置に預けてしまっている。しかも昔はそれを恥ずかしいことと思っていたけれど、最近はずーずーしくそんなものだと思い始めている。
 「いいや、ランが終わってからパソコンで調べよう♪」であっけらかんと諦めてしまった。

 ところが、走り終わって一息つくのにソファに座った途端、「あ、スプリットタイムだ」とスルリと頭から出てきてしまった。

 走ってみると身体の老化も確かに実感できるけど、頭の老化も忍び寄っているらしい。やれやれ・・・。

テーマ : ひとりごと - ジャンル : 日記

今日は暖かかったけど・・・

 今日、比較的気持ちよく走れた要因の一つに、気温が高めだったことがあるように思います。

 「マラソンのパフォーマンスで一番いい結果が出せるのは、一般的に10?15℃だ」という話を以前本で読んだことがありますが、ここ最近の近畿は寒い寒い!年明けから、急激に例年を下回る気温になる日が周期的に繰り返されています。

 そんな中でも今日に限っては珍しく最高気温が12℃という予報で、降水確率も低めだったのです。「なんとかして今日は走ろう!」と朝から密かに企み、仕事が終わると即効着替えて外へ。すると実際、いつもの夕方よりも暖かく感じました。

 私は走るときはいつも、特に気温や湿度を計ったりすることはしないので正確なところは分かりませんが、帰宅後にyahooの天気予報ページで午後6時ごろの気温を見たら、この辺りは8℃とのこと。10度代とはいきませんが、それに近い気温だったようです。
 やはり暖かいほうが、身体の筋肉も強ばらずスムーズに走り出せるような気がします。

 ところで、春や秋の気候のよい季節の夕暮れ時、夕方ランに出ようといつもの河川敷に向かう途中、、私が歩いている小高くて見晴らしのよい土手からは暖かいオレンジ色でとろけそうな大きな夕日が見えます。地域の小学校や中学校もすぐ傍にあるので、土手は下校する子供達の無邪気で平和な歓声があちこちで聞かれ、帰宅する子供たちに混じって幼児を連れた買い物帰りの主婦たちが立ち話をしていたりします。
 道に面したマンションの敷地に植えられた季節の木や花の匂いが、その横を通り過ぎるたびに懐かしい気持ちを湧き起こさせます。

 「自然って、ほんとうに気持ちいいな」「健康で走れるって幸せなんだな」なんて、柄にもなく込み上げてくるものがあります。
 暖かくて明るい季節の夕方ランって、本当に幸せに満ちています。
 今の季節の夕方ランも、暗い中 人目を気にせず自分の世界に没入して走れる気持ちよさはあるんですが、開放感という点ではやはり春秋に分があります。

 明日から近畿はまた例年を割り込む寒さがやってくるそうです。
 「冬来たりなば春遠からじ」、早く春よ来い♪

テーマ : 今日のランを振り返って - ジャンル : 趣味・実用

15km 達成

15.66km 2時間00分50秒 

 初の15km達成です。
 タイムは見ての通りとんでもない遅さですが・・・。
でも、そんなことより自分が15km走れた!!ということを、心から素直に喜びたいと思います。
 やはり、最近はペースを気にして早く走りすぎだったみたいです。自分が無理なく続けられるペースで走ったら、平均7分42秒になってしまいました。
 最初の5kmはキロ7分程度なんですが、やはり13.5km過ぎあたりからガクッと足が上がらなくなりました。そのせいもあって、平均では7分42秒。でも、このペースじゃハーフでも足切りに会うということが分かって勉強になりました。

  今日は出だしから、「一歩一歩丁寧に走っている」という感じ。足の裏が大地を踏みしめて、掴んでは蹴っているのを一足ずつ感じるように足を進めていました。

 多分、この感じが自分にとって気持ちのいいペースなのだと思います。次もそれを心がけていこう!

 最近いろんな市民ランナーの方のブログを拝見しています。レースが上手くいった方、そうでない方の話を読むと、例えばフルでは、折り返しの中間地点とか25km地点で、「これから後半だ、力出すぞ!!」とペースを上げてしまうと、大抵最後まで持たないらしいのです。
 上手くいった方の話を読むと、35kmくらいからペースを上げ始めるのがいいらしい。
 35kmとは、総コース42kmのうちの83%のところ。つまり8割くらいの距離までは、敢えて抑えていくということになります。(正確には、何キロからだったか忘れましたが、中盤は自分の実力で行け!というアドバイスもありましたので、もし本当に参考にされたい方がいらっしゃいましたら中盤はそのようにお願いします^^;。)

 皆さんにとってのフルが、私にとっては10kmみたいなものです。最初から、ペース7分切りで走り始めると、10kmまで持たないのでしょう。最初からどころか、確かに今までの私は「もう2.5km過ぎたからペースを上げてもいいはず」とか「5km走ったらもっと上げる!」とか、むしろ10kmの前半?折り返しでペースアップを考えてました。それじゃスタミナが持たないわけです。
 なので今日は心の中で「8kmくらいまではペース8分程度で行くぞ!焦るな、上げるな」とずっと念じていました。
 その甲斐あってスタミナは最後まで持ち、もう一足伸ばして15kmを達成出来たのでした。

 ということは、これからも10km練習の時はコースの8割くらいまではペースを敢えて抑えて走ることが必要になってきますね。いい経験が出来ました。

 「こんな風にめちゃ遅でもコツコツ長い距離を走っていれば、いずれ速くなるのかなぁ・・?」という疑問は感じましたが、それはもう少し継続する中で探っていきます。

テーマ : RUNの記録 - ジャンル : 趣味・実用

走ってる人は爽やかです

 私がよく使っているランサイトに、 runnet と jog note というのがあるということは以前書きましたが、もう一つあります。

 『ランニング・フォーラム frun』というサイトです。
 このサイトの特徴は、上に挙げた2つのサイトが企業なりサイト運営会社によって運用されているのに対して、これはランニングのNPO法人が立ち上げている手作り感溢れるサイトだということです。

 jog note上でのラン仲間のつながりが出来るのは、例えばサイト上で仲間を探したりコミュニティに参加したり、まさしく参加しているひとりひとりが自発的に動いて仲間を作っていくという感じでしょうか。jog note はあくまでも「場の提供」というイメージでしょうかね。
 runnetは、もっと純粋に情報提供のサイトというイメージに近いです。

 私のようなヘタレランナーは、ひとりで走ってて不安だから情報交換する仲間が欲しいんですが、かといってこんなヘタレな走りっぷりでは怖くて参加できないのです。ランニングサークルに参加してみたら、他のみんなは5分ペースで皇居を何十周もするのに自分だけみんなについていけなくて1周程度で立ち止まってはぁはぁ言ってたら、もう恥ずかしくて居たたまれないという気持ち、想像していただけますよね?
 web上のサークルでも、私ひとりだけ「月間100kmが目標です」なんて、空気読まないと言えないっす・・・。

 その点、frunは参加者同士を運営スタッフがつないでくれるのです。具体的には、初心者向けの掲示板には書き込みがある都度スタッフが丁寧に返信してくれて、励ましてくれたりアドバイスをくれたり、うま?くモチベーションを上げてくれるのです。
 

テーマ : 最近のお気に入り - ジャンル : 趣味・実用

今日は走れるか・・

 昨日は走る気まんまんだったのに、昼過ぎから予報通りぽつぽつと降り始め、仕事が終わる夕方にはザーザーと雨音がするしっかりした雨になってしまった。
(走る気があったのに雨が降ってしまったのか、雨が降ると「今日は走りたかったのに残念!」と思うのか、どっちかは分かりませんが^^;。)

 今日の予報は曇り、降水率20%。
 仕事終わりに走れるか・・。
 走れるときは、昨日の決意表明を忘れるなよ、自分。

テーマ : ひとりごと。 - ジャンル : 日記

単なる独り言

 こんなつぶやき、本当は皆様のお目に晒すこの場で吐露するべきではないのでしょう。

 でも、自分への決意表明として、言葉にします。

 『次のランでは、1キロ7.5分を維持できれば良しとして、最初の走り出しは7?8分で行きます。』 ・・・・これだけなのですが。

 最近、5kmで疲れた、10km続かないとほざいておりますが、やはりどこかでペースに対する拘りがあるようです。なんか7分を切ってないとガッカリ、6.5?6分だと安心する・・・といったような。走りながらガーミンを見て、ペースが7分以上あるとガッカリして足を止めてしまいます。

 あと、どこかでも書きましたが、なまじ調子のいい時があったために自分への期待値が上がりすぎているみたい。
 自分に自信を持つことは大事。過小評価もいいことではないと思っていますが、しかし焦らないこと!!今の自分が苦しくないペースを、恥ずかしがらないこと!!

