スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無事退院☆ それからの様子は・・・?その2

 家に帰ってきてからは獣医さんのお話通り、うつろで動作も緩慢。食事も全然食べません。これじゃあ朝から丸1日何も食べていないことになるので、さすがにこれはマズイと思って、本当はいけないんでしょうが大好物の人間が食べているスライスチーズを少しずつ手でちぎって食べさせました。現金なもので、これは一口食べるごとに催促してきてペロリと完食☆。

 メイは推定月齢約6?7ヶ月。なんでこんなに早めに避妊手術を受けさせたかというと、夜鳴きと粗相があまりにも酷かったからです。酷い時には一晩で5ヶ所もオシッコされましたし、一晩中ニャアニャアと泣き喚いているときもありました。人間が見えなくなると泣き声が酷くなるようなので、夜中に起きてはメイのいるリビングの床にゴロ寝してしばらく落ち着かせたり・・・。一旦はそれでマシになるんですが、周期的に繰り返すので結局は毎晩のようにそんなことをしていました。おかげで、メイが来てからは、眠っていても常にどこかで気が張っていて、日中も寝不足のような疲労感が蓄積していくのでした。メイの睡眠時間である日中に私もこっそり昼寝を取ることで、何とかこなしていましたが、仕事のある日はそうもいかないですしね・・・。
 それが、手術をして帰ってきた昨日の晩から、「これがあのメイなの??別猫になっちゃったんじゃないの?!」というくらい豹変したのです
 帰宅してから、見事に一度も鳴いておりません。正確には、私の足元などでちょっとした独り言が漏れるように小声で「ニャァ・・・」と鳴くことはありますが、前日までのように何もない虚空を見据えて「にゃああ?っ!!みゃお??ん・・・・!」と遠吠えをするようなことは一切無くなりました。まるで前日までの自分の行動の記憶を一切失ってしまったみたいで、怖い・・・・。
 大変デリカシーのないことを書いているかも知れませんので、もしお読みになってお心を傷つけてしまわれる方がいらっしゃいましたら予めお詫び申し上げたいのですが、うちの猫がたった数時間の手術を境に全く行動が変わってしまうなんて、なんだか人間が歳を取って自分の名前や年齢、食事をしたかどうかも分からなくなってしまう有様のようで、逆に私は「楽になった?♪良かった」と手放しで喜べるというよりも、もしかしたら自分が軽く思っていた以上に、自然の摂理を自分の都合で捻じ曲げた不遜なことをしてしまったのかも知れない・・・という、怖れのような感情を覚えました。

 では本当に、何もかも忘れてしまったのかというとそうではありません。やっぱり私やダンナのことは飼い主として慕ってくれて、ヨボヨボと私たちの座るソファの足元までやってきて、一緒にいたいとうずくまっています。呼べば振り向くし、撫でれば喜びます。外出から帰れば、玄関まで出迎えてくれます。

 メイにとっては、自分が昨日の午後何をされたかなんて、何も分かっていないでしょうね。私たち人間が、メイの病気の治療のために辛い検査や注射を受けさせたり、個体の消耗を防ぐために避妊手術を受けさせたりしても、過去の自分についての記憶保持能力がない猫にとっては、今が全て。「拾われて来る前の病気で辛かった時期より、今は健康になって幸せ♪」と思っているかといえば、きっと自分が3ヶ月前どんな体調だったかなんて覚えていない。だから昔と比較して、今の医療行為を肯定して受け入れるなんてことは能力の範疇を超えていることでしょう。猫は、その時々の生を懸命に生きているだけだと想像します。
 ましてや今回は避妊手術。さかりとは、種を残すという生物にとって最も基本的な本能であり健康な生理現象です。これが『問題行動』になるのは、ひとえに人間の社会様式からはみ出しているからなんですよね・・・。人間の社会生活に無理やり猫を引きずり込んできて、邪魔な部分は一方的に切除するということなんですよね・・。

