スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

氷食症

 『氷食症』って知ってますか??
なんと文字通り、「氷をバリバリ大量に食べずにいられない病気」なんだそうです!!
 「氷」っていっても、かき氷とかシャーベットとかそんな美味しい氷菓じゃないですよ。まさしく氷のブロック。家庭の冷蔵庫の製氷皿で作っている、あの冷たくて固い氷を、なぜか分からないが食べたくて食べたくてたまらなくなって、ガリガリと大量に食べてしまうのです。
 絶対ホラーですよ、その光景は・・・・。

 で、なぜか私はそんな異様な病気があるということは、なぜかたまたま聞いたことが過去にあったんです。
 なにゆえかというと、それは私が精神医学に興味があったから(笑)。理数系がまるでダメだったので、もちろん医者になるなんてことは夢にも思わなかったですが、実はフロイトの精神分析論を中学生の時に読んで、人間の心の不思議にものすごく興味を持ってしまったんですね。それで大学も、(医学部はもちろん論外でしたがその傍系のつもりで)心理学科を専攻しました。
 まぁそっちの専門職に就けるほどの能力も熱意もなかったので、残念ながら全く関係ない業種のサラリーマンをやっていましたが、ヒマになるとな?んとなく精神医学関連の一般書などを読んで、楽しんだりしていたのです。
 で、私が特に興味があるのが、例えば精神分裂病(とは今は言わないんでしたっけ?^^;)に代表されるような、心理的な問題ではない明らかな精神疾患なのです。このあたりを話し始めたらきりがないので止めておきますが、とにかく不思議なことがとても多くて、人間の不思議さが浮き彫りになります。

 そんな異常行動のひとつにあるのが『異食症』。これなら聞いたことがある方も多いと思います。とにかく、普通は人間が食べないもの、食べちゃいけないと思われているものを好んで食べる、あるいは食べずにいられない。例えば糞便とかね(笑)。いろんな食の対象はあるんですが、私には糞便というのが一番インパクトありました(笑)。
 で、「氷食症」というのも、異食症の症状のひとつとして類型化されているのです。たしかに常軌ではないと思います。本人にもなぜか分からないけれど、とにかく氷が食べたくて食べたくてたまらない!で、氷の塊をガリガリとかじって、大量に平らげるわけですから・・・・・。糞便に比べればまあマシかも知れませんが、やっぱりそんな光景は異常に映るでしょう。
 「こりゃまた面白い症状があるんだなぁ?」と思って、読んでおりました。

 ところが・・・・最近、疲れやすさを自覚するようになった自分。疲れやすいし、ちょっと立ちくらみするときもある、等々、一番考えやすいのは『貧血』?
 そこで仕事が休みの日に、ネットで貧血の症状について調べてみたのです。

 するとなんと驚いたことに、氷食症は貧血が原因で起こることがあるそうなんです!!
 ひえ?っっ!!糞便なぞ食べる『異食症』の一種に分類されている氷食症が、実は私たちランナーにも意外に身近に発症する可能性があるなんてっ!!
 だけどなんで鉄分が不足して貧血になると氷が食べたくなるの?!という肝心のメカニズムについては、残念ながら未だによく分かっていないらしいのです。
 これを読んでいるあなた、最近むやみに氷が食べたくなりませんかぁ・・・・・?

 そういえばこんなことを書いている私は、もう秋だというのに最近むやみにアイスクリームが食べたくてしょうがない。今冷蔵庫にも既にいくつかカップアイスがストックされております。う?ん、最近のお気に入りはmowのカスタード味かな♪・・・・ってのは、まぁ明らかに氷食症ではないですね(笑)。単なる甘いもの好きです^^;。もっと痩せないと速くなれないんだけどね?・・・。
スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療 - ジャンル : 心と身体

ジョグメイト?

 またまた買っちゃいました、便利品のラン用品を・・・^^;。

 といっても、今回の買い物はきっと既に沢山の方が御存知のモノかと思います。

 これ、これです!

ジョグメイト?