テーマ : ひとりごと。 - ジャンル : 日記

疲れを取るために

 数日前の記事で、「疲れが取れないetc・・・」と書きました。
 あれを書いた時はなぜかもうどーにも身体がだるくて、一刻も早く楽になりたかった。

 「アリナミンでも飲もうか・・・でも出来るだけ薬は飲みたくないし・・・」と思っているうち、ふとひらめいた。「そうだ、あれ試してみよう☆」

 試してみたのは、リンゴ酢の水割りでした。
 ランとは関係なく、「コレステロールが下がる」ということを以前ネットで読んだので、ダンナの健康管理のために近所のスーパーでリンゴ酢を購入していたのでした。15mlのお酢に対して約5倍の水で薄めて飲みます。

 お酢なんて米酢や醸造酢くらいしか買ったことがないもので、「飲みやすい」とネットに書かれていたリンゴ酢を求めてお酢売り場へ。ところが、お酢って今やものすごい商品数なんですね!ミ○カンさんくらいしかお酢メーカーなんて知りませんでしたが、地元のこだわりお酢やスーパーのぷらーベーとブランドなどなど、文字通り目移りしてしまいました。

 私のいけないところかも知れませんが、未知の分野へ片足を突っ込むときは、まずは無難に誰もが認めるブランドから試していきます。よってお酢も、上に上げたようなナショナルブランドから買いたかったのですが、どうやらリンゴ酢の中にも只の「リンゴ酢」とワンランク上らしい「純リンゴ酢」があるらしいことが判明。ナショナルブランドの「純リンゴ酢」は、750cc程度でたしか800円くらいするのです!それじゃあさすがに気が引けてしまい、同じような内容で100円ほど安い地方メーカーの純リンゴ酢を選択。

 さっそく家で試してみたら、あれ?酸っぱくない。酸っぱくないことはないんだけど、まろやかなんであまり気にならないと言ったほうが正確でしょう。
 一番期待していた効果はコレステロールの低下なのですが、私はひそかに疲労回復も期待してました。以前、某市民ランナーの方が書いた本で、お酢を飲んで走っていると読んだことがあったもので。

 肝心の疲労回復の実感は、正直「?」。今思えばその頃は、今のようなしつこい疲労は感じてませんでしたから。それよりも思ったよりおいしくて、日に何度も飲んでしまい、あっという間に1瓶が空に。こんなに簡単に無くなるならもっと安いのにしないと。

 ということで、次に買ったのはPBの「リンゴ酢」。ぐっとランクを落とした感がありますよね。
 仕方のないことかも知れませんが、これはすっぱい!!蜂蜜を思い切り入れないと、飲むのに少々勇気が要ります。
 それよりももっと困るのは、5倍どころか6倍ほどに薄めていても、飲むと胃が刺すように刺激されるのです。朝の空腹時はもちろんですが、夕食後でも同様。さすがにたじたじでした。

 そんなわけで、いつの間にかリンゴ酢は戸棚の奥にしまわれっぱなしになっていましたが、今回のこのしつこいダルさを追っ払うために久しぶりに登場したわけです。

 今回は蜂蜜を思いっきり入れてみました。やはり飲み終わると胃のあたりがシクシク痛む。だけど我慢して経過を見てみると・・・・数時間経つと、心なしか少しは身体が楽になったような?
 そこでダメ押しとばかり、夕食後にももう1杯。その場でがしれ以上の変化は分からなかったのですが。

 お酢の効果かどうかは分かりませんが、翌日はかなりすっきりと感じました。実際、へろへろでしたがランにも出られたし。

 お酢の疲労回復効果って、医学的には本当なんでしょうか?本当のことをご存知の方がいたら、是非教えて欲しいと思います。
 でも鰯の頭も信心からということで、「効いてる」と思って飲んでればいいのかもしれませんが・・・。

テーマ : からだにいいもの - ジャンル : ヘルス・ダイエット

ランニングコースの憂鬱

 最近、走り始めてすぐに思うこと。

『10kmって長いなぁ?・・・』

 私が走っているコースは、片道2.5kmの河川敷です。静かだし、自然も豊富で平坦だし、何より片道2.5kmというのは5km刻みで距離を把握するのにとても都合がいい。我が家から歩いて2分程度だしね。

 だけど、最近は私の飽きっぽい性格が災いしているような気がします。
 5kmをルーティンにしていた頃は、1往復っていうのがとってもちょうどよかったんです、心理的に。行って帰って「やった?、お疲れ自分!」って感じで。

 だけど10kmになると2往復じゃないですか。もしかして私、もう一度同じ風景を見ながら走るというのが退屈なんではないかと思います。
 最近走り初めに感じる『長いなぁ?・・・』というのは、退屈感も少々含まれているような気がします。

 かといって、10kmコースでちょうどいいところがありそうでないんですよね。jog noteで調べたこともあるんですが、車の通りも多くなんだかリラックスできなさそうな感じ。

 でもまぁ、新しいコースを探索してみます!

テーマ : ひとりごと。 - ジャンル : 日記

目標月間走行距離100km

「目標月間走行距離は100kmです♪」

って言うと、マラソンを知ってる人からは
「あら?、まだまだ初心者なのね^^。」
って内心思われているのでしょう。

 そうです。それはまさしく私。
今まではガーミンのトレーニングセンターという管理ソフト上で走行距離を記録してきましたが、今月の初めにふと気まぐれで、jog noteとrunnet上にも記録をつけ始めました。

 すると、(当然ですが)jog noteもrunnetも目標月間走行距離を設定できるようになっていて、毎回のランをUPするたびに、累積走行距離も更新されていくようになっています。ちゃ?んと棒グラフになって。
 これ、ウレシイですよね。棒グラフが伸びていく♪こんな大事な機能なんですが、なぜかガーミン トレーニングセンターには見当たりません。やっぱり走行距離を棒グラフにして励みにするのって、追われるようなプレッシャーもあるかも知れませんが、楽しみでもあります。

 jogとrunnetにそんな機能があることを知らずに気まぐれでいじっているうちに見つけただけなので、あまり深く考えずその場で適当に『100km』と登録。実際、それまでの私の実績では100kmを目指しながらも結局は足りなかった月ばかりでしたから。

 jog noteのほうは、ウォーキングの記録は累積されないので、まだ50%程度の達成率。だけどrunnetのほうは、20kmのウォーキングも棒グラフに加えてくれるので、今月はあと20kmで100km達成です☆(ちょっとインチキかな?)

 月間走行距離100km・・・たしかに走れる人からみたら、大したことのない距離でしょう。最初は私も『10kmを10回走ればいいだけじゃん』と不遜にも考えていました。

 ・・・・しかし、1ヶ月に10回ランをするということは、3日に1回は走るということ。2日休んで1日走る。
 これまでの自分を振り返ると、走りたいのは山々。だけど仕事もあれば家事もある。家族との団欒の時間も必要。そんなに自分だけの都合で必ずしも走れないのが実際なのでした。(だからこそ皆さん、朝5時起きしてまでも時間を作って走るのですけどね。)

 こちら西日本では、冬至を過ぎた今でも、朝5時って言えばまだ真っ暗!!!です。最近は最寄りの駅でタクシー強盗が起きて全国ニュースにもなったし、真っ暗で寒くて人気のない河川敷を走るのはいくらオバサンでも怖い・・・。

 一度に走る距離をそれほど伸ばせない私には、100kmだって大した目標です。
 今月は何とか達成するぞ?!!