 かといって短絡的に、「不妊手術を施さないことが良いことだ」と言い切れるかといえばそう簡単ではないことは分かりきっています。
 以前、お名前は失念しましたが、某作家さんが「飼い猫に不妊手術を施すのは、猫の生の喜びを取り上げることであり、もし自分がその立場なら幸せとは思わない。だから敢えて不妊手術は行わず、生まれた子猫たちは、近所の(だったと思いますが)谷底に投げ捨てて殺している」と雑誌に書かれた記事をめぐり、大きな論争になったことがありました。
 これもまた、「人間が『生きたい』という本能を持って生まれてくる子猫たちを、人為的に排除していいのだろうか?」と思います。もちろん野生の環境で生まれた子猫たちは、どの道天敵や自然環境に淘汰され、強い者だけが生き残り弱者は振るい捨てられていくものです。その作家さんが谷底に投げ捨てた子猫たちの中でも、もしかしたら這い上がってでも強く生き延びた猫もいるのかも知れません。
 しかし、結局のところその作家さんが子猫を遺棄している動機は、『自分が猫と同居したいから』という、人間側だけに立った(猫にすれば)身勝手な理由です。カラスなどが自分の生存を賭けて、子猫を捕食するのとはまた違います。

 そんな風につらつらと考えていくと、結局のところは猫に限らず、犬、鳥、その他愛玩動物と人間というのは、究極一緒には暮らせないのではないか・・・と思えてきました。もしかしたら、私は猫を1匹不幸にしたのかも知れません。
 メイのさかりが酷くなるにつれて、夜鳴きさせないように粗相させないように、どんどん私たちの生活様式を変えていかざるを得なくなりました。正直、ダンナは「人間が猫に合わせて、猫中心の生活になっている!」と怒ったりもしていました。私も、少々肉体的にも精神的にも疲弊していました。
 こんな風に、人間が猫の生活に合わせても、猫が人間の生活に合わせても、必ずお互いにどこかそれぞれの種の生活様式からはみ出す部分があるんですね・・。

 そうは言っても、もうメイとの同居は始まっています。何より、昨日メイが夜鳴きをしないでいてくれたことで、まるでメイが来てから初めてのように、久しぶりにぐっすりと熟睡することが出来ました(おかげで朝5時に起きてダンナを送り出すのも、全然身体が楽なくらいでした♪)。
 メイを巻き込んでしまったからには、「何がメイにとって幸せなのか」を考えるのと同時に、「果たしてそれはどれだけ自分たち人間にとって、許容可能な条件なのか」も考えて、いろんなことを選択していかないといけません。

 実家の母は、メイを拾ってきたことを報告すると「猫を飼うのは人間の子供を育てる練習だと思って頑張りなさい」と言ってくれましたが、おいおい、種が違う生き物を育てるのと同じ種の人間を育てるのとは、全然違うよ?・・・^^;。

 s-DSCN0301.jpg


 
スポンサーサイト

テーマ : 猫のいる生活 - ジャンル : ペット

無事退院☆ それからの様子は・・・?その1

 え?と、説明なく「退院」と書いてしまいましたが、これは人間ではなくウチの飼い猫「メイ」のお話です。ご心配いただいたご親切な方がいらっしゃいましたら、お礼とお詫びをさせていただきます・・・。 

 タイトルには「退院」と書いてしまいましたが、実際は日帰り手術です。何の手術かというと、避妊手術。(さかりのついたメイを見て、うちのダンナ曰く、「メイもになったんだなぁ♪」。んもうっ!イヤらしくないですかぁ?!)
 猫を飼育するのなら避妊・去勢をするのは当然のマナーであるというのが昨今の趨勢です。市町村によっては、「地域猫」と称して近所の人みんなが餌やりなどをして面倒をみている野良猫でさえ、避妊手術を施した場合には助成金を支給してくれる制度を持つところもあるくらいですから。
 ですから私も、「猫の避妊手術は人間の盲腸手術だ」くらいな、軽い考えでいたのでした。自分が小学校の頃に盲腸炎になってしまい、手術をして盲腸を取るなんてどんな恐ろしいことだ・・・・と思っていたのに、終わってしまえばあっけないことに逆にビックリ・・・そんな経験を持つ自分なので、

ばっこ「先生、ウチの子、不妊手術してください」
獣医さん「ハイハイ、いいですよ♪」

と、こんな調子のモノかと思っていたのです、避妊手術って。

 しかし、やっぱり人間と動物はかなり根本的なところで違うようです。今回はそれを痛感しています。

 まず、当たり前だといわれてしまうかも知れませんが、猫の避妊手術は全身麻酔で行うのだそうです。全身麻酔といえば、人間でもたまに麻酔事故で亡くなられる方がいらっしゃいますよね。なぜ麻酔が効くのかという本当のメカニズムは未だに解明されていないという話も聞いたことがあるし・・・。
 ですから、「もしなにか想定外の事故があっても承諾します」という旨の同意書を、最初に書かされました。人間が大きな手術をするときと一緒なんですね。(人間である自分の盲腸の時ですら、部分麻酔でしたから^^;。)