 株式会社メテックスさんから出ている、ジョグメイト?というリストバンドです。
 数日前のNHKの朝のニュースのコーナーで紹介していたので、周知の商品かも知れませんが・・・。

 これ、以前から欲しかったんです!なぜか私、すごく昔にこれをどなたかが着けているのを見かけたような気がするのです。その時は「すげー!便利そう。私も欲しい・・・」と思ったのですが、知り合いでもなんでもない、たまたま見かけたランナーさんだったので話しかけることが出来ず・・・・。だけどスポーツ用品店を探せば、きっとすぐ見つかると思ってました。

 ところがところが、たまたま自分がよく行くようなお店にはなぜか全然見当たらないのでした。しばらくはウエストポーチに小物を入れて我慢してましたがやっぱりストレスフル。同じのが見つからないなら代替品でもいいや!
 ・・・・ということで、これまでは十円玉くらいの大きさのモノなら入るリストバンドを使ってました。
 だけどやっぱりこれだとカギくらいしか入らないし、今の季節は出来れば水を買う小銭も、できるだけ簡単に携帯したいじゃないですか。

 たまたまNHKの番組でこれを紹介しているのを見て、「こ、これだ?!!」と初恋の相手に再会したのです!価格もとってもお手ごろ。迷っているヒマはありません。速攻、メテックスさんのサイトから通販で購入してしまいました?♪

 蒸れる感覚も全くないので、特に夏にはうってつけでしょう。大活躍してくれそうです。

テーマ : 最近のお気に入り - ジャンル : 趣味・実用

憧れのオクトーバー・ラン

 今日は仕事のあと、買い物やら家事やらで走りには行けなかったので、RUNの記録ではなく、最近の自分の走りにまつわる近況です。

 FURE★AIの皆さんと一緒に、チームで「オクトーバー・ラン」に参加することにしました!といっても、ホントのところはオクトーバー・ランってどんなものなのか、あんまりよく分かっていないのですが・・・^;ゞ。

 ではなんで「憧れのオクトーバー・ラン」なのかというと・・・・。
 記憶は去年の10月に遡ります。
 大阪に越してきたおととしの冬から、全然走れなくてとぼとぼとウォーキング&数百メートル走りをひたすら練習していた私。うちの近くの河川敷は往復するとちょうど5kmとキリがいいので、いつの間にか5kmを完走することが目標になっていました。

 去年の今頃は、仕事が終わるとちょうど暑さのピークも過ぎるので、せっせと毎日のように河川敷に出かけていた自分。少しずつ、少しずつ走り続けられる距離が長くなっていって・・・・ある日とうとう、なんとか5kmを走りとおせたのでした。その時の嬉しさ、そして気持ちよさったら・・・いまだに覚えています。
 決して順調に進歩したわけではなく、確か5kmを達成できたのは9月も後半、夏といっても晩夏だったように記憶しています。
 そこから走ることの気持ちよさ、楽しさに目覚めてしまいました。「ランナーズ」という雑誌の存在も薄々知ってはいたのですが、素人が訳も分からず足を突っ込むにはあまりにも心理的な敷居が高くて、買ってまで読んだことはありませんでした。

 ところが10月に入ると、インターネットではどのランナーさんも「オクトーバーラン!」と騒いで(?)いるではありませんか。なんじゃそりゃ?流行りの練習方法か何か?
 で、ランネットを見てみて、やっと訳がわかったのです。日本中のランナーさんたちが距離も時空も飛び越えて、みんなで競い合っているという壮大なマラソン大会だぁっ!!
 すげ?、かっこい?っ☆私もやってみたい?☆。ところが当然ながら、もう始まっちゃってますから私はしょぼ?ん・・・ですよ。10月って、暑くもなく寒くもなく、たぶん1年で一番走りやすい季節なのにね。「あ?っ、走るのって気持ちいい?っ♪」ってひとりで5km練習を走り終わるたび、「・・・・私もこんないい季節に、参加したかったなぁ・・・・」ってひとりごちてました。

 それが今年はなんと豪勢なことに、チームとして参加させていただけるのですからこんなワクワクはありません^^。もちろんチームの足を引っ張らないようにというプレッシャーもありますが、そのくらいの足かせはないと、私の場合どんどん劣化していきますから。

 今はFURE★AIの皆さんが、参加申し込みのための事務手続き準備を進めていらっしゃるところです。考えているだけで、ワクワクしてきます!

テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

11月、夫婦でレース

 先日、大阪城3時間RUNの企画に参加してみて、とっても楽しかった私。
 何かまた大会に参加してみたいのですが、この季節ではちょっと厳しいですよね。
 
 そう思って、秋以降の大会をチラチラと探していたところ・・・・有名な大会を忘れていました!淀川市民マラソンです。季節は11月、制限時間は長い、気軽に行ける地元、こんな好条件のレースを逃す手はないですね。

 王道でフルと行きたいところですが、まだハーフすら走ったことのない自分。まずは初のハーフを走ってみようと、ハーフで申し込みました。昨日さっそく参加料も支払ったので、これで正式にエントリーです。

 一方、「ためしてガッテン」で紹介されたスロージョグでゆっくり長く走ることが出来るようになったダンナは、最近は5kmを完走できるようになりました。やっぱりある程度まとまった距離が走れるようになると、俄然走ることが楽しくなります。どうやら出張先にもシューズを持っていって走っているらしい。
 昨日は、出張先からひょいと電話をかけてきました。
 ダンナの担当エリアである下関で、11月8日に「下関海峡マラソン」なる大会があるらしい。コースはフルのほか、5kmがあるそうなんです。
 「俺、5kmに出てみようかな?・・・。」
 いよいよその気になってきたようです!もちろんその際は、記念すべきダンナのデビューですから私も一緒に5kmに出ようと思っています。

 11月1日に淀川を走り、11月8日に下関を走る。今からちょっとわくわくしています。

 

テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

初めての黒爪

 約1年半前から走り始めて、最近初めて経験したことがあります。
 それは『黒爪』。

 最初に発見したのは、先月末に走った京都マラニックのあとの銭湯で。
 新しいシューズを履いていったのが裏目に出て、走っているうちにいつの間にか「足の先が痛いな?、痛いな?・・・」と思ってはいたのですが。話には聞いていた黒爪が自分にも出来ているなんて、その時は思ってもみませんでした。

 お風呂に入って足の爪を見て、初めてビックリ!右の人差し指と中指、そして親指の爪の一部が真っ黒になっていました。初めて見た黒爪、怖かった?・・・。

 そしてそれから約2週間、ちょっと汚い画像で恐縮ですが、現在の私の爪を見てやってください。

s-DSCN0289.jpg

 これは、そのとき黒くなった右足の親指・人差し指・中指の写真です。
 もう少し近づいて写すと・・・・

s-DSCN0287.jpg

 これは親指と人差し指です。親指の爪は数日前には浮いていたので、いまや真ん中ほどまで爪切りで切ってしまいました。靴が当たって血豆のようになってしまっている部分は、いまだに赤く固くなっています。
 そして、人差し指と中指の写真です。

s-DSCN0288.jpg

 特に痛みが酷かったのがこの2本の指だったので、最初に黒爪になっているのを発見したときは、2本とも爪が全面真っ黒でした。
 それも日にちが経って爪が浮いてきたようだったので、試しにどこまで爪が切れるか試してみたところ・・・・人差し指についてはやはり爪の半分ほどまで、中指に至ってはほとんど生え際まで切ることが出来ました。爪を切ると、その下にあった黒い部分(血の塊なのでしょうか?)も取れるんですね?。

 きっと走歴が長いランナーさんには、全く珍しくもない図なのでしょうが、初めての私には怖さ半分好奇心半分といった感じです。
 我ながら、黒い爪がほとんど切り取られて指が露出している足ってちょっとグロテスクに見えますが、なぜか他の人にも見てもらいたいような気もしていて、汚いとは思いながらもブログに載せてしまいました^^;。

 あと何ヶ月かして、この黒い部分がスッキリと取れたらさぞかし気持ちいいんでしょうね?!

テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。