テーマ : ガンバレ私! - ジャンル : 日記

今日は雨降り

 前に、うちの近所のシャアという猫のことを書きました。
 あれからもときどき会うのですが、やっぱり私には警戒する態度を変えてくれませんでした。

 今日、午前中に走ってきたんですが、午後からは予報どおり雨。
 小降りなうちに郵便局へ行かなきゃいけない用事は終わらせて、後はうちでのんびりしてました。

 ・・・と、気がつくともう6時。今日も私一人の夕食なので、大してお腹もすいてないし何か余り物でいいか・・・とは思ったんですが、作り置きしておいたお惣菜もなくなってしまっていて、結局雨がびしょびしょ降る中を買い物へ。

 「こんな雨の日は自分達でどこかに避難してるから、いるわけないよなぁ・・・」と思いつつ、いつもの線路脇の雑草の茂みに向かって「シャア?」と呼んでみると、なんと「にゃあ?」と返事をして出てくるではありませんか!しかもシャアだけではなく、私たちが「奥しゃん」と呼んでいる、いつも一緒にいる仲良しのメス猫も一緒に。

 2匹ともびしょびしょに濡れて可哀想に・・・。奥しゃんがしきりににゃあにゃあと鳴いてまつわりついて来るのは、「餌くれ?」ということなのでしょうか。こんな時でも、シャアは少し私から距離を取っています。
 あんまり可哀想で、もううちに連れて帰っちゃおうかとも思いましたが、恐らく他の近所の猫好きさんが悲しみます。とりあえず「今餌買ってくるからもう少し待っててね!」と言い含め、スーパーへ向かいました。

 この前ネコ缶をあげた時はあまり喜んでいなかったので、今回は試しにカリカリを購入。帰り道では2匹とも、茂みから出て道の脇で待っていました。
 カリカリをまずザラザラッと一掴み分地面に出すと、早速奥しゃんが頭を突っ込んでがっつくがっつく。
 この時はもうシャアも私と距離を置くことなく、「僕にもくれ?!」と私の目を見てニャアニャア催促してくれました。
 もちろんシャアにももう一掴み分上げて、2匹が食べているのを見て私はひとまず安心して帰宅。

 次にシャアと会うときは、少しは信用してくれるかなぁ??

テーマ : 猫のいる生活 - ジャンル : ペット

季節も関係しているの?

 面白いサイトを見つけました。

 日本ブログ村 です。

 この中のカテゴリに「スポーツ」さらにサブカテゴリに「ジョギング・マラソン」があります。そこには、走っている人のブログがたくさん登録されていて、皆さんどんな風に練習しているかなど、なかなか参考になります。
 
 で、今迷っている真っ最中の私はついつい自分と同じような人を探してしまいます。具体的には、40代でジョギングを始めたとか、始めて1年程度だとか、今まで運動経験がないとか(皆さんゴメンナサイ!)。
 
 そんな感じでなんとなく目に留まったブログをいくつか拝見すると、なぜかこの時期に来て調子が上がらなくなったという方、結構いらっしゃるのです。
 あるいは、もうすぐハーフを控えているのに前は走れた10kmが難しい、とか。
 なんだか私と似ているような気がしまして。

 今日走っている間、ぽやぁ?っと思ったのは、『青空がないなあ』ということでした。
 秋から年末にかけて、私の住む近畿地方は寒いといっても最高気温は10度程度はあったように思います。風もあまり強くなく、むしろ冬晴れといった天気の日が多かったです。
 そんな気候のもとでは、青い空に浮かんだ白い雲を眺めながら走るのがとっても気持ちよくて、苦しいランの最中でも気分転換になりました。
 最近はめっきり寒い日ばかりになり、空もどんよりと鉛色。楽しくないですよ。
 なんだかそんなメンタルなことも微妙に影響しているような気がします。

 この時期、停滞しているのは私だけじゃない!

テーマ : 最近のお気に入り - ジャンル : 趣味・実用

恐怖心?

10.47km 1時間24分33秒 でした。

 このタイムでお分かりかと思いますが、今日は走ったり歩いたり・・・。

 先週あたりできるだけまめに練習したせいか、筋力のほうはだいぶ戻ってきた気がします。走っていても、たかだか数キロで太腿のあたりが張ってきたりという感じはしないです。

 しかし、いまだに調子が出ないのが心肺機能。以前のように深く気持ちよく呼吸をすることが出来ていません。特に、呼気のときに身体が弾むのに合わせて「はっ、はっ、はっ、はっ」と短くなってしまう。これが苦しいのでのす。以前なら、3kmくらいで、調子がよければ2kmくらいで「す?す?す?す?は?は?は?は?」と気持ちよく呼吸できて、自分の肺がちょうどふいごのように膨らんだり縮んだりするのを感じることが出来ていたのでした。

 この「はっ、はっ、はっ、はっ」という短い息が続いていると、無意識に『恐怖心』のようなものが湧いてくることに気がつきました。『この先、苦しくて走れなくなったらどうしよう』とか『わき腹や下腹部が痛くなって走れなくなったらどうしよう』とか。
 この恐怖心から、「早いうちから無理しないで、ゆっくり行こう」となり、歩いてしまうのです。

 「苦しくなったら、それはその時考えよう」と開き直ったほうがよさそうですね。
 そもそも練習不足で筋力と共に、心肺機能も恐らく落ちているのでしょう。ぼちぼち筋力が戻ってきつつあるように、もうしばらく練習して心肺機能も戻すことが出来れば、この恐怖感に囚われることもなくなるのかも。

 ところで、今日は面白い経験をしました。
 いつも私が日中走りに行くときは、大体朝の8時半から9時ごろが多いんです。私がいつも走る河川敷は近隣の人々のちょうどいいランニングコースなのですが、恐らくシリアスランナーの方々はもっと早朝に練習していると思われ、私が走る時間帯はウォーキングする高齢の方ばっかりです。

 ところが今日は、初顔のランナーの方をお見かけしたのです。珍しく若い女性の方で、恐らく30台前半から半ばといった感じでした。上下揃いのちょっと分厚く綿が入ったウインドブレーカーを着て毛糸の帽子をかぶっているいでたちから察して、私とさして変わらない日曜ランナーの方ではないか、と。

 ちょうど5kmに差し掛かるところで、私は折り返し地点まであと100m程度だったのですが、彼女はちょうどその辺りにある、土手から私たちが走る河川敷の道へと降りてくる階段を下ってくるところでした。彼女はそこから、私の進行方向とは反対の方向に走り始め、一方私は折り返し地点までは彼女と離れる方向へ走ることになりますが、すぐに折り返して彼女の後を走ることに。

 後ろから見る限りですが、フォームから感じたのはやはり「自己流で最近走り始めたのかな?」ということ。私とほとんどペースが変わりません。大体6分半でしょうか。
 私も彼女も同じペースで走っているので、距離が縮まらない。けれども、意識したわけではないのですが多少私のほうがペースが速かったのか、本当にじわじわとですが彼女に近づいて行きました。
 「ああ?、後ろから追い上げられるなんて嫌だろうなぁ・・」と多少申し訳なく感じつつも、これが不思議に私も彼女に引っ張られて走れるんですよね!正直、既に5km走っているのでぼちぼちな走りで甘えたいのですが、なぜか前がいると自分も走れちゃうんです。

 もう抜けるな・・・と思った距離まで近づきましたが、それで抜いちゃうのもなんだか嫌味な気がして、私はそこで歩き。「彼女はどこまで走るのかな?」と思って見ていると、その先のスタート地点からちょうど1kmの目印のところまで走り、そこで歩いて引き返してきました。多分1km走るというのが彼女の練習メニューなのでしょう。

 でも、誰かと走ったのは去年秋に参加した、RunWalkStyle主催の『動かナイト』以来です。あの時も、みんなで走ると意外といけるもんだなぁ?、と思いましたから。
 また久しぶりに参加してみようかな?☆

テーマ : RUNの記録 - ジャンル : 趣味・実用

意外に買いにくいGARMIN

 前に書いた「韓国でガーミンのハートレートモニターを買いたい!」の件ですが、あれからあれこれとネットを検索して、韓国でガーミン製品を扱っているところを探し回っておりました。

 結論から言うと、どうやら韓国では買えないらしいです。GPSでは世界的なシェア率の企業なだけに、私にはかなりびっくりだったのですが。

 というのは、アメリカのガーミン社のサイトを見てみたら、世界の販社を紹介しているページがあったんですね。アジアで販売代理店があるのは日本、香港、フィリピン、マレーシア、タイ、スリランカ、中国、モンゴル、そしてロシアなんです。韓国には販売代理店はないんですね。

 それなら、円高の今だからこそ、ひとつアメリカのガーミンのサイトから通販で買っちゃおうか・・・とも思った次第で、FAQのページで運賃について調べてみました。
 するとなんと関連する質問で、「通販するのはアメリカのみです(カナダなど一部の英語圏の国は大丈夫なようですが)」との回答が掲載されておりました!更に「それ以外の国の方が購入される場合は、販売代理店のオンラインショップをご利用ください」との回答。つまり、韓国の人がガーミンの製品を欲しければ、アジアの販売代理店から通販で買ってください、ということなのでしょう。
 これじゃソウルに行って、街角でガーミンを見つけるということは多分無理なのでしょうね・・・(でもふと思ったのですが、韓国の人がガーミンを欲しいと思っても、どこの国から買ってもハングル文字には対応していないですよね。自国の言語で使いたい人はかわいそう・・・)。

 あ?あ、『韓国は今ウォン安で買い物が得!』とは聞きますが、結局はブランド物のように世界のどこでも買えるもので、且つ品質が一定安心できるものじゃないとダメみたいですね。
 ダンナの趣味であるラジコンカーも、韓国製よりは日本製のほうが品質がいいので向こうでは安くとも買ってこないと言ってました。
 しょうがない、TIMEXと焼肉、カジノ、そしてadidasに期待します!