 しかしそれ以上に、いろんな意味で深く心を動かされてしまったのが、手術後のメイの姿と様子でした。
 手術は昨日の午後。朝は水も食事も摂らせず、朝10時前には病院に連れていって預けます。絶対メイは「自分がこれから手術する」なんて分かってないですから、ここで飼い主とバイバイするのは不安でならないはずです。
 午後に手術が施され、午後の外来診察が開始される4時半に迎えに行くという段取りです。
 メイと再会する前に、獣医さんからいろんな注意を受けました。

・しばらく麻酔が効いているので、安静にさせてください。
・家に着いても、麻酔でむせてしまうので、しばらくしてからまず水を飲ませて様子を見ること。
・それで大丈夫なら、いつもより遅い時間に夕食を出してやってください。
・今日は朦朧として餌も食べられないかも知れないから、その時は無理せずに明日の朝から。

 なるほど?。私も以前健康診断で胃カメラを飲むのに喉の麻酔をかけましたが、それですら検査後はふらふらして、1時間ほど仮眠してからでないと帰れませんでしたから、よく分かります。

 その後入院室から連れて凝られたときのメイは、むしろ手術がよほど怖かったらしく、私が背中を撫でようとするだけで歯を剥いて「シャーッ!」と威嚇してきましたから、「なんだ、元気そうだ。」と思っていたんです。
 ところがいざ家に帰ってキャリーバッグから出してみると・・・・・。
 哀れなくらい、ヨタヨタ、ヨロヨロ。真っ直ぐ歩くどころか、じっと立っていることすら容易ではないのでした。こんなメイを見たのは初めてで、私は戸惑ってしまいました。
 こんな酷い目にあわせた私でもメイは慕ってくれるらしく、私が何かの用事でマンションの部屋を出て帰ってくると、玄関までヨロヨロとぶつかりながら迎えに出てきてくれるのでした!この時ほど、哀れで可哀相なことをしたと思ったことはありません。

 今日これを書いている最中のメイ。すっかり元気になって寝込んでます。
 今日、これを書いている最中のメイ。すっかり元気になって寝込んでいます。 

テーマ : 猫のいる生活 - ジャンル : ペット

今日は特別な日

 7月28日・・・・この日を、半月ほど前から待ち焦がれていました。
何の日かと言えば・・・。

 実は、我が家の飼い猫の避妊手術の日なのです。

 夜鳴き、トイレ以外でのおしっこが全然良くなりません(泣)。昨日の夜は5ヶ所におしっこされていました。しかもそのうちの1ヶ所は、私が寝ているベッドのマットの上にしてくれたんですから!夜中に「なんか、妙に足元のシーツが冷たいなぁ・・・・」と夢うつつに思った瞬間、はっ!と気がついて見てみたらしっかりとシミが・・・・。夜中に飛び起きて、大急ぎでベッドマットを拭いてアルコールで消毒し、シーツを取り替えて寝なおしました。

 猫はこんなとき、叱っても人間を怖がるようになるだけで、止めさせることにはならないらしいですね。なんでなの?さかりのせい?膀胱炎か何か?それとも分離不安のような精神的なもの??
 通っている動物病院の方針は、考えられる可能性を一つずつ潰していって、猫の行動が変化するかどうかを見ていきましょう・・・というもの。ですから、まず今日は避妊手術をして、これからの様子を見てみます。
 同時に、2週間前にカテーテルで採尿して細菌の検査をしたところ、わずかながら細菌がいたそうです。それに有効だと思われる抗生物質も、今日からまた飲ませます。

 これで少しでも人間と共存できる生活習慣に変わってくれるとありがたいんだけど・・・・・。
この状態が続くようだと、このまま猫と同居を続けられるかどうか、最近はさすがに不安になってきました・・。

テーマ : 猫のいる生活 - ジャンル : ペット

猫のマーキング

 5月31日に、ダンナが出張先で拾ってきたメスの子猫。ぎりぎりではありますが、5月に我が家にやってきたので、メイと名づけました。獣医さんによると、おそらく昨年の年末ごろに生まれた子であろうということで、現在は月齢6?7ヶ月ということになります。

