スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月13日 まるで晩夏の夕方

5.0km 34:43.71 平均ペース6:56/km

 「今日は走らんでおこうかな?・・・・」と、夕方仕事から帰ってきた私。
 ですが、今月は月間目標を150kmに上げたことを考えると、やっぱり毎日コツコツと短い距離でも走っておきたい。というか、暑いやらスタミナ切れっぽいやらで最近は長い距離を走るのがめっきりしんどくなっているので、150kmを達成したいならまずは短い距離を重ねる作戦でいくしかないですから^^;。
 「それじゃフルの練習にならない!」という気も我ながらしていますが、長い時間をかけて長い距離を走るのが、暑い季節では怖くてならない・・・。そもそも月間150kmなんて走ったこと自体がないのですから、ともかく走り方うんぬんよりもまずは150kmを達成して、それで自分の走りがどう変わるのかを見てみよう・・・というつもりです。

 しかし今日は、夕方5時半過ぎだというのに既になかなか涼しかったのでした。もちろんやや湿気が高い感じはありますので、汗はどんどんかきます。だけど、風が涼しくて気持ちいいんですね。なんだかやっぱり晩夏の夕方を思い出してしまった。
 涼しかったせいか、最近鉄分サプリを飲み始めたせいか、それともランシャツランパンがよかったのか、今日は一度も足を止めずになんとか走りきりました。最近はそれすら怪しかったので、まぁ満足です。

 ところで、走りながら考えていました。
 フル対策として、まりもさんがコメントしてくれたアドバイスは「ゆっくりでもいいから4時間以上動くこと」。納得しました。というのは、随分以前ですが、某実業団の監督があるウェブサイトで同じようなことを書いていたのです。「初心者は、歩きが入ってもいいから長い時間を動き続けることがまず最初。」ということでしたから。
 だけど4時間以上となると、それだけ連続してまとまった時間が取れるのは、やっぱり休日の日中くらいしかありません。しかしこの季節、12時を挟んで4時間とか、昼過ぎから夕方までの4時間とかじゃ暑さが半端ない。はっきり言って練習に向いた時間とは思えないわけで。

 「だから、長距離練習は秋になってからにしよう^^」と最初は思ってたんです。
 しかし今日、走りながら11月23日 初フルの福知山までの時間的猶予を逆算して考えてみると、9月っていったら福知山のもう2ヶ月前じゃないですか!2ヶ月前になってからやっと4時間走の練習を始めるのって、ちょっと遅いのではないでしょうか・・・・(不安)?
 たぶんその4時間走だって、最初はほとんど歩いてしまうレベルから初めて、何度か繰り返していくうちに走りきれるように練習していくのだろうから、そんなことを3、4回繰り返しているうちにあっという間に1ヶ月、いや2ヶ月くらい経ってしまう気がする。

 そう考えると、「夏が終わってから練習始めれば間に合うよ」という話は、少なくとも私には全然当てはまらないような気がします。むしろこの時期に練習するかどうかが後々すごく効いてくるような気がしてきました。

 かといってこの暑さで、自分は4時間走ができるのか?いや、2時間だって正直めちゃくちゃ辛いです。歩いちゃいますよ。
 もしかして、全然練習不足のまま11月23日を迎えることになるかも知れません・・・。



 
スポンサーサイト

テーマ : RUNの記録 - ジャンル : 趣味・実用

8月12日 ランシャツランパンデビュー

5.26km 42:40.19 平均ペース8:06/km

 今日はまたダンナと一緒にスロージョグです。なんだか最近はこのペースがのんびり気持ちよくて、ダンナと走るタイミングを密かに心待ちにしています(ただ楽がしたいだけなのはみえみえですが^^;)。

 ところで今日は、昨日のランシャツに気をよくして、思い切って上下ともランシャツランパンで走ってみました。
 といってもちゃんとしたランニング用のものは持っていないのであり合わせです。ランシャツと称しているのは昔エアロビをやっていた時に着ていたノースリーブのシャツ。ランパンというのは、ダンナが昔マラソンをやっていた時に穿いていた男性物のランパン。私が穿くとまるで提灯ブルマーです。どうせ近所の河川敷をちょこっと走るだけだから気にしない?^^。

 しかしこの組み合わせ、最高最強です!!なんて涼しい、なんて動きやすい!冬場は保温の目的でずっとランタイツを穿いていたので、夏になっても「筋肉のサポートのためにはタイツだ」と頑なに思い込んでいたのですが、それほど長い距離を走るんじゃなかったら夏場は絶対ランパンの方がいい!!