テーマ : これほしい! - ジャンル : 趣味・実用

疲れているの?私

 今これを書いているのは夜の8時です。今日はダンナが会社の飲み会で遅くなるので、夕飯は私ひとりで済ませました。こういう日は簡単に残り物で済ませることに決めているので、夕方から「ご飯の支度しなきゃ!」っていうプレッシャー(?)がなくてある意味ラッキーです。

 そんな気の緩みもあったせいか、なんと今日は何ひとつ用事を済ませることなく、一日家で寝てました。残念ながらもちろんランもお休みして。自分でそうしようと決めてやったこととは言え、少し罪悪感のようなものがありますね。

 朝、佐川急便が昨日再配達を忘れた荷物を持ってくるということだったのです。なので朝ごはんを食べてダンナを送り出した後、まずは顔を洗って佐川を待つことに。
 だけど、既にそのあたりから妙なだるさが・・・。病的な感じではないのですが、なぜか頭も身体も目が覚めていない感じ。やる気も出ず、億劫で動きたくありません。

 「とりあえず佐川が来るまでは休んでいよう・・・」と一応の区切りを決めたのですが、佐川が来たあともなぜか腰が重く、何もやる気がしない。

 というわけで、「しょうがない、今日は休もう」と決めて、コタツで転寝して、気がつけばなんと夕方の5時だったのです。

 さすがにさっきお風呂に入って簡単に夕飯を食べ、今はこうしてPCの前にいますが。

 一日を無駄にした罪悪感がありつつも、今日の朝のあの倦怠感は気のせいじゃなかったよなぁ・・・とも思う私。
 以前に比べると、疲れ易くなっているような気がします。
 夏とか秋の頃は、毎日5km走っても特に疲れは溜まらなかったような気がします。汗かいてスッキリして気持ちいい疲れで、一晩寝れば次の日も普通に仕事に行けました。

 だけど寒くなってから、なぜか疲れが取れにくい感じなのです。例えば朝に走ると、その日は一日疲れて生あくびが絶えないとか。眠くなってしまったりとか。

 ジョグノートなどを見ると、皆さん毎日走っていらっしゃいますが、私みたいに疲れが溜まったりはしないのでしょうか?
 気になるのは以前のほうが疲れにくかったこと。自分でも何がなにやら分かりません。私のランニングって、何が違っているのでしょうか???

テーマ : ひとりごと。 - ジャンル : 日記

こんなものなの?

 たった今、H.I.Sからの荷物が届きました。

 最悪です。ソウルで遊べるのは2泊3日のうち、正味中1日しかありません。
 初日の17時に日本を出発して、ソウルを出るのは3日目の朝10:00。
 安いツアーってこんなものなのでしょうか。

 なんか、安かろう悪かろうのツアーじゃあわざわざ休みを取って行く意味がありませんね。

 次からはもっと納得して行ける旅行にしないと・・・。

テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

ハートレートモニター

 実は私、独身の頃に会社の友人とソウルに行ったことがあります。その時は1泊2日のチャーター便で、かなりの強行スケジュールではありましたが会社を休まずに行けたので、なんとなく韓国は『以降と思えばすぐ行けるご近所』のようなイメージです。

 その気楽さがあだになり、今度行く韓国旅行はまだほとんど何も準備していません。
というか、前の記事にも書いた通り、旅行社からまだ日程表が届いていないので具体的なイメージが湧かないというのもありますが。

 しかしそうは言いつつも、ダンナが休みの日など2人でまったりしていると、なんとなく「ソウルで何しようか?♪」という会話が始まり、大して小遣いもないのですが夢を膨らませ始めます。

 そこでここへきて急遽私が買い物したいっ!と思い始めたのは、GARMIN Foreathlete405のハートレートモニター。日本で買うと9800円ほどします。今ウォン安だと騒がれている韓国なら、もしかしして半額くらいだろうか???

 別に、ハートレートモニターがどうしてもどうしても欲しいわけではないのです。実際、ガーミンちゃんを買う時、同じ値段で一つ型が古いForeathlete305なら標準セットでハートレートモニターも付いていたのですが、そこにそこまで拘る必要も感じなくて405にしたくらいですから。

 だけど最近、こんなにうまくいかない日があると、自分の心肺機能はどうなっているのか?と思ったりもするわけです。別に心拍計をつけたからってトレーニング効果が増すわけではないけれど、走れるときの自分とそうでないときの自分は、どのくらいの負荷がかかってどこが違うのかなど、知っておきたいという気持ちも芽生えたりします。

  なんか「「日本で買う半額で買えました!」などとブランド店の前で嬉々としてニュースのインタビュアーに答える日本のおばちゃんをテレビで見て、いきなりムクムクと買い物熱が沸騰してきたのです。もう1週間程度しかないのに。
 ソウルの明洞にはadidasのお店があるらしい。別にadidas好きってわけではないですが、ウェア類なら特にメーカーへのこだわりもないので安ければまとめて買ってこようと思います。
 しかし、GARMINの販売店というのがいくら検索しても出てこないのです。さすがに焦っています・・・。どなたか情報をお持ちの方がいらっしゃったら教えてください。

テーマ : これほしい! - ジャンル : 趣味・実用

佐川急便、再配達をすっぽかす

 今度の韓国旅行は、激安で有名なH.I.Sを使って行きます。
 価格は、2泊3日で21800円。なかなか安いと言っていいのではないでしょうか。

 私はH.I.Sを使うのは初めてですが、ちょっと不安です。
 というのは、出発までもう1週間を切りましたがまだチケットが届いていないのです。
 いや、H.I.Sが悪いのではなく、正確にはチケットを届ける佐川急便が悪いんですが。

 H.I.Sからは、既に「チケットを佐川で発送しました」というメールは届いているのです、数日前に。
 「まだ来ないねぇ」と言いながら待っていたところ、やっと昨日、佐川の不在票がポストに入っていました。午前中に繁華街に買い物に行って、昼ごろ帰宅した際です。
 早速不在票に書かれている再配達自動受付センターに電話をかけて、その日の18時?21時で再配達を依頼。
 夕飯の買い物も早めに済ませ、お風呂もさっさと入っていつ来てもいいように待っていました。

 ・・・・・ところが。
 ダンナと2人で夕飯を食べながら取り溜めたテレビ番組の録画を見つつ、佐川を待っていましたが、ふと気がつくと8時45分。指定した時間の終了までもう15分しかありません。
 「・・・なんかイヤな予感がするねぇ」「だね、佐川って大丈夫かね・・・・」
 こんな不安が的中してしまいました。なんと昨日は再配達がなかったのです!

 指定した時間より遅れたとか早まったということなら、今までもどこの業者でもありました。でも、再配達を依頼したのにすっぽかされたなんていうのは今回が初めてです!!チケットが届かないと我々夫婦は、どの航空会社の何時の便に乗るのかすらも分からず、空港までの高速バスの予約すら取れない状況です。

 8時に営業所が始まったら、即効電話するぞーー!!

テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

『膝上げ』フォーム

今日は 5km ウォーキング でした。

 ダンナがお休みの日は、出来る限り2人でいつものランコースをウォーキングします。自分ひとりの時は2往復して10km走るのですが、ダンナと二人の時は無理のない運動ということで1往復をウォーキングしています。
 こう言っちゃあ悪いのですが、ダンナはかなりのメタボ体型。健康とリフレッシュのためウォーキングを続けています。

 と言っても、実はダンナは若い頃はそこそこ走っていたのです。ハーフはもちろんフルも2回走っています。タイムは4時間半程度だったそう。
 当時は勤めている企業のランニングサークルにも参加していて、結構真面目に練習していたらしい。
 なので、今の私の走りは、ダンナに基本を教えてもらったと言っていいでしょう。
 ダンナはその後地方に転勤となり、走っている暇がなくなってしまったおかげで今またウォーキングから始めているというわけです。

 確かに今現在だけを比べると、息ハアハアでもとりあえず10km程度は走れる私と、1kmを走って苦しくなってしまうダンナでは、私のほうが「走れる」ようですが、やっぱり踏んでる場数が違うといいましょうか、総走行距離が違うといいましょうか。私が悩んだり壁を感じている疑問をぶつけると、ダンナは答えを返すことが出来るのです。そして大抵その通りであることが多い。