 モノの本によりますと、女の子は約6ヶ月でさかりを迎えるそうです。さかりがつくと、
・夜鳴きをする
・やたらあちこちに身体をスリスリとこすり付ける
・飼い主に異常に甘える
などなどの行動が目立つようになるとのこと。

 メイが最初にうちにやって来たときは、ちょうど猫エイズに感染したばかりだったと思われる急性の感染症の症状を複数発症していて、頭ばかりが大きく身体は骨に皮が張り付いたような異常な痩せ方。栄養状態は最悪でした。
 その後1ヶ月ほど動物病院に通院して抗生物質などを投与してもらい、6月の下旬にはもはや私たち家族も、彼女が猫エイズだとは信じられなれないくらいに元気になりました。

 その辺りからです。メイが元気を取り戻すにつれて、日に日に夜鳴きの遠吠えが激しくなっていったのは。
 うちは集合住宅なので、夜中に玄関に向かって廊下で遠吠えしていると、他のお宅の迷惑になるのではないかと気が気ではありません。夜もおちおち寝ていられず、6月は今思い出してもヘトヘトでした。
 あまりにも毎日やまない遠吠えに、さすがに私もさかりを疑い始めました。どうやら避妊手術は、猫個体の健康を維持するためにも早めに施すに越したことはないらしい。そこで早速、行きつけの獣医さんにお願いしに行ったのですが・・・。

 そうしたところ、発情した直後に避妊手術をするのは、血流過多な時期で危険でもあるので少し時期を置きましょう、とのこと。そう仰るならとその日はメイを連れて帰ってきて、現在はしばらく様子を観察している毎日です。

 そうやって数週間ほど注意深く様子を見ていると、遠吠えをはじめとするさかりの症状も、どうやら周期的な波があるようです。一時は毎晩毎晩、鳴いて叫んで一人で家の中をサッカーのごとく駆けずり回っていましたが、それもいつの間にかピタッとやらなくなってしまいました。しかしそうかと思って油断していると、またもや突然夜鳴きとサッカーが始まり・・・これの繰り返しです。

 更に最近、夜鳴き以上に恐ろしいさかりの症状を呈しはじめました。マーキング、つまりおしっこをトイレ以外に意図的にかけてくれるのです!!クッション、ベッド、雑誌etc・・・・数え切れないほどいろんなものにやってくれましたが、最悪だったのはダンナのノートパソコンを水浸し(いや、オシッコ浸し?)にしてくれたことです!ちょっと表面が濡れる程度ならまだ許せますが、なんとパソコンの裏面が一面びっしょりと濡れており、もちろんすぐに拭いたのですがパーツの隙間から中にまで侵食していたらしく、気が付いた時にはハードディスクやらメモリやらに緑青が発生していたそうです(泣)。

 ここまで来たらもう悠長なことは言っていられません。再度病院に行ったのですが、避妊手術の前に、何か泌尿器の病気のせいではないか調べてみましょう・・・ということに。採尿器を渡され、採れ次第持っていくことになっています。が、今日の時点ではまだうまいこと採尿できていません。

 ここしばらくは、さかり症状の谷間の時期といいましょうか、毎晩怖いくらいおとなしく寝てくれていたのです。おかげでやっと私も近隣に気兼ねなくグッスリ寝れていたのですが・・・・・。
 ところが今日の夜、夕ご飯を食べ終わってからのメイの様子が変!夕ご飯を食べるまではあんなに一日中ぐっすり寝込んでいたのに、食事のあとは突然例の夜鳴きの連続が始まったのです。
 だんだんと分かってきました。やっぱりこの夜鳴きは、ストレスとか何かを家族に要求するせいじゃなく、生理的なさかりの症状なんだっ!
 てことは、いよいよ例のマーキング行動もそれに伴って出てくるんではないだろうか????・・・・・と警戒し、常にメイの様子に聞き耳を立てていたところ・・・・。

 置き場所がなくて床に積んでおいた、私のランニング関連の本の山のあたりから「ショーッ・・・・」というかすかな音が・・・・・。反射的に「メイ!!」と叫んでそっちを見ると、嗚呼、予想どおり私の本にまたがっているではありませんかぁ?(泣)。
 私の剣幕にメイの膀胱も縮こまってしまったらしく、幸い被害は大したことなく済みましたが、この一件をもって、やはりメイがなぜかあちこちにオシッコを引っ掛けるのは、病気とかトイレが気に入らないからではなく、さかりの症状であることを確信しました。