 特にメンズでガバガバ、スカスカなのが、空気が通って気持ちいいのかも知れません。3着あったから洗い替えもあるし、しばらくこれで練習します☆。

テーマ : RUNの記録 - ジャンル : 趣味・実用

8月11日 ウェアのせいかレバーのせいか

5.27km 38:24.17 平均ペース7:18/km

 最近全然長い距離を走っていなかったので、今日はそろそろ・・・と思っていたのですが、今日はなにかと細かい用事が立て込んでいて、まとまった時間が取れそうにありません。最悪なのは、午前中も夕方も用事が入っているために、走れるとすれば午後2時から3時あたりの最高に気温が上がる時間くらいしかないということです。
 でもまぁ薄曇りで暑さはまだマシな方だし、5kmだけでもと思い走ってみました。

 日焼けするのがイヤで、今までは半袖シャツで走っていました。が、今日はたまたまどのシャツも洗濯してしまい、残っていたのは昔エアロビの時に着ていたノースリーブのランニングシャツ。
 もういい加減、暑いのにはうんざりしていたし、半袖シャツの袖から出ている腕の部分はもう既にしっかり焼けてるんですよね。こうなったら今更なにを気にすることがあるだろうか?少しくらい肩が日焼けしたって、涼しそうなランシャツでいいじゃないか!

 ということで、初めてランシャツで走ってみましたが・・・・・・駅伝選手が真冬でもランシャツランパンで走る理由がよく分かりました(笑)。メチャクチャ涼しいじゃないですかぁっ!!袖が無いだけでこんなに違うなんてビックリです^^。

 そのせいかどうかは定かではありませんが、なぜか今日は走り始めから身体が軽い!!昨日とは全然違うのが分かります。
 最初は、ランシャツで効率よく身体が涼んでいるからか?と思ったのですが、それだけでこんなに体感が違うものだろうか・・?

 走りながら考えているうちにかろうじて思い出せたのは、昨日の夜と今日の昼食は、ニンニクとしょうがをたっぷり入れたレバニラ炒めを食べていたこと。
 たまたまこの前の日曜の朝、テレビの健康番組で「スタミナ(=持久力)とは何か」という特集をやっていたのですが、スタミナとは単に遅筋などの筋肉の問題だけでなく、「如何に吸った酸素を効率よく使えているか」の問題でもあるそうなんですね。
 手っ取り早く言えば、スタミナが無い人というのはたくさん息を吸っても大して酸素を身体に取り込めず吐き出してしまう量が多く、スタミナがある人は逆に少ない量の息を吸っても効率よく酸素を体内に取り込める。そしてその2者の違いとは、血中にヘモグロビンが沢山あるかどうかということらしいのです。
 ヘモグロビンの「ヘモ」とは鉄、「グロビン」とはたんぱく質のことなんですって。ですからヘモグロビンはその名の通り、鉄とたんぱく質が結びついて出来るものなんですと。

 レバーと言えば、鉄分が豊富に含まれている食品ということで筆頭に挙げられますよね。もしかして今日、あまり苦しくなく走ることが出来たのは鉄分をしっかり補給できたから??

 う?ん、しかし前日の夜食べたものがそんなにすぐ組織化されるのでしょうか^^;??これもまた気持ちの問題だけのような気もしますが・・・。
 しかしそれでも全然身体が楽なのは確かなので、試しにしばらく鉄分を食べるようにしようと思います。一番良いのは食品から摂ることでしょうが、なかなか毎回適当な食材を手に入れるのも難しいでしょう。
 なので早速、鉄分サプリを買ってきました。これで様子を見てみようと思います。

テーマ : RUNの記録 - ジャンル : 趣味・実用

8月10日 朝ランでまたまた失速

5.0km 38:12.97 平均ペース7:39/km

 8日の土曜日、大阪城周りを走った時はあんなに晴天だったのに、その分を取り返すかのように日曜、そして今日の月曜はさえない天気です。
 空は曇ってて湿気も高いですが、何と言っても月間目標を150kmに上げてしまったんだから、ともかく練習するしかありません。