 私はまだ、30kmの壁もハンガーノックも、何も経験していないんですよねぇ。やっぱりダンナにはかないません。

 ところで、最近フォームにちょっと悩んでいます(というか、フォームで悩むのはしょっちゅうなんですけど)。
 骨盤を前傾させて丹田に力を入れて・・・というのはフォームの一番の基礎ですよね。それを分かりやすく初心者に伝えるために、例えば「上半身を前傾させるのではなく、腹から前へ進むように」とか「おなかでショッピングカートを押す要領で」とか言うらしいのですが、私の場合それを意識すると妙に上半身が反り返って、なおかつ足を上げずにまず丹田のあたりが前に出てその後足が丹田に引きずられるように前に出るというような、不思議な格好になっているようなのです。

 確かにそれだとスピードを殺すような形になっているというせいか、速度は上がりません。でも・・・なんか気持ちよさが感じられにくいような気がするんですよねぇ、最近。

 先日近所のショッピングセンターでランニング教則本の立ち読みをしてきたと書きましたが、その中の1冊に、「中級者は、腸腰筋を使い、膝を上げて走るetc・・・」とありました(決して自分が中級者という意味ではありませんが)。
 「スライド走法」とか「フラット走法」、「トコトコ走り」って言うじゃありませんか。ダンナにそれを教えてもらうまでは、やけに足を上げて上下動の激しい無駄な動きをしてたんです。それが苦しくて長く走れなかったんですが、トコトコ走りを心がけるようになってから、飛躍的に「ゆっくりでも長く走れる」ようになったんです。

 ですから、その教則本に書かれていたフォームというのは、私には正直「私に出来るかななぁ??」という印象でした。でも最近の調子の悪さをなんとか打開したく、今日のウォーキングでは1?2km、その「膝上げ」を少し意識して走ってみたのです。

 すると・・・
身体が前へ進む進む!!足がちょうど機関車の車輪を動かす軸(?)のように回っては前へ回っては前へと自然に前進するではありませんか!
 やはり、これが無理のないフォームということなのか、走っていて気持ちがいいのです。以前感じていた、走ることの爽快感のようなものが短い時間でしたが返ってきました。

 そんな瞬間、腕につけたガーミンちゃん(というのがウチのフォアアスリートの愛称です)でペースを見ると、私にはありえない5分台前半。なんか呼吸が浅くなってる感じがしましたが、そりゃそうですわ・・・。

 そんなペースですぐ走れなくなってもしょうがないので、また一旦ウォーキングに戻って呼吸を整えましたが。
 しかし、『膝を上げる』ことがこんなに簡単に今の私の悩みを解決できるフォームだったなんてビックリの発見。
 さらに、そんな膝上げのペースでは呼吸が苦しくはなりましたが、昔3分も走れなかった頃のようなゼイゼイハアハアというほどでもなかった。

 いずれにしろペース5分台というのは、今の私ではいきなり目指すところではないでしょう。ですからラスト1kmは、そこまでではなく膝上げを意識して走ってみて、6分半切りといったペースでした。これを維持できれば・・・。

 正直なところ、怖いんですよね、ペースを上げて10kmを走り抜くのが。どんなに苦しいんだろう・・・って。
 もっと速くなりたい!って言いながら、未知のスピード、未知の距離にはおびえているのです。ヘタレな私でした。

テーマ : RUNの記録 - ジャンル : 趣味・実用

ぐるりと一周して初心

 今日は午後からお休みだったので、さっきダンナと一緒に近所のショッピングセンターに行ってきました。
 ダンナのお目当てはラジコンカーショップ。そういう趣味の買い物のときはどうせ長くなるでしょうから、私は別の階にある本屋さんで立ち読み。

 もちろん、ランニングについてのHOW TO本を漁っていたのです。

 今私が悩んでいるのは、まだまだ走力が不安定なこと。具体的にはこのブログでも書いているように、日によって5kmしか走れなかったり10km行けたり。おまけに同じ距離でも結構いける時もあれば苦しい時もあります。
 もうひとつの悩みは、ある程度安定した持久力があっても、とっても低いレベルで走り続ける力しかないのです。はっきり言えば遅い!悔しい、悲しい・・・。

 これまで買って大変役に立ったバイブル本、金 哲彦さんの「ランニング・スタート・ブック」では、『10km続けて走ることが出来るようになったら、ひとまず初心者卒業』と書かれていました。なので5kmを続けて走ることが出来るようになった去年の晩夏から、私の次の目標は10kmになったのです。

 そして12月の上旬、意外にも何の期待や力みもないいつものランで、「あれ?この調子なら10km行けるかも?」と思い、いつもの8kmで止めずに続けて走ってみたらサラリと走れてしまったあの日、私は「やった?!!これで初心者卒業、ワンステップ上級のステージに入ったぞ?☆」と思ったのでした。

 だから正直なところ、今の自分は10km未満しか走れなかった自分を「ふっふっふ、初心者くん。今は私は君より1段高いところにいるよ☆」のような気持ちで見ているところがあります。傲慢と言われるでしょうが・・・。
 
 なのに、なのにペースは7分以上なんです!5kmが35分前後かかってしまうんです!これじゃ、いくら「10km行けるよ」って言ったところで、トコトコと歩いて10km進んだからって自慢しているようなものではないのか?!
 追い討ちをかけるように、今日立ち読みしたあるランニング指南本では、「5kmが30分以上の人はまだ初心者です。まだまだjogを頑張りましょう」というようなことが書かれているではありませんか・・・!(実際にはこんな意地悪な物言いではなかったですが、もう私の心が打ちひしがれててこう聞こえたもので。)

 私が無意識のうちにハウツー本に探していた情報とは、つまりは「なんで私は10km走れるのに速くなれないんですか?どうしたら速くなれるんですか?」という疑問の答えだったようなのです。今思うと。
 もちろんそんな答えはどこにもなく、帰宅してから改めてポポロンさんの過去のブログを読み直すと・・・

 ポポロンさんは最初から10kmを55分程度で走れる人だと私は思っていたのですが、そうではなかったのです。
 2007年1月に試しに走り始めて、6月ごろの毎日のコースは5kmだったそうです。そしてタイムも、心拍数を無視して走れば30分ではありましたが、心拍数を管理して適度な負荷で走れば35分を切るくらいのタイムであったということのようです。
 10kmを走る場合も、やはり夏ごろはまだ1時間を越えるタイムでありました。

 ポポロンさんのすごいところは(そして恐らく一定の記録が出せる全てのランナーの凄いところは)、結局 走りを継続できているところなのです

 ・・・・なんか、あっけなく肩の力が抜けました。
 私が知りたいと思っていた「どうすれば速くなれるか」の方法は、やっぱり継続しかないようです。
 毎日毎日、走ること。ただそれだけ。
 だから、それをランニングのハウツー本になんか書けないんでしょう、執筆者も。

 ぐるりとコースを一回りしてスタート地点に戻ってきたような、そんなしょうもない(けど結構大事な)気づきでした。

テーマ : ひとりごと。 - ジャンル : 日記

ユニクロさん、お願いです!

コンプレッションタイツって、みなさん履いてますか?

 ワコールのCW?Xが有名ですよね。よくおじさまランナーが颯爽と履いて走っていらっしゃる。ピタピタで、縦横に膝周りを中心にテーピングのようなはぎが入れてあって。
 昨年の夏ごろから真面目に外で走り始めて、いつの間にか冬がやってきました。
 冬用のウェアって何を着ていいのか分からなかったので、大阪市内で有名なランニング専門店『RunWalkStyle』で店長にランタイツのことを質問。

 実は以前、タイツではなくシャツですがコンプレッションタイプのピッタピタのやつを着て、ちょっと苦手だった私。
 なのでもしランタイツを買うのなら、そうではないのがいいかなぁ・・・と思っていて、店長のアドバイスも頂いた結果、NIKEの無難なストレッチのタイツを買いました。

 だけど例えばちょっと身体が重いとき、筋肉痛が感じられてすこ?しテーピングのようなサポートが欲しいとき、ちょこっと『コンプレッションタイツって楽かなぁ??』と思ったりするのです。でも例えばCW?Xなら15000円!ちょこっと試したいなんて動機で買えるものではありません。

 ところが前述したポポロンさんの過去の記事を読んでいたら、どうやら昔ユニクロではコンプレッショんタイツを出していたらしいではありませんか!お値段もたしかお手ごろな数千円だったと。肝心の履き心地についても、ポポロンさんはとても評価していらっしゃいました。

 そういえば昔、「bodytech」とかいうブランドで、スポーツウェア出していたのを思い出しました。当時の私はエアロビ大好きだったので、タンクトップを買った覚えがあります。

 ・・・・ああ?、今となっては何故あの時タイツも買っておかなかったんだろう?!(って、当時はピタピタでかっこ悪いと思ってました^^;。)ユニクロのHPを見ても、どうやら今はそれは廃盤らしいですね。

 ユニクロさん、どうかお願いです。廉価で質の高いスポーツウェアをまた発売してください!!
 