 実際、こうやって私がパソコンと首っ引きになっている間も、メイは忍者のごとくカーテンに爪をかけて天井近くまでよじ登っています。こんな風に普段から考えられないほど気が狂ったように活動過多になるのも、さかりですね。

 ううっ、今晩一晩はまた夜鳴きを叱りながら、変なところでおしっこをしないかどうか警戒していないといけません(泣)。


 

テーマ : 猫のいる生活 - ジャンル : ペット

動物病院へ通院です

 ここ最近、妙にヘトヘトです。
 理由は簡単、猫のせいです^^;。まぁ、私とダンナが好きで猫さまに同居していただいているのですけど・・・。

 昨日、動物病院に初めて行ってきました。外ネコちゃんをお迎えする時は、最初にちゃんと何か病気がないか検査してもらいなさい!という話を、以前どこかで読んだ覚えがあったので。
 我が家に来たときから、いくらノラでも残飯は世の中に溢れているこの時代に、しかも今はだいぶ暖かくなってきて体力の消耗もだいぶマシになってきている季節だろうに、いまどき珍しいくらい痩せこけた子猫でした。鼻炎と涙目もあります。それを見て、昔実家で飼っていた、ネコエイズで亡くなった猫のことを思い出しました。なんだか鼻炎と涙目の症状が似ています。

 昨日の検査の結果は、やはり猫エイズでした。覚悟はしてたつもりだったけど、獣医さんから検査結果を目の前に出されて宣告されると、さすがにショックです。よくマンガで「ガーン!」と効果音が描かれてますが、本当にあんな感じですね^^;。

 これからは清潔にして栄養のあるものを食べさせて、室内飼いにしてウイルスなどに感染しないような生活を過ごさせてあげれば、猫エイズキャリアではあるけれども発症せず長生きすることも出来る・・・っていうのは頭ではもちろん分かってるんですが、やっぱり「エイズ」っていう響きがねぇ・・・・。なんだか昨日は泣けてきました。おまけに動物病院に行くまでの道程、猫が暴れる暴れる・・・ヘトヘトでした。おかげで夜の8時にはいつの間にかテレビを見ながら寝てしまってました。

 今日も動物病院に行ってきました。昨日よりは熱が下がっているものの、まだ高いそうです。見た目は日に日に元気そうになってきているのですが。
 知恵がついてきているのか、昨日は食べてくれた薬を混ぜ込んだエサを、今朝は全然食べてくれません。薬が入っていないカリカリのフードや猫ミルクは完食するのに。
 仕方がないので、今日も病院で抗生物質を注射してもらいました。注射が痛くて逃げ回るなら、少しくらい苦くても薬を飲んで欲しい・・(涙)。
 昨日の病院代が、検査など諸々していただいたので26,000円。今日は5,800円です。明日も行かないといけません。分かっていたつもりだったけど、ペットの治療費ってこんなにかかるんですね!!

 うちの猫の容態が心配なことだけでなく、最近は自分の勤めるコンビニでアルバイトさん同士のいさかいがあり、夜勤担当の男の子がフイッと唐突に辞めて出て行ってしまったのでした。これも私には結構ショックでした。正直、フランチャイズ制のコンビニチェーンで加盟店をやっているうちの店は、実質は家族数人で廻している家族経営のお店。いってみればこれまで町の小さな雑貨店だった商店が、コンビニに看板を掛け替えただけのようなものです。一応法人化してアルバイトを雇っているものの、その体制はとてもではないですが複数の従業員を管理して統制していくようなものではありません。当然ながらいろいろな不満もくすぶっています。
 そんな中での突然の出来事だったので、なんだか私には「いよいよ内側から崩れ始めたか・・・」といった、来るべきものが来たような怖さを感じています。私の勤務条件も、もしかしたらどこでどう変えさせられるか、不安です。

 そんなことも重なっているせいか、妙に疲れやすくなっているみたい。
 肝心の猫と遊ぶ余裕はほとんどありません。もう少し落ち着いてきたら、手放しで「可愛い?♪」と思えるんだろうなぁ・・。

テーマ : 猫のいる生活 - ジャンル : ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。