 そんなわけで、月曜はめずらしく朝ラン。朝6時から走り始めました。
 しかし今時は朝6時でもそれほど涼しく感じません。
 
 走り始めは、やはり寝起きで疲労がないせいか、普通にゆっくり走っているつもりでも少し速くなっているみたい。その分、後半に疲れが・・・・。
 2.5km地点の折り返しを過ぎる頃には、もうしんどい・・・誘惑に負けて、スタート地点まで走りきらずに、5kmちょうどのところでタイマーを止めてしまいました。
 やっぱり朝ラン、上手く走れません・・・。

テーマ : RUNの記録 - ジャンル : 趣味・実用

8月8日 FURE★AI 1周年記念 大阪城脱水RUN&野宴

6.3km タイム??:??

 いよいよこの日がやってきました。そう、FURE★AI 1周年記念イベント『大阪城脱水RUN&野宴』です!!

 これまでFURE★AIの主催者であるポポロンさんとは、ネット上では何度もコメントやメールのやりとりはさせていただいていたのですが、実際にFURE★AI に参加させていただくのはようやくこれで初めての実現となりました。

 肝心の走りのほうは、せっかくポポロンさんが7分というスローペースのグループのためにペースメーカーをかって出てくださったのに、それですら大阪城公園1周半で脱落した自分・・・・・。
 しかしむしろ本番は、走り終わったあとの玉造温泉、そして梅田にあるビアガーデン「野宴」だったのかも知れません・・・・。

 野宴でのあの弾け様をなんと描写してよいのやら・・・^^;。国語力のない私には、まさしく筆舌に尽くし難い光景でありました。

 FURE★AIの皆さん、全然「自分を守ろうとしていない」んです。うう?、なんと説明したらいいのでしょうか・・・?
 私は、自分が自意識過剰で、だからすぐ言い訳するし、自分のみっともないところは晒したくない、だからますます引っ込み思案で、そのくせ人のことになるとしたり顔で批判する、そういうところがあります。というか、自分が会社員だった頃のことを思い出すと、ほとんどそんな人ばっかりだったと思います。だっていろんな中で揉まれて生き残っていかなきゃいけないとなれば、それくらいズルくならなかったら潰されちゃうし。だから大人っていうのはそういうものなんだと思ってました。自分がどんどんそうなっていくのも、仕方がないと思って諦めてました。
 走りでも、そういうズルいところが出てるんですよね。「私にはまだまだフルなんて走れません?」と謙譲の美徳みたいな発言をしてお茶を濁しておくのは、結局「練習する苦しさから逃げる言い訳」だったり、「回収車にでも乗せられてみっともない走りを晒したくない」という保身だったり。
 
 だけどこの日に会った皆さんは、少なくとも走る仲間との間では、そういう「自分を守る壁」みたいな余計な自意識が全然ないんです。皆さん、めちゃくちゃあるがままなのでした。
 走るのが楽しいから走る。速くなりたいから走る。美味しいから呑む。仲間が好きだから集まる。楽しみたいから思いっきりハメを外すetc・・・・。
 皆さんの様子を見ていて、こんなに世俗の垢(?)にまみれて本音を出すのに臆病になってしまう前の、学生時代の仲間との楽しかった日々を思い出しました。もう社会人になったらあの頃のようには戻れないと思ってましたが、そうじゃない!!こんなに大人を前向きに楽しんでる人たちがいっぱいいるんだってことを目の当たりにしました。

 そしたら・・・・・自分が恥ずかしくなりました。
 「フルを走れる走力が付いたらエントリーします」って前から言ってましたが、一体いつまで練習すれば十分走れる走力が付いたと判断するんでしょうか?結局、自分で判断するだけです。単に自分に自信がなくて、自分で自分に拘ってるだけではないか・・・と。そんなことではいつまで練習しても、「まだ十分じゃありません」と先延ばしにしてしまいそう・・。

 フルが走れるようになりたかったら、シンプルにフルマラソンに参加すればいいんですね。走れるかどうかはイヤでもその時に分かるんですから(笑)。もしダメだったら、その時はまた打ち上げで皆さんと一緒にネタにして笑い飛ばしてしまえばいいや^^;。

 そんなわけで、客観的には無謀なのかも知れませんが、初フルは「福知山マラソンにしよう!」と決めて、早速エントリーしました。未だ未踏の42.195kmです。まだリアリティがありません・・・。

テーマ : RUNの記録 - ジャンル : 趣味・実用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。