テーマ : これほしい! - ジャンル : 趣味・実用

疲れとばしのラン

5.02km 36分55秒71
・・・・てとこでした、今日は。完走はしましたよぉ。

 5kmでいこうか10kmでいこうか、ぎりぎりまで迷ってたんです。で、走り出した調子で決めよう、行けそうだったら10kmで行こう、と。

 スタートから2km弱くらいまでは、10km行こうかな♪と思ってたんです。でも、なんかしんどい。もっと正確に言うと、なんか身体が重い。軽くない。
 今日は仕事帰りに買い物をしたりしてスタートする時間が少し遅くなったのです。あんまりラン終わりが遅い時間になってしまってもいけないという焦りもあり、ついついウォーミングアップをせずに走り始めました。
 それが悪かったのかも知れませんが、腕振りで推進力を生み出す上半身と、足を繰り出す下半身が上手くつながらずギクシャクした感じでした。
 加えて、たまたま昨夜から今朝にかけて、理由はよく分からないのですが頭の芯が冴えて眠れず、眠ったのは結局朝4時すぎから6時までの2時間程度。自覚的には特別な不調は感じなかったのですが、やはり睡眠不足の日の走りには慎重になります。

 というわけで、結局今日の走りは『疲れとばしのラン』ということにして、5kmでおとなしく終わらせることにしました。

 ところで最近の数日、連日ちょっと走っただけで、実は筋肉痛なのです。昨日あたりからいよいよ膝痛が来ています。私は立ち仕事なもので、今日の午後には膝だけでなく足首、太腿側面、腸腰筋、腰も筋肉痛が徐々にジンジンと感じられるようになってきました。
 運よく膝の痛みは故障などではなく、単なる筋力不足からの筋肉痛のようで、走っている間は全く違和感なく快調でしたが。

 しかし、こんなに下半身が筋肉痛になるなんて、これでは5km完走を達成した後10kmを目指して結構練習を連日頑張っていた11月頃の筋力にそっくりではありませんか。

 ・・・・ここまで落ちていたか、私の筋力。
 

テーマ : RUNの記録 - ジャンル : 趣味・実用

体重に愕然・・・

 このブログを始めてからは「最近 走っても調子が悪い悪い」とそんなことばかり書いていますが、ではいったい調子のいい時期というのはあったのか??

 一応、無理しないで走っても今よりタイムがよく完走もできるという時期があったんです。
 それは12月。昨年最後の走りとなった12月26日には、10kmで7分切りペースで完走だったのを覚えています。

 ところが今年は、その前日12月25日から仕事が入り、諸事情で結局1月4日までの連続11日出勤となってしまいました。
 久しぶりの休日返上出勤。会社員時代以来です。
 26日の時点ではあまりそれを気にせず仕事のあとで10km走ってましたが、さすがに出勤が1週間超える頃には疲労感を自覚。
 自分でも26日以降はランは自粛して、体力温存に努め、お正月は明けたのでした。

 で、生活が通常に戻ったその後からまたランも復活し今に至るわけですが、既に書いている通り年が明けてから何故か調子が悪い。
 ここ数日、昨年以来初めて体重計に乗っておりますが・・・・やっぱり正月をはさんで増えていました。しかも約2キロ!
 最近調子が悪い理由がどうもよく分からなくてついあれこれ考えてしまうのですが、もしやというかやはり、体重が増えたことでしょうか??

 もしそうならば頑張って戻さないと!だけどヘタに食事を制限したりすると、絶対ランに影響しそう。やっぱりしんどいけど、ランをサボってついた体重はランで落とすのが王道ってことでしょうか。

テーマ : 健康的なダイエット - ジャンル : ヘルス・ダイエット

韓国旅行、そして時計遍歴

 実は再来週、ダンナと二人でソウルに旅行してきます♪。

 一応目的は「韓国 焼肉の旅」ということで美味しいものをいっぱい食べてくるつもりなんですが、もうひとつ目的があります。

 それは、2人してTimexを買うことなんです。
 もうお分かりかと思いますが、もちろんそれを使って2人とも自分のランニングのタイムを計りたいのです。

 でも既に今、私は自分のタイムを計って、ここにも書き込んでますよね。実は去年の秋、発売されたばかりのGARMIN社 Foreathlete405というタイプの時計を買ったので、それで計っているのです!!
 フォアアスリートは簡単に言えばGPS機能を搭載した腕時計です。ですから距離も速度も高低差も測れます。正直これがあれば今更他の時計はいらないのですが・・・・。

 フォアアスリートを溺愛している私としては、日常生活防水の機能しかないこの子を、雨の日のランには連れて行きたくない。そこで、10気圧防水のTimexにセカンドとして活躍して欲しいわけです。

 ここに至るまでの私の時計遍歴は、我ながらジプシーだったと思います。

 まず、走り始めたばかりの頃。
 当時はまだダンナとも知り合いではありましたがお互いジョギングをやっているとは知らず、私は一人でランニングギアを模索してました。
 そんな初心者の定番でしょうが、やっぱり最初はiPOD&NIKE+でした。当時はまだnanoの第二世代でしたね?。

 たしかにこれは便利です。よくiPODを聞きながら多摩川土手を走っておりました。
 しかし・・・・音楽がわずらわしくなってくるときってありませんか?!今でこそ「bpsなんたらの音楽?」とかってありますが、当時はそんなもの私は知らなかった。ついつい曲のリズムに引っ張られ、かえってペースが分からなくなっていたと思います。
 更に、私はあのイヤホンのコードが邪魔!腕振りのとき、ついうっかりコードを払い落としてしまって、走りを緩めて耳につけなおす・・・とか最悪ですよ。気になって走りに集中できません。

 そのうちダンナと結婚し、今の地でダンナと一緒にウォーク&ジョグするようになりました。
 するとある日ダンナが、インターネットで面白い情報を仕入れてきたのでした。
 それがNIKE SPORTBANDです。
 これは画期的でした。まずうるさい音楽がいらない。更にもっといいのは腕振りの邪魔にならない☆。
 さっそく2人でNIKESHOPに買いに行ったのですが、なんと「不具合続出のため、日本では年明けまで販売中止」とのこと。

 しかし11月、ダンナとグアムに旅行した際、運よくNIKEのアウトレット店で見つけることができ購入したのでした。
 ところがこれがとんでもないモノだったのです!!
 とにかく原因不明のバグばっかり。ダンナのはせっかくレシーバーを2つ用意して、2足の靴を使い分けようとしたのですが何故か片方のレシーバーは感知してくれない。私のに至っては、グアムで買った1台目は距離の測定が全く不正確。(1.5km走っても300mなどと測定します。)日本のNIKEで交換してもらった2台目は、今度はスタートボタンを押しても液晶が表示されず真っ暗。
 再度日本のNIKEに電話しても、「交換用のSPORTBAND自体、どれだけ不具合が出るか分からない状態なので、基本的には交換ではなく返金させてもらっている」という返事。
 これを当てにしてランに出ると、結局タイムも距離も何も測れずものすごく欲求不満なランになってしまうので、最近は見限ってました。

 ダンナは昔から使ってたTimexにまた戻ったのですが、私は何もありません。実は私のこだわりとして、距離や速さが測れる時計が欲しかったのです。
 そこで、もう駄品を繰り返し買っては見限るという愚行を止めるべく、思い切って憧れのGARMINにとうとう手を出してしまったのです。ダンナ様ありがとう!

 ダンナは私と違い、気分でコースを変えるということはしないので、距離測は必要ないらしい。むしろ機械好きでより新しい機種に興味を持つ人なので、ウォン安に便乗してもっといいやつを買おうという目論見のようです。

 韓国コスメや焼肉、マッサージも楽しみなんですが、結局はやっぱりランに結びついてしまうのでした。
 

テーマ : ♪♪生活を楽しむ♪♪ - ジャンル : 趣味・実用

なんで心変わり??

 わが家はとある駅から踏み切りを渡って2?3分のところにあります。この家に引っ越してきてまだ1年半ほどなのですが。

 その踏み切り沿いの草むらの中に、キジトラで鼻から胸・おなかにかけて白毛の雑種の猫が住み着いています。どうやら見た感じは2?3才。身体の大きさや筋肉のつき方から男の子のようです。しかも野良にしてはムチムチッとした肉付きから、おそらく善意の猫好きさんから去勢手術を受けさせられたのではと思います。

 この子とは引っ越してきてすぐに知り合いました。線路沿いの歩道と線路がひかれている敷地を緑の針金で編まれたフェンスがさえぎっているのですが、この子はそのフェンスの内側で、しかし私たち歩行者とばっちり目があうほどの至近距離で丸くなって日向ぼっこしておりました。

 「あ、猫だ!」無類の猫好きの私はすかさずフェンスぎりぎり前にしゃがみこみ「おいでおいで?」と呼びかけます。
 するとこの子は「シャ?、シャ?ッ」とお約束の威嚇。でも、あんまり怖くないんですよね。
 今日からこの子の名前は「シャア」になりました。

 シャアはそこが縄張りのようで、雨が降ったとき以外はいつでもそこにいました。
 次に私と会ったときは、私がフェンス越しに「しゃあ?」と呼ぶと、なぜか自分のことだと早速理解したようで、フェンスから出てきて身体や頭をなでさせてくれました。
 シャアはなでられるのが大好きで、そうしてあげると身体の深いところからグルグルグル・・・と音を鳴らして、恍惚の表情でいつまでもなでなでをねだっていました。

 私とシャアはどんどん仲良しになっていきました。シャアがいつもいる踏切に差し掛かるときは、必ず「シャア?」と名前を呼びました。そうするとシャアは、居るときは必ず「ニャア?」と返事をして、小走りで駆け寄ってきてくれるんです。
 あるときは「シャア?」と呼ぶと、私の背後から「ニャア?」と返事。驚いて後ろを振り向くと、道を挟んだ向かい側の歩道にたたずむシャアが、こちらをじっとみて私を呼んでいるのです。
 「シャア!」と私が返事をし、道を走って駆け寄り、遊んだこともありました。

 去年の年末から今年のお正月にかけて、シャアがいつもの場所から見えなくなりました。
 でも、おととしの年末からお正月にかけてもそうだったのです。シャアは一番寒い冬の時期、私には分からないどこかで寒さをしのぎ、また人間がいつもの生活に戻る正月明けには帰ってきていました。ですから私は、今年もシャアが見当たらないことは心配していませんでした。

 お正月明け、昨年同様またシャアは戻ってきました。
 でもシャアは変わってしまっていました。
 私に呼ばれると、か細い声で申し訳程度に「ニャア?」と返事はするけれど、寄って来てはくれなくなったのです。正確には、返事をして近くには来てくれるのだけれど、いつものように撫でようと手を伸ばすと、その手が届くか届かないかのところでさっと身をかわして私から遠ざかっていくようになりました。

 フェンスの中で丸くなっている時は、呼べばか細く返事はするけれど出てきてはくれません。

 何がいけなかったのでしょうか。
 この土地に越してきて、最初に出来た友達だったのに、寂しくてたまりません。

テーマ : - ジャンル : ペット

夕方ラン

10.4km 1時間17分2秒

 というのが今日の記録です。今日は止まらず走り続けられましたよ?^^。

 この記録が良いのか悪いのかは後ほどということで。

 今日はタイトルの通り、夕方5時からのランでした。
私、週のうち4日ほど仕事に出ているので、曜日によっては夕方に走りにいくことになります。
 今までの経験上、どうやら私は夕方ランのほうが調子がいいみたいなんです。

 考えられる理由としては、
(1) 日中仕事で心身を動かしていることが、ウォーミングアップとして効果している。
 なんか休みの日、午前中に走りに出ると頭も身体もまだぼや?っとした、覚醒していない感じのことが多いんです。
(2) 暗い中で人目を気にせず走るため、「こんなのろくちゃ恥ずかしい」という余計な自意識からオーバーペースで走ることがない。
 これもかなり大きいです。
 でも、たぶんこれが一番効いているような気がします。
(3) 町も自分も「一日の終わりだ?」というリラックスした時間帯で、心理的なゆったりした余裕のペースと自分の遅い走力が一致している。

 「夕方に調子がいい」というのは、必ずしも「速く走れる」という意味ではないのです。そんなことよりも、ランニング本来の魅力である気持ちよさとかリラックスを感じられる走りが得られ易いという意味なんです。
 これはとりもなおさず、心身ともに開放されて自分の心地よいペースで身体を暖められている、その気持ちよさでしょう。

 今日もありがたいことに、ランニング・ハイのような気持ちよさが何度か訪れました。ああいう時って、頭・身体・心がピタッと一致してリズミカルに自動運動のように前進していく気持ちよさがあるんですよね。「ああ、自分は今 自己一致している・・・」と表現したくなるような恍惚感。

 そういう意味では、今日の走りは7分22秒のペース。残念ながら決して速くはないペースです。
 しかしまぁ、それが今の私にとって心身ともに心地良いペースだから10km走れたんでしょう。

 今のマイテーマは、速く走ることよりもゆっくり長く走ること。
 ですから今日のところはこれでよかったんだと思います。

テーマ : RUNの記録 - ジャンル : 趣味・実用

私のお手本♪

 私が毎日楽しみに見ているブログがあります。

 ポポロン・ライダーさんの『戦う中年戦士ポポロン・ライダー』です。

 ポポロンさんはもともとはダイエットがきっかけでブログを始められたのですが、2007年の1月にダイエットの一環としてジョギングを始めてみたとのこと。

 最初は5kmから始めてみたということなのですが、なんと!最初から5km30分ジャストだったんですって!
 いまだに5kmを35分前後で走っている私には、「すご?い!!」の一言です。

 それだけではなく、ポポロンさんはそれから1ヶ月も経たないうちに早速10kmを完走。そのときは66分台だったそうですが、それって今の私が68?70分くらいだから、やっぱり凄いですよね・・。
 しかも数日後また10kmを走ったときは、なんと56分台だったそうな☆。

 ブログによれば「心肺機能はまだまだいけそうだったけど、筋肉がちょっとやばそうだった」といった感じだったそう。羨ましい?!

 実は私がこのブログを始めたのも、ポポロンさんのブログの影響がとても大きいのです。
 ちょっと前、これから何を目標に練習していこうか迷っていたときにこのブログを知り、これまで何度もランの参考にさせていただいてます。
 特にここ最近のように、自分でも分からないスランプ(?)のようなときは何か少しでもヒントが欲しくてポポロンさんが走り始めた頃の記事まで遡って読むのですが・・・・・

 やっぱりポポロンさんと自分は、最初から雲泥の差と言わざるを得ません。まぁ仕方ない。

 でも、そんなポポロンさんも何もしなくていきなりこんな走りができたわけじゃあないらしいのです。
 若い頃はワンゲルをやっていらしたというし、走り始める前は通勤のときに一駅ウォーキングをなんと2年間もやっていたということ!一駅って1.3kmということなので、行きと帰りで往復しても2.6km。決して長距離ではないですが、継続って凄いですよね。

 というわけで、結局ポポロンさんは私のようなぼちぼちランナーの同士というよりは目標になってしまいました。
 今は、私と同じようなぼちぼちランナーさんを見つけて、励ましあったり参考にしあったりして走っていきたいのですが・・・。

テーマ : ♪♪生活を楽しむ♪♪ - ジャンル : 趣味・実用

髪を切りました

 もう我慢できなくて、さっき髪を切ってきました。

 仕事を辞めてからあんまり髪型のことも気にしなくなって、気がつけば結構長くなっていたんです。美容院にヘアカラーに行ったら、生まれて初めてロング料金を取られたですよ。

 だけどランニングをするようになってから、その都度シャンプーして乾かすのが面倒くさい!冬は面倒なだけじゃなくて寒いんです。
 走ってきたあとはさっさとシャワーを済ませたいからリンスインシャンプー。ロングヘアだと髪が絡むんですよねぇ?。これもまたイヤ。
 昔 肩に届く程度のセミロングだった時は、シャンプーしても手櫛でばぁ?っと乾かせばそれで終わりだったなぁ・・・とこの前思い出し、とうとう切っちゃいました。

 今日の夜のお風呂からは楽チンそうで気が楽です。

テーマ : コスメ・スキンケア・ヘアケアのよくある質問(FAQ) - ジャンル : ヘルス・ダイエット

事実を受け入れること

5.20km 38分51秒83 

・・・・これが今日の結果です。く、悔しい・・・。何でだろう?
昨日よりはマシかと思うけど、やっぱり呼吸は以前のようになめらかで深くとはならない。
走っている最中で、まだたかだか3kmほどなのに右腿の外側の筋肉が痛い。

 これまでも、走っている最中で集中力が続かなくて走ることを止めてしまったことは何度かありました。たとえば走り終わった後にやらなきゃいけない用事があって焦っている時とか、心配事があってそっちのほうに早く携わりたくなっちゃうときとか・・。
 そういう時は、自分で判ります。だって身体は全然疲れてないんだもん。筋肉痛はもちろんのこと、呼吸だって乱れてない。身体はまだまだ「走れるよっ!」って言ってるのに、頭がちぐはぐなことを考えてるから全然楽しくなれない。
 そういう時は、判るんです。

 でも、ここ最近はそうじゃない。
明らかに身体がついてきてくれない感じです。筋肉も、呼吸も。

 そんな最近の中でも、昨日はなぜかそこそこ上手くいきました。本当に波があるとしか言い様がありません。

 かろうじて思い当たることといえば・・・・やはり走り出しでのペースを抑えることが出来ていなかったことではないかと思っています。
 今日は6分30秒ペース。これで最初の1.5kmくらいを走ったと思います。
 全然苦しくなかったのです、その時は。正直、自分の走力を過信してて、「昨日の走りが出来てるなら、これくらいのペースでもおかしくないかも」と、抑えることをしてませんでした。
 だけど悲しいことに、2.5kmの折り返し地点では既に7分半ペースが苦しいほどに消耗してました。

 う?ん、悔しいけどまだ私は7分ペースよりもまだまだ遅いくらいで走るつもりでちょうどいいのだと分かりました。

 とぼとぼと歩く帰り道、悔しいのと悲しいのが半々の気持ち。頭の中では「昨日走れたのにどうして?!」という言葉がぐるぐる。
 だけどこの頃ランニングを続けてて思うのは、現実を受け入れることの謙虚さと真実なのです。

 確かに昨日は満足できる走りを達成した自分が今日は5kmも走りきれなかったというのは、信じられないし納得できません。
 でも、事実はそうなのです。私の頭や意識がどれだけ『私は10km走れるはずなんだ!』と言い張っても、今こうしている間も太腿は痛いし胸は呼吸が乱れてゼイゼイしてる。身体が痛いと言っているこの感覚が現実なのです。

 『上手くいく日もある。上手くいかない日もある。全てを自分がコントロールできるわけではない』という当たり前のことを知って、事実を受け入れる謙虚さを持たないと、ランニングは上達しないような気がします。
 

テーマ : RUNの記録 - ジャンル : 趣味・実用

やっと届きました

 昨年の11月、夫婦でグアムに旅行してきました。
 もちろん海がきれいであったかくて、それだけでもリラックスできた楽しい旅行だったのですが・・・。

 私達夫婦は海外旅行に行くと、ご当地のスーパーマーケットに行くのが大好きなのです。ブランド物のブティックや百貨店ではありません。あくまでも生活密着型のスーパーマーケット。それも、現地の人の生活に密着している店ほど楽しい。

 グアムでは、Kマートとコスト・ユーレス、ペイレス・スーパーマーケットに行ってきました。そのペイレススーパーマーケットで、運命のコスメ(?)と出会ったのです。

 「St.Ives アプリコットスクラブ」ってご存知ですか?アットコスメでも口コミが寄せられているので、知っている方も多いと思います。
 日本で売っているスクラブ剤って大抵洗顔料の中に混ぜ込んであって、それで顔を洗ってもせっかくのスクラブが泡の中にまみれてしまっていまひとつ物足りなかったのです。私としてはもっとしっかりスクラブで角質落としたいっ!って思ってました。

 で、ペイレスでその商品を見つけて、「ものは試し」程度の気持ちで1個購入。だって確か5ドル程度でした。今の円高なら500円しないでしょ。

 初めて使った感想は、「思ったよりスクラブが少なくて物足りない・・」だったんですが、でもまぁせっかく買ったんだし・・・と使い続けるうちに、どんどん毛穴が小さく目立たなくなっていくではありませんか!!今では無理やり毛穴消しの下地を使わなくても、パウダーファンデ+お粉で毛穴レスです。
 しかも、以前はインナードライ肌で乾燥はするけれども乳液やクリームをつけると脂ギッシュでこまっていたのですが、古い角質をどんどん落としてターンオーバーを助けているせいか、今はしっとりしているけどさらさらで脂っぽくはないという状態をキープできています。

 まさしく私にとって神スクラブなのですが、まさかこれほどの優れものだとは思わず、1本をほぼ使い切ってしまいました。
 当分アメリカに行く予定はなく、どうしようと思っていたところ・・・・

やっと日本でも買える海外通販のサイトを発見したのでした^^。
 「12月26日からは値上がりしますよ」という煽り文句に乗せられ、円高ということもあって思い切って10本!注文したのでした。

 一番運賃が安い海外運送便を選び、さらにお正月を挟んだことからいつになったら届くのやら?という調子だったのですが、たった今届きました☆。
 ウレシイですね?^^。これで当分は安心してお肌磨きに精を出せます(笑)。

 もしアメリカに行かれる方がいたら、スーパーを覗いてみてください。500円程度だから試してみる価値ありですよ。

テーマ : コスメ・スキンケア・ヘアケアのよくある質問(FAQ) - ジャンル : ヘルス・ダイエット

走ってきましたぁ

 はぁ?、さっきランニングから帰ってきました。

10km 1時間8分56秒です。
 
 今日は何とか10km走れました。ただ、途中ときどき足が止まってしまった・・・。
 でもね、ペースは6分54秒なんですよ。ぼちぼちランナーの私としては決して悪くないペース、いやむしろよく出来たほうなんです!

 年末最後に走ったのが12月26日。それから仕事の都合でずっと走れず、結局次に走ったのが1月6日という体たらくだったのです。(しかもその日は身体慣らしということでウォーキングで誤魔化しちゃいました。)

 たかだか10日間くらいのブランクで走力落ちたりしないだろう・・・とたかをくくってましたが、昨日今日と走ってみて、久しぶりに太ももやふくらはぎに筋肉痛を感じます。やっぱり筋力落ちてたんですね?(泣)。
 いつもなら3kmほどで呼吸も深く楽になるのに、今日はいつまでたっても「スッスッハッハッ」って調子だったし・・・。

 でもまぁ、平均すれば7分を切ったんだから満足です。明日もがんばるぞ?!

テーマ : RUNの記録 - ジャンル : 趣味・実用

今日も走るぞ?

 なんとなく、深い考えもなく、たった今フラ?ッとブログを始めてしまいました。

 約1年ほど前の冬、特に何の期待もなく、ダンナのウォーキングに付き合って週1?2回ほど5kmを歩き始めた私。
  最初は寒くて寒くてほんとにお付き合いのつもりだったのが、いつの間にか「カラダが暖まってスッキリする^^。ウォーキングって気持ちいい?」になり、そのうち好きだったスポーツクラブでのエアロビクスよりも外で動くことが好きになってしまいました。

 夏の頃は、3分も続けて走ることが出来ませんでした。走っては歩いてゼイゼイ・・・これを繰り返し。
 でもだんだんとその距離を伸ばしていって、とうとう10月上旬、ついに5kmを完走!!とは言っても、今思えばペース8分ほどの超ノロノロなんですが。
 しかし私にとってはとうとう目標をクリアしたのです。そこからどんどんランニングにはまっていき、今に至ります。

 ・・・・・・・・と書くと、さぞかし今は俊足ランナーに成長したかのような期待を持たせてしまいますが、やっぱりオチがありました。もちろんランニングはそんなに甘くないですよねっ!
 一応距離はぼちぼち伸ばしつつあり、やっとではありますが10kmは走ることが出来るようになりました。とはいっても、その日のコンディションで歩いちゃったりすることもよくあるのですが・・・。

 やっぱり最近の一番の敵は、寒さです。みなさんはどうやってこの時期のランニング、寒さ対策してますか??
 私、今まではずっとスポクラでエアロビばっかりやってたので、冬の屋外では何を着てトレーニングすればいいのか全然分からないのです。もちろんadiLIGHTとかブレスサーモとか良いモノはたくさんあるんですが、そこまで本格的に走りこんでもいない私が買うには高いしおこがましい。

 とりあえずユニクロのフリースとイオンで買った裏フリースのウィンドブレーカーを着て昨日は走りましたが、これまたモコモコとしてちょっと暑いかも?

 まぁともかく文句いわずに走ること。上手くなるためにはこれに尽きるわけで。
 今日も昼ごろから走ってくる予定です。今日は5?10kmかなぁ??

テーマ : ♪♪生活を楽しむ♪♪ - ジャンル : 趣味・実用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。